Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

知られない神

(中国の中秋節における説教)

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

THE UNKNOWN GOD
(A SERMON GIVEN AT THE CHINESE MID-AUTUMN FESTIVAL)
(Japanese)

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2012年9月29日、土曜日の晩の説教

起立して下さい。 では今晩、使徒行伝第17章を開いて下さい、22節から始めます。 

“そこでパウロは、アレオパゴスの評議所のまん中に立って言った。「アテネの人たちよ、あなたがたは、あらゆる点において、すこぶる宗教心に富んでおられると、わたしは見ている。実は、わたしが道を通りながら、あなたがたの拝むいろいろなものを、よく見ているうちに、『知られない神に』と刻まれた祭壇もあるのに気がついた。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、いま知らせてあげよう。この世界と、その中にある万物とを造った神は、天地の主であるのだから、手で造った宮などにはお住みにならない。また、何か不足でもしておるかのように、人の手によって仕えられる必要もない。神は、すべての人々に命と息と万物とを与え、また、ひとりの人から、あらゆる民族を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに時代を区分し、国土の境界を定めて下さったのである。こうして、人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見いだせるようにして下さった。事実、神はわれわれひとりびとりから遠く離れておいでになるのではない。われわれは神のうちに生き、動き、存在しているからである。あなたがたのある詩人たちも言ったように、/『われわれも、確かにその子孫である』。このように、われわれは神の子孫なのであるから、神たる者を、人間の技巧や空想で金や銀や石などに彫り付けたものと同じと、見なすべきではない。神は、このような無知の時代を、これまでは見過ごしにされていたが、今はどこにおる人でも、みな悔い改めなければならないことを命じておられる。神は、義をもってこの世界をさばくためその日を定め、お選びになったかたによってそれをなし遂げようとされている。すなわち、このかたを死人の中からよみがえらせ、その確証をすべての人に示されたのである」。死人のよみがえりのことを聞くと、ある者たちはあざ笑い、またある者たちは、「この事については、いずれまた聞くことにする」と言った。こうして、パウロは彼らの中から出て行った。しかし、彼にしたがって信じた者も、幾人かあった。その中には、アレオパゴスの裁判人デオヌシオとダマリスという女、また、その他の人々もいた”(使徒行伝第17章22-34節)。

着席して下さい。

使徒パウロはギリシャのアテネに行きました。 アテネは、古代において、世界の知的中心地でした。 そこはアリストテレスやプラトン、またソクラテスの出た都市でした。 パウロはアテネ中を歩き回りました。 彼はマルス丘にやって来ました。 私の妻と息子達は2年前に、イスラエルからの帰りにそこへ立ち寄りました。 マルス丘は何百もの偶像で満ちていました。 当時の哲学者達はそこに集いました。 それらの偶像の中に、パウロは、『知られない神に』と刻まれた祭壇があるのに気がつきました。 彼らには多くの偶像や多くの神々がありました、しかしなぜか、彼らは心の内に、彼らが知らない神が存在している事を認識していました。 大勢の人達が集まり、パウロはそこで説教し始めました。 彼は、“『知られない神に』と刻まれた祭壇もあるのに気がついた。 そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、いま知らせてあげよう”(使徒行伝第17章23節)と言いました。

私達は今晩、中国の中秋節を祝っています。 あるアメリカ人達はそれを、ムーン・ケーキ祭り(月餅祭り)と呼んでいます。 中秋節は中国の年間行事の中でも重要な祭日です。 それは東南アジアの多くの国々、韓国、日本(暦が1883年に変わるまで)、インドネシア、フィリピン、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、台湾、シンガポール、そして他の多くのアジアの国々などで慣わしたとなった祭日です。 月は満月で、最も丸い、太陽暦の秋分の時にそれは祝われます。

ジェイムズ・ レッジ博士(Dr. James Legge, 1815-1897)は、オックスフォード大学の中国の語学とその文学の教授でした。 レッジ博士いわく、古代中国は月を拝まなかった。 元来中国は、シャン・ティ(天の帝)と彼らが呼んだ一つの神を崇拝した、と彼は言いました。 レッジ博士は、紀元前2207年に統治を終止した舜皇帝の“舜典”を引用しました。 舜典は、“‘皇帝は通常のやり方でもってであったが、特に天の帝(シャン・ティ)に犠牲を捧げた’、それは神に対してである”(James Legge, Ph.D., The Religions of China, Hodder and Stoughton, 1880, pp. 24-25)と語っている。 古代の中国人とその他のアジア人達は、一人の神、シャン・ティ、天の帝だけを崇拝していました。 それは、孔子(紀元前551-479年)そして仏陀(紀元前563-483年)が誕生する1500年以上前の事です。 仏教が中国にやって来た何世紀も前に、中国の人々は一神教徒でした。 彼らは一人の神のみを信じていました。 何世紀をも超えて、さらに多くの霊が加わり、崇拝しました。 しかし、その時でもシャン・ティ(天の帝)は古代中国文化における最高の神とされていました。 その後次第にアジアの人々は、シャン・ティ(天の帝)を忘れてしまいました。 彼らは他の神々を、そして更に彼ら自身の先祖の霊達をも崇拝し始め、彼らは仏教やその他の宗教に向かいました。 

アメリカ合衆国は、今日、神に背いて似かよった体験をしています。 オバマの就任式の演説で、“アメリカはクリスチャンの国では無い”と彼は言いました。 かってはクリスチャンの国であったが、オバマ大統領は今ではそうでは無いといいました。 そして今年、オバマ大統領は、アメリカが何十年も保持してきた、国民の祈りの日を取り去りました。 多くのアメリカ人は、私達の祖先の神を信じなくなりました。 古代の中国人達も似かよった体験をして来ました。 今の多くのアメリカ人のように、彼らは次第に天の帝である、シャン・ティから遠ざかりました。 今日多くのアメリカ人達、そしてアジア人達は、神を知りません。 

それはアテネでも同じでした。 彼らは生きた神に背を向けました。 聖書はこのように言っています、

“なぜなら、彼らは神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである”(ローマ人への手紙第1章21節)。

彼らが元来崇拝していた神を彼らは忘れてしまいました。 そして使徒パウロは彼らに、“『知られない神に』と刻まれた祭壇もあるのに気がついた。 そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、いま知らせてあげよう”(使徒行伝第17章23節)。 彼らには何百もの偶像と偽の神々がいます。 しかし、彼らは真の神を知りませんでした。 神は彼らにとって、“知られない神”となってしまったのです。 

そしてパウロは彼らに、知られない神がこの世を創造された事を告げました。 彼らが知らなかった神が、“天と地の主”であり、人の手で造られた宮には住まわれないことを話しました。 パウロは彼らに、知られない神は、天の帝、“天地の主”(使徒行伝第17章24節)であるシャン・ティである事を告げました。

私達は、あなた方に新しい宗教を信じるように語っているのではありません。 キリスト教は全く新しい宗教ではありません。 それは、この世で一番古い宗教なのです。 キリスト教は正に時の始まり、エデンの園までさかのぼることが出来ます。 それは仏教、道教、ヒンズー教、イスラム教、またその他のどの宗教が誕生した以前の何世紀も前から存在していました。 キリストは、天の父なる神、シャン・ティ(天の帝)へと私達を戻す為に来られたのです。 使徒パウロはこのように言いました、

“またその当時は、キリストを知らず、イスラエルの国籍がなく、約束されたいろいろの契約に縁がなく、この世の中で希望もなく神もない者であった。ところが、あなたがたは、このように以前は遠く離れていたが、今ではキリスト・イエスにあって、キリストの血によって近いものとなったのである”(エペソ人への手紙第2章12-13節)。

キリストは私達の古代の祖先の神へと私達を戻す為に来られました。 キリストは私達の迷信を打ち砕き、私達の偶像から私達を引き離す為に来られました。 キリストは、“知られない神”を私達に知らせる為に来られたのです!

そうしてパウロは彼らに、神が、“ひとりの人から、あらゆる民族を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに時代を区分し、国土の境界を定めて下さったのである”(使徒行伝第17章26節)という事を告げました。 今日、民族間の緊迫状態、そして民族間の戦いが、起っています。 中国と日本との緊迫状態が持ち上がっています。 イラン人とイスラエルのユダヤ人達の間に緊迫状態があります。 しかし、問題なのは実際には民族間にあるのではないのです。 問題は霊的なものなのです。 民族的偏見は罪による結末なのです。

パウロは、神は“一種類の血”によって全ての民族を造られたと言いました。 彼はどのようにそれを知ったのでしょうか? 彼は聖書の神の黙示によって知ったのです! パウロが二千年前に知った事を現代の人々は今まで知りませんでした! アフリカ人の血を取って輸血によって白人に注入することが出来ます。 中国人の血を取ってオーストラリアの土着民に与えることが出来ます。 なぜそれが可能なのでしょうか? なぜなら、神が“ひとりの人から、あらゆる民族を造り出して、地の全面に住まわせ”(使徒行伝第17章26節)られたからです。 それは、その時にパウロが話した事を聞いていたアテネの人達を驚かせたに違いありません。 罪によって、彼らは人種差別をするようになりました。 彼らは、自分達は他の人達に優っていると思っていました。 しかし彼らは誤っています。 最近のDNA(デオキシリボ核酸)の研究は、全ての人類は中東の一人の女性から下ってきたものであることを示しています。 タイムマガジンは何年か前にそのことに関して特集記事を載せました。 あなた方がどこから来た人種であろうとも、私達は皆関連しています。 私達は血のつながった兄弟姉妹なのです! そして、キリストは一つの家族として私達を教会に連れ戻されたのです。 ですから私は今晩教会の若者達に、人種的な偏見が、あなた方が他の国境を越えた人達と親睦を閉ざさす事の無いように伝えたいのです。 私達の教会の中での人種的偏見に対抗してください! 他の人種の友達を持つ事を恐れる事は世俗的で、罪な事です! 先週の晩私の息子が、私の妻と私が結婚して三十年間後も仲良くやっていけるのは“奇跡”であると言いました。 なぜなら私の妻は、スペイン系で私は白人だからです。 私達は先週の木曜日に結婚三十年記念を祝いました。 私の息子は正しいと思えます。 それは奇跡のように思えるかもしれません、しかし、それは私にとって非常に自然な事のように思えます! 私は彼女なくしての人生はまづ想像もつきません! 彼女は、神からの私への最高の賜物です。 そして私は毎日のように彼女のために神に感謝しています! 

それが私達の教会でもされるべきです、なぜなら聖書は、“また、ひとりの人から、あらゆる民族を造り出して、地の全面に住まわせ・・・”(使徒行伝第17章26節)と語っているからです。 二十年以上に渡り私の牧師であった学者が牧師であった中国系の教会で、私が洗礼を受けたことは、この世では最も自然なことのようです。 それは、失われている世には不思議に移るかもしれません。 彼らは休むことなくお互い人種間で争っています。 しかし主イエス・キリストは、私達を神との和解に運ぶためだけでなく、私達すべての人種を教会という一つの媒体に一緒にするために来られたのです! 私達のような、多くの違った人種がいる教会はこの地上では自然なことなのです、なぜなら、神は私達を一緒にされるからです! 罪は私達は仲たがいにします。 しかし、神は私達をお互いに一緒にさせます。 ある意味においては、それが起るのには奇跡が必要です―新生の奇跡です! もし私達が真に生まれかわったならば、それは起るのです! 数週間前に、ジョン・ライス博士の一番若い娘さんがここに来られた時、彼女と私の妻は、私達の教会には二十の文化と人種がいることを話しました。 彼女は言いました、それはすばらしいことだと。 それを維持するために努力しなさい! 私達は、キリストにあって、兄弟姉妹であることをこの世の人達に知らせましょう! この和かたげられた世の中で、私達の教会を、調和と愛の模範の教会にしましょう! 『誰かを助けなさい』(“Help Somebody Today.”)を歌いなさい!

今日、誰かを助けよ、人生の歩みの中
   広がる交友をもって、孤独は終焉す
あぁ、今日、誰かを助けよ!
   (“Help Somebody Today” by Carrie E. Breck, 1855-1934;
     altered by the Pastor).

そして、使徒パウロはアテネの人々にこう話しました、

“神は、このような無知の時代を、これまでは見過ごしにされていたが、今はどこにおる人でも、みな悔い改めなければならないことを命じておられる”(使徒行伝第17章30節)。

神は過去においては、彼らの無知と邪教信仰を見過ごしていました。 しかし今となっては、私達すべては、人種が何であれ生い立ちが何であれ、悔い改めなければならないことを命じられています。 今では彼は、“今はどこにおる人でも、みな悔い改めなければならないことを命じておられる”のです。 これは、言及とかアドバイスではないのです。 神は私達すべてに悔い改めることを命じられているのです! 神は、“悔い改めることをあなた方に命じる”と言われているのです。 それは、あなた方が持っている罪という概念を変えなさいということです。 それは、罪に背を向けてキリストに来るということを意味します。 それは、自分自身を信頼することを止め、キリストを信頼することを意味します。 あなたが真に悔い改める時、神の御力によって、あなたは生まれ変わるのです。

キリストは、私達を罪から、死から、そして地獄から救われるためにこの世に来られました。 目的があって彼は、私達の罪の贖いのために十字架ではりつけにされたのです。 彼の尊い御血が十字架の上で流されたので、神の目には、私達の罪は洗い清められるころが出来るのです。 そしてキリストは、身体ごと、肉体と骨をもって、しからよみがえられました。 彼は、もう一つの次元にある天国で、今生きて私達たちのために祈られています。 あなたが信仰でもってキリストに来るとき、あなたは瞬時に生まれかわります。 あなたはキリストと共に新しい人生に入ります。 聖書は、“だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである”(コリント人への第二の手紙第5章17節)と語っています。

ある白人系の女の子は、私達の教会ではまだ新しい中国系の女の子を助けています。 この若い女の子は、私に祈りのリクエストをしてきました。 彼女のリクエストというのは、大変にこころのこもったものでした。 その中国系の女の子が、ただ単に“教会”の愛だけでなく、生きているイエスの愛を体験するように、というものでした。 そうなのです! アァメン! 私達は、あなた方が教会の人達ではなく、それを超えたものを見ることを祈ります。 あなた方が生きているキリストの愛を感じ取ってもらいたいのです! 信仰によって、あなた方が救われ、生まれかわり、死から永遠の命に移ってもらいたいのです!

パウロはアテネの人々に、神はキリストを死からよみがえらせたと話しました。 彼らはキリストを信頼しなければ、彼は最後の審判のときに彼らを裁かれるであろうと話しました。 キリストは生きています。 彼はこの世を裁かれるために戻って来ます。 あなた方はその準備ができていますか? あなた方の罪は、キリストの御血でもって洗い清められていますか?

アレオパゴスでのパウロの説教の結果は何だったのでしょうか? 彼の説教に対して三つの反応がありました、

“死人のよみがえりのことを聞くと、ある者たちはあざ笑い、またある者たちは、「この事については、いずれまた聞くことにする」と言った。こうして、パウロは彼らの中から出て行った。しかし、彼にしたがって信じた者も、幾人かあった。その中には、アレオパゴスの裁判人デオヌシオとダマリスという女、また、その他の人々もいた”(使徒行伝第17章32-34節)。

彼らのうちある人達は、笑いあざけりました。 ある人は、“この事については、いずれまた聞くことにする”と言い、自分達はもう少し聞いてみて、考えて見ます、と言いました。 しかし、彼らのうちある人はキリストに拠りどころを見つけ、そこで救われました。 今晩ここにいるあなた方のうち誰かは、罪深い生活に背を向け、イエス・キリストを信頼し、彼によって救われ、彼の尊い御血でもってあなたの罪から洗い清められますように。 そうして、あなた方は神と和解するでしょう。 古代中国の真の神―天の帝を、あなた方は自分自身知ることでしょう! キリストに拠りどころを見つけなさい。 彼は、今まであなた方が経験したことのない平安、楽しみ、そして希望を与えて下さるでしょう。 明日、教会に戻って来なさい。 私達は明日の朝10時半に午餐会を催し、夜の6時半にもう一度晩餐会を行います。 親交と楽しい集いのために私達と一緒に戻って来てください!

わたしは、今晩、イエスを信頼し救われたい方たちと話すことが出来ます。 神は、あなた方がそうすることを助けてくださいますように! アァメン。

“神が中国を祝福され、アメリカを裁かれている理由!”
は、ここをクリックして下さい

“中国における成功の秘訣”は、ここをクリックして下さい

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の祈り。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Praise, My Soul, the King of Heaven” (by Henry F. Lyte, 1793-1847)。