Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

侮られたが麗しい!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

DESPISED BUT LOVELY!

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2012年7月8日、主の日の朝の説教

“彼はことごとく麗しい”(雅歌第5章16節)。

私は、今までに雅歌から説教をしたことはないと思います。 おそらくそれは間違っていたことでした。 スポルジョンの説教の全索引をみると、この説教のプリンスは、ロンドンで彼が奉仕をしていた間、雅歌から63の説教をしたのを知りました。 ですから、今日私はこの説教をします。 私はこの説教を二週間前に偶然に見つけました。 そして、どうしても私の頭から離れませんでした。 私は繰り返し繰り返し考えていました、

“彼はことごとく麗しい”。
“彼はことごとく麗しい”。
“彼はことごとく麗しい”。

結局のところ、これを説教しないかぎり、神の御霊は私を一人にはさせてくれないようでした。

マックギー博士(Dr. McGee)は言いました、“ユダヤ人は、雅歌を聖なる聖書の聖と呼んだ。 それゆえ、すべての人がその神聖なる囲いの中に入れるのではない。 ここが、最も高貴な神聖なる場にあなたが留まる場所である・・・もし主イエスがあなたにとって大いなる意味をもち、あなたが彼を愛すならば、この小さな書は、あなたにとって大いなる意味をもたらすであろう。 雅歌は詩的で実践的である。 ここが、神が彼の民に詩的な歌でもって話を語っている場である。 我々がこの書に近づくとき、我々の霊的な靴を脱ぎさる必要がある。 我々は聖なる地に立つ。 雅歌は、注意を持って取り扱うか弱い花のようである。 この書には四つの異なった重要な意味が含まれている”(J. Vernon McGee, Th.D., Thru the Bible, Thomas Nelson Publishers, 1982, volume III, p. 143)。

最初に、雅歌は夫と妻との間の愛を描写します。 次に、それは、イスラエルへの神の愛を描写します。 しかしクリスチャンに対して、二つの他の応用が与えられています。 三番目に、それは、キリストと彼の教会との間の愛を描写しています。 四番目に、それは各々のクリスチャンに対するキリストの愛とキリストとの魂の交わりを描写しています。 多くの神の聖人たちはこれを体験しています。 雅歌は、スコットランドの地で力意強いリバイバル見てきた説教者であるロバート・マックチェイン(Robert Murray McCheyne)が好んでいる聖書の書です。 29歳で生涯を閉じたマックチェインは、“彼は、永遠なるしるしを額につけて説教をした”と言われています。 雅歌は、ロバート・マックチェインが好んだ聖書の書です。 ロバート・マックチェインが雅歌から説教をしたとき、強健な男たちが跪いて泣き崩れ、頑なな罪びとたちは、彼らの思いをキリストに向けました。 雅歌はまた、スコットランドの偉大な説教者サミュエル・ラザフォード(Samuel Rutherford/1600-1661)、ムーディー(D. L. Moody/1837-1899)、そして、ハリー・アイアンサイド(Harry Ironside/1876-1951)の好みの聖書の書でもあります。 そして、先ほど述べたように、スポルジョンは、63の説教を雅歌から行っています。 ルイス小島にリバイバルが起ったとき、ダンカン・キャンプベル(Duncan Campbell)は雅歌から説教をしました。

さて、私達のテキストを見てみましょう。 花嫁は夫のことを、“彼はことごとく麗しい”と言いました。 そうして、真のクリスチャンの聖人は、“彼はことごとく麗しい”とイエスのことを言います。 私がこの聖句を説教しようかと思い始めたころ、スポルジョンもそうでしたが、“それは高貴で、私はそこまでは辿りつかない”と思いました。 このような深い意味をもつテキストは、時には私には無理です。 しかし、その意味合いの全てを出来なくとも、私は少なくともそのいくつかをする努力を今朝すべきだと思います。 人生において、この世のすべての栄華を見るよりは、短くともイエスを見た方が良いと思います、なぜなら、彼だけが“ことごとく麗しい”からです。 イエスの二つの対比する、この世と真のクリスチャンに対する見方を吟味してみます。

I. 最初に、失われているこの世は、イエスを麗しいとは全く思っていません。

この世は今日どのようにイエスを取り除いているのかを思ったことがありますか? 彼らにとっては、その名前さえ聞きたくないようです。 私は、アメリカ空軍のチャップレンは、イエスの名において祈ることさえ禁じられている、と聞きました。 また、牧師が公の場で祈りを捧げるよう頼まれたとき、その祈りをイエスの名で終えないように頼まれています。 このイエスの名を忌み嫌うのは今に始まったことではないのですが、その傾向は毎年頻繁になっています。 映画が作られ始めたころ、クリスチャンが祈るシーンがあると、映画会社の大御所は、“イエスの名において、アァメン”と言うのを妨げました。 それらの大御所は、彼らがイエスの名前を取り除いたとき、私達は築気づかないと思ったのでしょう。 しかし、私達はいつも“イエスの名において”で祈りを終えるので、私達は気づきました、そして、そのような人達が何とイエスを嫌っているのかを私達は悟るのです。

彼らの救い主への嫌悪は、救い主をセックススキャンダルの対象として描いた映画“The Last Temptation of Christ”が作られたときにより明白になりました。 私はその映画についての記事を読んだとき、家の応接間のいすに座り、その映画に思いを巡らせていました。 そして、神は私にこのように語りかけました。(彼の声が聞こえるようでした。) 神は言われました、“ローバーとよ、彼らにそれが成されるようにしておくのか?”と。 私は答えました、“父よ、私は何も出来ません”と。 そして神は、“もしお前がしなければ、誰がするのか?”と私に語られました。 それで、私達は表に出て行き、イエスを弁護したのです。 私達のデモの光景は、すべてのテレビのその日の夜の番組に映し出されました。 ニューヨーク・タイムズ紙とウォール・ストリート・ジャーナル紙の一ページ目にその記事は載りました。 また、数々のテレビ番組でも取り上げられ、テレビガイドにも話が載りました! イギリス、フランス、イタリア、ギリシャ、オーストラリア、そしてイスラエルでも報道され、友人の話では、エルサレム・ポスト紙の第一面に記事が載ったとの事でした。 最近になって私は、トーマス・リンドルフ(Thomas R. Lindlof, 2008, The University Press of Kentucky)が書いた本、『攻囲されたハリウッド』(“Hollywood Under Siege”)を受け取りました。 その本の表紙には、私達の教会の執事であるケイガン先生と、イエスを汚らしく侮辱した映画に反対するプラカードをもった125名ほどの教会員のカラー写真が載っています。 30フィートほどの大きさのプラカードには、“ワッサマン、イエスを侮辱するのは止めろ!”と書かれています。 リュー・ワッサマン(Lew Wasserman)は、その映画のプロジューサーでした。 私は、その本の中で13回ほど引用されています。 彼らはただ単にイエスを嫌っているだけでなく、彼らはケイガン先生や私、そして私達の教会をも嫌っているのです。 救い主をも非難・卑下しているのです! このことを考えてみてください。 125の小さなバプテスト教会の信者が、ハリウッドの全てを“攻囲”していることを! 大きな力のある映画界の大御所が、ロスアンゼルス市内にある教会の数十名のバプテスト信者から“攻囲”に置かれているのです! 私はその時に、また今でも、どんなにハリウッド、そして、べバリーヒルズ、ニューヨーク、首都ワシントンが主イエス・キリストを嫌っているか知っています。 ビル・マハー(Bill Maher)に始まり、ジョージ・クルーニー(George Clooney)、アンダーソン・クーパー(Anderson Cooper)に始まりウルフ・ブリザー(Wolf Blitzer)と、彼らは神の御子を侮り拒絶しているのです。 オバマ大統領でさえ、去年の感謝祭のときの演説で、イエスのことには触れず、その像に言及しただけでした。 教会に対する迫害が始まるまでは、それは終わらないと思います、そして、あなた方の生涯の内にそれが起ると私は思っています。

最も最悪なことは、今日の私達の教会の多くは、イエスの名前を裏に隠していることです。 彼は、友であるはずの教会でさえ、歓迎されていないのです! マイケル・ホートン博士(Dr. Michael Horton)は、彼の強く突き刺すような著書、『Christless Christianity (Baker Books, 2008) 』の中で、そのことについて書いています。 その表紙には、“ホートンは、我々はまだキリストのいないキリスト教の状態に至ってはいないが、我々はその途上にいる、と問題提起している。 我々はキリストの名を引き合いに出すが、非常にしばしば、キリストとキリスト中心の福音は傍に置かれる”と書かれています。 しかし、今日イエスが非常にひどく取り扱われていることに驚くべきではありません。 聖書はこう語っています、

“彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美しさもない。彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られた。われわれも彼を尊ばなかった”(イザヤ書第53章2-3節)。

それが、生まれつきの救われていない人達が見るイエスなのです。 “われわれの慕うべき美しさもな”く、彼らもまた、イエスを侮り捨てるのです。 私もそうであったことを知っています。 私が小さいころ、毎日のようにカトリック教会の中をぶらついていました。 1940年代は、教会の扉はいつも開いていました。 そして、そこは静かで心地の良い場所だったので、私は中に入りました。 そこには、実物大のイエスの像があり、彼は顔に血を流しながら十字架を背負っていました。 私は彼を、殴られ十字架につけられ殉教した犠牲者としてみました。 彼の十字架でのはりつけは、教会の中で、子供であった私を怖がらせました。 私はその思いを、ついに回心をした20歳の1961年9月28日まで抱いていました。 その日まで、イエスを、希望もなく十字架に釘づけにされ死んだ悲劇のひととして、私はひどく間違って考えていました。 しかし回心をした日に初めて私は彼を、死を克服された、生きている、よみがえられた救い主として彼を見ました。 そして、彼は神の右座におられ、私を罪から救われ、私の人生を変えられたのです。 51年前に私が彼をみたその朝、私にとって、彼はことごとく麗しいかったのです!

II. 次に、真のクリスチャンは、彼はことごとく麗しいと思う。

イエスは 私が知っている最も甘い名前
   彼は名前のごとく麗しい
それが、私が彼を好きな理由
   あぁ、イエスは 私が知っている最も甘い名前
(“Jesus is the Sweetest Name I Know” by Lela Long, 1924).

そのことは、私がそうであったように、あなたに突然起るかもしれません。 あるいは、あなたが彼の御前に倒れ付し、彼をあなたの救い主、そして神として寄り頼むまで、あなたは少しずつ彼が何と麗しいのかを知るかもしれません。 私がイエスに寄り頼んだその時に、チャールズ・ウェスリーと共に次の賛美歌を歌ったことでしょう、

鎖はほどけ、我がこころは自由になりし
   立ち上がり、我は汝に従わん
驚くべき愛! 我が神である汝は
   我がために死するのか。
(“And Can It Be?” by Charles Wesley, 1707-1788).

事実、イエスが私を救われたその朝、私達はその歌を歌ったのです!

我が囚われの霊は長く横たわり
   罪と暗闇の中に固く捕らわれし
汝の眼は活気づく光を放散し、
   燃え立つ光でもって、我は牢で目を覚ます
鎖はほどけ、我がこころは自由になりし
   立ち上がり、我は汝に従わん
驚くべき愛! 我が神である汝は
   我がために死するのか。

その瞬間、私はマックチェインやスポルジョンと一緒に、“彼はことごとく麗しい”と叫んだことでしょう! 私は、腹のそこから声を張り上げて、次のドイツの古い賛美歌を歌ったことでしょう、

わかくさのまきばより
   はなさくもりより
うるわしきつくりぬし
   われうたいまつらん

そらにてるひかりより
   夜ぞらのつきより
てりわたるすくいぬし
   われたたえまつらん
(『わかくさのまきばより』“Fairest Lord Jesus,” 17th century German hymn,
     translated by Joseph A. Seiss, 1823-1904).

“彼はことごとく麗しい”。

これがイエスです、

“御子は、見えない神のかたちであって、すべての造られたものに先だって生れたかたである。万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も、支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これらいっさいのものは、御子によって造られ、御子のために造られたのである。彼は万物よりも先にあり、万物は彼にあって成り立っている。そして自らは、そのからだなる教会のかしらである。彼は初めの者であり、死人の中から最初に生れたかたである。それは、ご自身がすべてのことにおいて第一の者となるためである。神は、御旨によって、御子のうちにすべての満ちみちた徳を宿らせ、そして、その十字架の血によって平和をつくり、万物、すなわち、地にあるもの、天にあるものを、ことごとく、彼によってご自分と和解させて下さったのである。あなたがたも、かつては悪い行いをして神から離れ、心の中で神に敵対していた。しかし今では、御子はその肉のからだにより、その死をとおして、あなたがたを神と和解させ、あなたがたを聖なる、傷のない、責められるところのない者として、みまえに立たせて下さったのである”(コロサイ人への手紙第1章15-22節)。

ハレルヤ! それはイエスです! “はい、彼はことごとく麗しい”のです! 私達は、彼を侮り拒否をすることから、感謝の気持ちをもって彼の足元にひれ伏るようになるべきです―なぜなら、彼は私達を救うために十字架で死なれ、私達にいのちを与えられるために死からよみがえられたからです! ハレルヤ! “彼はことごとく麗しい”のです! “はい、彼はことごとく麗しい”のです!

イエスは 私が知っている最も甘い名前
   彼は名前のごとく麗しい
それが、私が彼を好きな理由
   あぁ、イエスは 私が知っている最も甘い名前

“その足に接吻”(ルカによる福音書第7章38節)した、邪悪な女性のようにイエスのもとに来なさい。 そうして、イエスはその女に言われました、“あなたの罪はゆるされた”(ルカによる福音書第7章48節)と。 “その足に口づけせよ”。 聖書はそうするように言っています。 “その足に口づけせよ。・・・すべて主に寄り頼む者はさいわいである”(詩篇第2篇12節)。 あなたは今朝、神の御子の御足に口づけをし、彼に寄り頼みますか? “神の御子に口づけしますか?” そうです! そうです! 信仰でもって御子に口づけしなさい、なぜなら、彼は麗しいからです! スポルジョンは言いました、

      あなたがたは、イエスに来るのを怖がる必要はない、なぜなら“彼はことごとく麗しい”からだ。彼はことごとくおそろしい、とは言っていない―それは、あなた方の彼に対する間違った思いである。 彼はどちらかというと麗しい、とは言っていない、また、時々、ある種の罪びとを救われる、とは言っていない。しかし、“彼はことごとく麗しい”のである。それゆえ、彼はいつも最も堕落した罪びとを受け入れられる。彼の名を考えよ。それは、イエス。それは、救い主であるイエス。それは何と愛おしいのか、ハレルヤ! それはイエスである!“はい、彼はことごとく麗しい!”名ではないか?彼の御業を考えよ。彼は失われた者を探し求め救われる。それが彼の使命なのである。何と麗しいことではないか?彼が成されたことを考えてみよ。彼は御自分の御血でも私達を贖われた。何と麗しいことではないか? 彼が成されていることを考えてみよ。彼は神の御前で罪びとのために祈られている・・・。何と麗しいことではないか?[何であるにせよ、あなたが彼を見るとき]イエスは、彼を必要とする者には、引きつける力をお持ちである。来なさい、来て歓迎されなさい。あなたをそうさせないものは何もない。[あなたを呼ぶ]全ては整っている。私がキリストを説教をし、その方を崇める日が、あなたを彼に引き寄せる日となり、その方を二度と拒絶することなく、末永く、永遠にその方の日と成ることを祈って。アァメン(C. H. Spurgeon, “Altogether Lovely,” The Metropolitan Tabernacle Pulpit, Pilgrim Publications, 1977 reprint, volume 17, pages 407-408)。

“はい、彼はことごとく麗しい”のです。 彼に来るように、彼を信頼するように、そして、罪からいつまでも、永遠に救われるように、あなたを呼んでいます―なぜなら、彼はそうまでしてあなたを愛しているからです! なぜなら、彼はそうまでしてあなたを愛しているからです! なぜなら、彼はそうまでしてあなたを愛しているからです! 彼に来なさい―なぜなら、彼はそうまでしてあなたを愛しているからです! 彼はあなたに背を向けないでしょう―なぜなら、彼はそうまでしてあなたを愛しているからです!

つみおもいださする
   なみだの夜よゆけ
えみとかんしゃのあさを
   われはまてり
われはやみてはだか
   めはめしいなれども
ただきみみあげつつ
   われゆかまし

私がもう一つのその歌の節を歌っている間に、席を立って会堂の後ろに行ってください。 もしあなた方はまだクリスチャンでないならば、後ろへ行きなさい、そして小冊子をあげますので読んでください。 もし、あなた方はまだ救われていないのでしたら、私が次のスタンザを歌っている間に行きなさい。 ケイガン先生が、もう一つの部屋へ案内します。 今朝その場でイエスに来てもらいたいです、なぜならば、彼はことごとく麗しいからです。

ちのたからかいらく
   みるだにいとわし
ただしたいまつるは
   主のじゅうじか
あらしよはやくゆけ
   やすきよきたれとく
かなたのひかりへと
   われゆかまし
(『つみおもいださする』“Jesus, I Come”
     by William T. Sleeper, 1819-1904)

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読: 雅歌第5章10-16節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Fairest Lord Jesus” (translated from German by Joseph A. Seiss, 1823-1904).

要 綱

侮られたが麗しい!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

“彼はことごとく麗しい”(雅歌第5章16節)。

I.   最初に、失われているこの世は、イエスを麗しいとは全く思っ
ていません。イザヤ書第53章2-3節。

II.  次に、真のクリスチャンは、彼はことごとく麗しいと思う。
コロサイ人への手紙第1章15-22節;
ルカによる福音書第7章38, 48節;詩篇第2篇12節。