Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

大いなる恐るべき神よ-その一

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

THE GREAT AND TERRIBLE GOD – PART I

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2012年2月5日、主の日の朝の説教

“大いなる恐るべき神よ”(ネヘミヤ記第1章5節)。

“ああ、大いなる恐るべき神”(ダニエル書第9章4節)。

この説教の大部分は、ジョン・ライス博士の著書、『The Great and Terrible God(大いなる恐るべき神よ)』(Sword of the Lord, 1977, pp. 7-38)から翻案されたものです。 これらの二つの聖書からのテキストは、神を、恐るべき神、と呼んでいます。 ネヘミヤは、“天の神・・・大いなる恐るべき神よ”と祈っています。 更に、ネヘミヤ記第4章14節で、ネヘミヤは、“大いなる恐るべき主を覚え”と言っています。 そして、ネヘミヤ記第9章32節で彼は、“それゆえ、われわれの神・・・大いにして力強く、恐るべき神よ”と言っています。 神は、申命記第7章21節で、“大いなる恐るべき神”と呼ばれています。 申命記第10章17節では、“神の神、主の主、大いにして力ある恐るべき神・・・”と呼んでいます。 ダニエルは、“大いなる恐るべき神”(ダニエル書第9章4節)について語っています。  聖書は、神を表すためにこの言葉を使っています。 イザヤ書第59章18節で神は、“主は・・・あだにむかって怒り、敵にむかって報いをなし”と言われました。 罪に対する神の怒りが注がれるように、神は、しばしばこのように聖書で描写されています。 

愛と哀れみの神としてだけ神について話す人達は、聖書で表わされている神について完全な描写を伝えていません。 主は、裁きと復讐をされる神でもあります。 新約聖書では明白に、“生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである”(ヘブル人への手紙第10章31節)と、私達を警告しています。 現代のすべての律法なしの恵み、悔い改めなしの信仰、怒りなしの神の哀れみ、地獄なしの天国、などの教えは神についての真実の曲解です。 それは神からのメッセージの不正直な提示です。  神は、恐ろしい神、罪に対して怒られる神、復讐をされる神、恐れられるべき神、罪人を恐れさせる神であられます。

なぜ私達は、聖書に表されている恐ろしい神について、説教をもっと聞かないのでしょうか? なぜなら多くの説教者達は、神についての真実を告げる事を恐れているからです。 彼らは自分達の教会の俗的な不信者達に、神について、そのような真実を聞いてほしくないからです。 なぜでしょうか? “なぜなら、肉の思いは神に敵するからである”(ローマ人への手紙第8章7節)。 不信者の肉の思いは、生まれつき聖書に示されている大いなる恐るべき神に敵対しているからです。 

しかし、回心していない罪人達にこの神を伝える事は必要なのです。 マーティン・ロイド・ジョーンズ博士(Dr. Martyn Lloyd-Jones)は、このように書いて言います、

他の全ての教えから福音を区別する事は、主に、神についての宣言とわれわれの神との関係である。 我々の特定の問題ではなく、我々すべてに下され、我々は聖なる神と聖なる律法の目前に有罪と定められた罪人である、という同等の問題である(Romans, Exposition of Chapter 1, The Gospel of God, The Banner of Truth Trust, 1985, p. 95)。

罪人達は、彼らが聖書の大いなる恐るべき神に目前にもたらされるまでは、失われている事を感じないのです。 彼らは、聖書の大いなる恐るべき神の目前で罪に定められる時のみに、彼らにキリストが必要である事を悟らされるのです。 

しかし今日、恐ろしい神、怒りの神、そして尽きない火について語る事は、多くの教会の人達に衝撃を与え憤慨させるのです。 しかし、彼らが衝撃を受ける事は正しい事ではありません。 

ライス博士は、“この恐ろしい神を恐るべきである!  聖書を通して主を恐れる事は、全ての美徳の中で最も大いなる事の一つとされている。 それはクリスチャンの性格と清さの土台である。 それは真からの悔い改めと真の回心に必要な事である”と言っています(同著)。

オックスフォード解説書(Oxford Concordance)は、私達に主を愛するよう命じている、もしくは神に対する愛が美徳として示されている聖書の15箇所の聖句を挙げています。 しかし同時に、その解説書は主に対する恐れが命じられ、また美徳として示されている46箇所の聖句をも挙げています!

聖書のこれらの三つの節で、“主を恐れることは知恵のはじめである”(詩篇第111篇10節、箴言第1章7節、箴言第9章10節)と告げています。 主を恐れることは人の命の日を多くする(箴言第10章27節、第19章23節、第14章27節)と告げています。 主を恐れるのは、多くの宝をもって苦労するのにまさる(箴言第 15章16節)と告げています。 そして聖書を通して、敬虔なる人達は、神を恐れる人達であると書かれています。 この世の最も賢いソロモンは、“神を恐れ、その命令を守れ。 これはすべての人の本分である”(伝道の書第12章13節)と言いました。 

しかし聖書は、不信者には神の恐れがないと、言っています。 ローマ人への手紙第3章9節から18節に挙げられた罪の種類の中で、最後に、生れつきの人間の心の堕落がこのような言葉で示されています、“彼らの目の前には、神に対する恐れがない”(ローマ人への手紙第3章18節)。

先日ある人が私に、“私は神を恐れていない”と言いました。 彼は、正に自分が特別な人であるかのように言いました。 そうではありません! 全ての罪人は皆同じなのです! “彼らの目の前には、神に対する恐れがない”。 ジョン・ニュートンのすばらしい賛美歌『おどろくばかりの』の中で、“めぐみはわがみのおそれを消し”と言っています。 神の御霊が彼に特殊な恵みを下さらない限り、神を恐れる罪人は誰一人いません。 神を恐れない人は罪の中に生きています。 彼は神の警告を何事でもないかのように考え、神の怒りと裁きについて深く考えません。 しかし、神は恐るべき神、恐れられるべき神なのです。 

エリの息子達が神を恐れなかったのは不思議ではありません。 “さて、エリの子らは、よこしまな人々で、主を恐れなかった。(主を知ろうとしなかった。新共同訳)”(サムエル記上第2章12節)。 “主を知ろうとしなかった”彼らが、神を恐れなかったのも不思議ではありません。 彼らは、大いなる恐るべき神を知らなかったのです。 聖書の恐るべき神は、彼らには知らされていなかったのです。 エリの息子達は神を個人的に知る体験をしていませんでした。 彼らは真剣に神について考えた事もありませんでした。 彼らの思いには神の入る余地がなかったのです。 “エリの子らは・・・主を知ろうとしなかった”―そして、彼らは主を知りたいとも思わなかったのです! 彼らは邪悪であり、不敬であり、説教にも耳を傾けなかったのです。 説教者は、“もし人が人に対して罪を犯すならば、神が仲裁されるであろう”と言いました。 しかし彼らは、彼に正されるのを拒みました。 “しかし彼らは・・・耳を傾けようともしなかった。 主が彼らを殺そうとされたからである”(サムエル記上 第2章25節)。  そこで神の人が来て、“ふたりは・・・死ぬであろう”と警告しました(サムエル記上第2章34節)。 しかし、彼らは罪を止めようとはしませんでした。 死の警告は、彼らに何の影響も与えなかったのです。 そして再び、神は若きサムエルに、エリの子らは彼らの罪の為に殺され裁かれるであろうと示されました。 “サムエルの言葉は全イスラエルに及んだ”(サムエル記上第4章1節)。 しかし、エリの子らはその警告も聞こうとしませんでした。 

そしてある日、イスラエルはぺリシテに向かって出撃しました。 状況は非常に悪くなり、彼らはエリの息子達と共に行き、主の契約の箱を幕屋から戦場へと携えて来ました。 彼らは、“てきめんに”彼らを神が祝福されると思ったのです。 しかし、彼らは誤っていました―完全に誤っていました! あなた方が神を恐れなければ、神からの祝福を期待する事は出来ません! “また神の箱は奪われ、エリのふたりの子、ホフニとピネハスは殺された”(サムエル記上第4章11節)。 しかし、実際にその戦場で彼らを殺したのはペリシテ人ではなく、その背景には神がおられたのです。 彼らを殺されたのは神だったのです。 なぜなら、“主が彼らを殺そうとされたからである”(サムエル記上第2章25節)。 彼らを滅ぼし、“うじがつきず、火も消えることがない”(マルコによる福音書第9章48節)地獄へと送られたのは、大いなる恐れるべき神、その方だったのです。 

私は、私が通った南部バプテスト神学校の聖書を拒絶する教授を思い出します。 私は修士の学位を受け卒業し、一年後に、博士号の課程へと志願する為に戻りました。 この教授は私を軽蔑の眼で見て、私の志願書を拒否しました。 なぜなら私が聖書を断固として支持したからです。 しかし何ヶ月か後に、その教授は自分の口に銃を当て自殺しました。 もう一人の人は、私を欺きテレビで強く非難しました。 彼は36ヶ月の内に奇妙な病気で亡くなりました。 三番目の人は、私が妊娠中絶に対して強く反対したが為に、私を非難しました。 彼は若く健康な男性でしたが、24ヶ月もしない内に突如として死に襲われました。 彼らが私を非難したので、このような悲劇が彼らに必ずしも起こったのではありません。 これらの恐ろしい裁きが彼らに生じたのは、彼らが、聖書の大いなる恐れるべき神を“知ろうとしなかった”からなのです!

では、あなた方に質問します。 あなた方は神を恐れていますか? あなた方が一人になった時、大いなる恐れるべき神について考えますか? あなた方に必要なのは、神への恐れである事を忘れないで下さい。 あなた方が一人になった時に、考え祈る事はその事です。 あなた方が一人になった時のみに、それはみなされる事を忘れないで下さい。 ヤコブが、“まことに主がこの所におられるのに、わたしは知らなかった・・・恐れて・・・”(創世記第28章16‐17節)と言ったのは、彼がひとりの時でした。 “ヤコブはひとりあとに残ったが、ひとりの人が、夜明けまで彼と組打ちした”時は、夜遅くでした。 彼が夜明けまで肉体を持たれる前のキリストと組打ちし回心したのは、その時でした。 神が降りて来られ、アブラハムに、彼との契約を結ばれたのは夜で、彼がひとりの時でした。 “日の入るころ、アブラムが深い眠りにおそわれた時、大きな恐ろしい暗やみが彼に臨んだ”(創世記第15章12節)。 その夜、神が彼に来られた時、恐れと暗闇がアブラハムを襲いました。 その様な時を過去の偉大なクリスチャン達は、“魂の深い暗闇”と呼んでいます。 それは、ルター、バニヤン、ウェスリー、ホウィットフィールド、ジャドソン、そしてスポルジョンなども感じた事でした。 彼らは、回心する前に恐怖と恐るべき聖書の神を体験したのです。

あなた方は、大いなる恐るべき神について考えた事がありますか? あなた方がひとりになった時、アブラハムの神があなた方の罪をご覧になる事を意識して、罪の咎めを感じた事がありますか? あなた方と神以外、誰一人として知らない罪であっても? アブラハムが感じたような、“大きな恐ろしい暗やみ”(創世記第15章12節)が、夜にあなた方を襲った事がありますか?

どうか、あなた方がそのような罪の意識と畏れを、夜、あなた方が神といる時に感じますよう、私達は祈ります! エリの息子達はそのような罪の意識と畏れを感じた事がありませんでした。 なぜなら、“主が彼らを殺そうとされたからである”からです。 神があなた方に来られ、あなた方は神の恐ろしい力と罪に対する怒りを感じる時、その時にあなた方は、イエスの尊き血によってあなた方の罪が清められるよう、避難するためにイエスに導かれるでしょう! その事をあなた方も体験されるよう、私達は祈ります!

サムエル・デイビス(Samuel Davies, 1723-1761)は、ニューイングランドで起こった第一大覚醒の間、説得力のある説教者でした。 リバイバルは、彼の奉仕中に何度も起こりました。 1758年に、彼はプリンストン大学の学長として、ジョナサン・エドワードの後継者に選ばれました。 彼はその三年後、37才の若さで亡くなりました。 サムエル・デイビスは、聖書の大いなる恐れるべき神を知っていました。 グリフィス氏がこの説教の前に歌った彼の讃美歌に耳を傾けて下さい。

何と大いなる恐るべき神か
   この世の創造物を揺るがし
地、海、すべての創造物は
   永遠の火炎に沈む

どこに、どこに、罪びとは
   非難の地を求め得るのか!
彼らの上に岩は崩れ落ち
   雪が解け落ちるように岩は落ちる

哀れみの叫びはむなしく
   火炎のうみに横たわる
ふいごで猛る火炎の上
   永遠に、永遠に失われた!
(“The Wreck of Nature” by Samuel Davies, 1723-1761).

この恐るべき神の現実を、あなた方が感じ始めるよう私達は祈ります。 あなた方が、あなた方の罪を自覚し、私達の大いなる恐るべき神の御前に、イエスの御血だけがあなた方を清めることができることを悟らされますことを、私達は祈ります!

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読: テサロニケ人への第二の手紙第1章7-9節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“The Wreck of Nature” (by Samuel Davies, 1723-1761).