Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

神が中国を祝福され、アメリカを裁かれている理由!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

WHY GOD IS BLESSING CHINA – BUT JUDGING AMERICA!

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2011年9月11日、主の日の晩の説教

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない。”(ヨハネによる福音書第3章27節)

ディビッド・アイクマン(David Aikman)は、タイム・マガジン誌北京支局の前支局長で、著者、ジャーナリスト、そして国外政策のコンサルタントでもあります。 彼は中国からの数年間に渡る報道を含め、二十年以上もの間50カ国以上の国々から報道収集に専念しました。 アイクマンは、Jesus in Beijing (Regnery Publishing, Inc., 2003) と題した本を書きました。 この本は、どのようにキリスト教が中国を変え、グローバル・パワーのバランスを変えているかを語っています。 最初の章は、“Jesus Comes to Beijing(北京へのイエスの到来)”と題されています。 北京市にある中国の主要なリサーチ研究所のひとつである、中国社会学研究院(Chinese Academy of Social Sciences)の中国人学者の引用でアイクマンは書き始めています。 これは、共産主義の中国で、中国人の一人の教授が2002年にアメリカからの団体に向けて述べたものです。 それは驚くべき報道です、なぜなら、それはこの共産主義国の多くの学者達がどのようにキリスト教に対してオープンであるかを表しているからです。 その中国人の教授はこのように語っています、

我々が調査研究するよう尋ねられた事の一つに、何が西洋諸国の成功の原因となったかという事であった。実際、西洋は全世界を凌駕している・・・。我々は、歴史的、政治的、経済的、そして文化的な観点からできる限りあらゆる事を学んだ。最初は、それはあなた方[アメリカ合衆国]には我々よりもより強力な武器があるからであると我々は考えた。そうして、あなた方にはよりよい政権システムがあったからであると我々は思った。次に、我々はあなた方の経済的なシステムに焦点を向けた。しかし、過去二十年間、あなた方の文化の真髄は、あなた方の宗教、キリスト教である事に気づいた。西洋諸国がそのように強力になったのは、それが理由である。[あなた方の]社会的・文化的生活のキリスト教のモラル基盤が、資本主義の誕生を可能にし、民主主義的政治形態への移行を成し遂げた。その事については疑いの余地は無い(David Aikman, Jesus in Beijing, Regnery, 2003, p. 5)。

“あなた方の文化の真髄は、あなた方の宗教、キリスト教である事に気づいた。 西洋諸国がそのように強力になったのは、それが理由である。・・・その事については疑いの余地は無い。” この発言は、共産主義の国中国で、著名な社会学の教授によるものです。 アメリカのリベラルな大学の教授達に、キリスト教がアメリカの成功の要因である事を納得させてはどうでしょうか! あなた方は、アメリカのほとんどの一般大学の教授達から、キリスト教に対する非難や冒涜を聞かされているでしょう。 しかし、共産党員が管轄するリサーチ研究所のこの共産主義者の中国人の教授は、アメリカの学者達が理解できない事、すなわち、キリスト教が、国家として私達の成功の源であるという事を理解しているのです。

しかしその中国人の学者は、それらの事を約12年前に発言したのです。 それ以来、アメリカは(10年前の)9月11日の出来事、長く引き続いている自然災害、そして大恐慌以来の経済の下落などを体験しています。 何万人ものアメリカ人達は仕事を失っています。 現在、多くのアメリカ人達は中国がここ何年かの内に最大の超大国としてアメリカをしのぐであろうと感じています。 なぜでしょうか? 私達の社会が崩れかけている一番の理由は何なのでしょうか? その答えは簡単です、中国はキリストに向いており、アメリカは異教へと向いている、それが理由なのです!

いろいろな情報によると、毎時間止むことなく、およそ1200人の人達がキリスト教に回心している事を語っています。 キリスト教への回心者は、毎日約3万人、毎年1000万人に及びます。 中国のクリスチャンの数は、私がこの説教を書いている時点で、約一億人のクリスチャンがいる事が推定されており、その数は四六時中、毎時間1000人以上の割合で増えています。 これは、歴史上今日の世界中で起こっているキリスト教の最も偉大な勃発として考えられています。

アメリカ、そして西洋の国々があきらめられている反面、中国がキリスト教へ向きを変えている過程にあるという事実を、私達はどのように説明できるでしょうか? その答えはまた、簡単です。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
        (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

アメリカと西洋の国々は水泡に帰しています。 私達の社会は道徳的そして霊的な混乱で満ちています。 聖書はアメリカで無視され、非難さえされているというありさまです。 私達の家庭が崩壊しているという事実を目の当たりにしています。 若者達は始終孤独を感じています、なぜなら、広範囲に渡り実践的なキリスト教の習慣が拒絶され、私達の家庭は崩壊しているからです。 彼らの一般の大学の教授達が、私達の国家を破滅から救う事の出来る唯一のキリスト教を非難している間、アメリカの若者達は家庭から引き離され、ただ一人世の中に放り出されているのです!

アメリカでは、教会は困難に直面しています。 私が少年のころの1950年代には、すべてのバプテスト教会(アメリカン・バプテストでさえ)は日曜日の晩に集会がありました。 しかし、今日では、日曜日の晩の集会がある硬派のファンダメンタリスト教会を見つけるのは容易ではありません。 私たちの女性会員のメンバーの一人が、旅先でアメリカで最も古いファンダメンタリストの学校へ電話をかけ、とある都市にあるファンダメンタリストの教会で、日曜日の晩の集会がある教会を聞きましたが、その電話に応対した職員は知りませんでした。 その人口百万都市には、数百の教会があるにもかかわらずです!

今日の教会は、日曜日の晩の集会をもたないだけでなく、真の祈りの集会ももちません。 アワナ(Awana)、聖歌隊の練習、あるいは聖書勉強会などを水曜日の晩にもつかもしれませんが、真の祈りの集会は過去のものとなってしまいました。

伝道集会はどうでしょうか? 毎週日曜日に、まだ救われていない人達を実際に教会に連れてくる効果的な伝道をしている教会はいくつあるのでしょうか? 大変に少ないです! ジェームズ・ダブソン博士(Dr. James Dobson)は、ほとんど全ての、教会員を増やしている教会は、“他の教会からの引き抜きの結果である”(Focus on the Family newsletter, August 1998, p. 2)と言いました。 言葉を変えれば、教会は他の教会から教会員を“盗む”方法を知っているだけです。 彼らは、クリスチャンでない人達を教会に招く方法も、そして彼らを回心させる方法も何も知らないのです。 それがほとんどの面で、アメリカの教会が死んでいる理由なのです。 ウッドロー・クロール博士(Dr. Woodrow Kroll)は、彼の著書 “Back to the Bible”の中で、“消えうせる聖職者(The Vanishing Ministry)は、ただ単に書物の題名だけでなく、悲惨な真実なのである”(Woodrow Kroll, Th.D., The Vanishing Ministry, Kregel Publications, 1991, p. 10)と語りました。 恐ろしいように聞こえますが、ほとんどのアメリカの教会は干上がり、私たちの目の前から消えているのです! なぜこのことが起こっているのでしょうか? なぜなら、神はアメリカを裁かれているからです。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

中国はキリスト向かっています。 アメリカはキリストに背を向けています。 しかし、新‐異教徒主義の暗黒がアメリカ中を蔓延している時ではあれ、あなた方のような若者は、望みを求めて中国まで行かなくてもいいのです! いいえ! もし神の恵みがあなた方に下されるのであれば、あなた方は今ここで、キリストを見出す事が出来るのです! ですから私達は、“なぜ孤独でいるのですか? 教会に来なさい! なぜ、失われているのですか? 神の御子イエス・キリストに来なさい”と呼びかけているのです。 あなた方もロスアンゼルスにあるこの私達の教会で同じ事が出来るのです! あなた方も、中国で何百万もの人達が見出している、罪の同じ許し、そして神との和解がここバプテストタバナクルで見出すことができるのです。 教会に来なさい! キリストに来なさい! 

今日、比較的少数の人達がメッセージに耳を傾ける事は分かっています。 あなた方がおそらく耳を傾けようとしない理由は単純明快です。 私たちのテキストにあるように、

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

エルサレムでのニコデモとの会話の後、イエスと弟子達は郊外に出て行きました。 イエスが説教をされ、彼の弟子達は人々に洗礼を授けました。 バプテスマのヨハネはその近くで洗礼を受けました。 パリサイ人達と討論をしている際、ヨハネの弟子達は、多くの人々がイエスの弟子達によって洗礼を受けた事を耳にしました。 ヨハネの弟子達は、イエスの弟子達が彼らよりも多くの人達に洗礼を授けている事で気を落としました。 私達のテキストで、ヨハネは彼の弟子達に、イエスの成功に対して苦情を言ってはならないよう告げています。 人それぞれ異なった賜物、そして機会が与えられているからです。 ヨハネは言いました、

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

“天国は、神からのものである。 この特定な言い方の一般的な用途は、謙遜の意を暗示している(John Bengel, New Testament Commentary, Kregel, 1981 reprint, volume I, p. 577)。

マチュー・ヘンリーは、この聖句は、“普遍的事実・・・我々は必然として、また絶え間なく、霊的な生活上での全ての動作または行動において神の恵みに依存している”と指摘しています(Matthew Henry, Commentary on the Whole Bible, Hendrickson, 1991 reprint, volume 5, p. 720)。

私はこの“普遍的事実”を回心に応用しています。 私は、これがアメリカが霊的暗闇へとまっしぐらに向う反面、中国の多くの人々がキリストに向かっている理由であると思います。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

回心の真実は、“パワー・ポイント”によるマルチメディアのプレゼンテーション、目的主導の教会の成長話など、あるいはアメリカの教会が用いようとしている他の手の込んだ策略等を通して来るようなものではありません。 このような全ての策略は、現実的に見てアメリカの教会の助けとはなっていません。 しかし数少ない賛美歌集やぼろぼろになった聖書を使用する中国の“ハウス・チャーチ”は、毎時間1200人の回心者を体験しています! 悪気の無い何人かのアメリカ人がこう言っているのを私は耳にしました。 彼らは、共産党が制限をゆるめる事を望んでいる、そうしたらアメリカ人達が中国に渡り、クリスチャン指導者達に“教える”事が出来ると。 しかし私は、その反対の事が起こるよう祈っています。 私は神がアメリカ人達を中国に近づけないように祈っています。 彼らには私達が教えれるようなものは何一つ必要ありません! 私達に、彼らにあるものが必要なのです! 彼らには、私達にあるものは全く必要ではないのです!

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

“人”とは、誰をも指します。 誰も、神が救いを下さらない限り、救いを受け入れる事は出来ません。 人は、“何も”受けることはできません。 間違いなく、人の魂の救いも含みます。 それが“人は天から与えら”なければならないことなのです。 なぜでしょうか?

I. 最初に、あなた方を救いから遠ざけようとする悪魔がいるからである。

アメリカのクリスチャン達が、悪魔と彼の小悪魔に関してほぼ気も掛けていない反面、中国のクリスチャンは、それらを非常に用心しています。 もし、人が自分の敵に対して全く気にかけないならば、その人は容易に打ちのめされてしまうでしょう。 

もし、あなた方が救われたいならば、この事を理解しなければなりません。

“・・・天から[あなた方に]与えられなければ、何ものも受けることはできない”(ヨハネによる福音書 第3章27節)。

なぜなら、悪魔と小悪魔達は非常な力をもっているからです。 イエスはこのように言われました、

“道端のものとは、御言葉を聞くが、信じて救われることのないように、後から悪魔が来て、その心から御言葉を奪い去る人たちである”(ルカによる福音書第8章12節)。

もしあなたが回心していないならば、このことに心を留めなさい! これは冗談ではありません! あなた方は何百回も説教を聞けるのに、回心していない状態に留まるのです。 なぜなら、悪魔があなた方の心から“御言葉を奪い去る”からです。 ルカによる福音書第8章12節は、悪魔にそうする力がある事を伝えているのです。 ある日曜日に、私が説教の後でカウンセリングした一人の人が、父なる神と御子に関する、このきわめて重要な主題について何時間もの説教とカウンセリングをした後も、その人は混同していました。 父なる神と御子を混同する事は、魂を地獄に落とします。 にもかかわらず、この主題について何時間もの説教とカウンセリングをした後で、その人はこのような重大な間違いをしました。 彼がそれを聞くや否や、悪魔が彼の心からそれを取ってしまったので、彼が眠りこけていたのは確かです。 それが最初の理由です。 

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

悪魔には非常に力があり、また賢く、“信じて救われることのないように” (ルカによる福音書第8章12節)、彼は全ての説教、全ての聖句、全てのカウンセリングの言葉を取ってしまうのです。 神の絶対的な恵みのみが、人間の魂の回心において、サタンの権力、勢力、そして狡猾さを打ちのめす事が出来るのです。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

“おどろくばかりの”を歌ってください!

おどろくばかりの
   めぐみなりき
このみのけがれを
   しれるわれに。
(『おどろくばかりの』“Amazing Grace”
     by John Newton, 1725-1807).

II. 二番目に、あなた方のすたれた心の堕落が、救われる事からあなた方を引き離す。

神の恵み無しでは、あなた方の完全に堕落した心は、決して福音を把握せず、あなた方はキリストに来ないでしょう。 腐った死体が歩く事は不可能です。 そしてあなた方のような死んだ罪人が、自分自身でキリストに来る事は不可能なのです。

ヨハネによる福音書第6章44節を開いて下さい。 立ってその聖句を読み上げてください。

“わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない。わたしはその人を終わりの日に復活させる”(ヨハネによる福音書第6章44節)。

着席して下さい。 “わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない。” この聖句のその言葉は非常に明瞭で明白です。 あなた方は“罪過によって死んでいた”(エペソ人への手紙第2章5節)のです。 あなた方には、棺から這い出て来た死人以上に、キリストへくる能力は無いのです!

ホウィットフィールドは、人々は回心を体験できる以前に、彼ら自身の堕落を知る事が必要である、としばしば言いました。 あなた方は自分が失われている事を理解しなければなりません。 それは、あなた方が口ぐさむ祈りはそれに役に立ちません。 あなた方が学ぶ何事もそれに役に立ちません。あなた方の“決心”もそれには何の役にも立たないのです。 あなた方は失われており、罪に死んでいます。 そして、“父が引き寄せてくださらなければ、だれも[キリスト]のもとへ来ることはできない”のです。 もし神があなた方を現在の状態のままで放られるならば、あなた方は死に定められていることになります。 あなた方は自分自身を救う事は出来ません。 あなた方には、自分自信の救いに対して貢献できる事は、何一つありません。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

“おどろくばかりの”を歌ってください!

おどろくばかりの
   めぐみなりき
このみのけがれを
   しれるわれに。

III. 三番目に、あなた方の死んでいるこころは罪を悟らないままでいるからである。

神の恵みから離されては、あなた方の死んでいるこころは、神の目には、決して罪深い状態の悟りに置かれることはありません。 聖霊のみが、死んだ人のこころをその恐ろしいまでの罪深さに目覚めさせ、それを嫌わせることができるのです。

イエスは、罪に完全に死んだひとを悟らせる、聖霊の断固とした必要性を話されました。 イエスはこう言われました、

“それ[聖霊]がきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開く[悟らせる]であろう”(ヨハネによる福音書第16章8節)。

神があなた方に罪を考えさせるまでは、あなた方はそれについてほとんど考えないでしょう。 神があなた方に罪の自覚を鋭く呼び起こすまでは、あなた方はその内なる痛みをほとんど体験しないでしょう。 あなた方がまだ救われていないのはそれが主なる理由です。 あなた方には、今までに犯した大いなる罪に対する自覚、神の記録に載っている大いなる罪に対する自覚、そして、あなた方を永遠ある裁きに落とす大いなる罪に対する自覚がないのです。 しかし、あなた方にとって、あなた方が犯した罪はそんなに重要には映っていないのです。 神があなた方を罪の悟りに置かれない限り、それは漠然とした真実味のないものなのです。 違います、あなた方は自分自身を罪の悟りに置くことはできません。 神のみがそれをおできになるのです。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書 第3章27節)。

“おどろくばかりの”を歌ってください!

おどろくばかりの
   めぐみなりき
このみのけがれを
   しれるわれに。

IV. 最後に、あなた方の死んでいるこころは自ずとイエス・キリストを拒絶するからである

あなた方は自分自身を救うことはできません、なぜなら、あなた方の死んだこころは、生まれながらにして救い主であるイエスを拒絶するからです。 油と水を混ぜることはできません。 その二つは、自ずと関係しあわないのです。 同じように、あなた方は自分の死んだこころとイエス・キリストを混ぜることはできません。 あなた方が何を言おうと、また何をしようと、あなた方の死んだこころはイエスを受け入れることはできないし、イエスと“混ぜ合わせる”こともできないのです。 彼とは、自ずと離れてしまうし、それは不可能なのです。 

コリント人への第一の手紙第2章14節を開いてください。 起立して一緒にこの節を声を出して読みましょう。

“生れながらの人は、神の御霊の賜物を受けいれない。それは彼には愚かなものだからである。また、御霊によって判断されるべきであるから、彼はそれを理解することができない”
       (コリント人への第一の手紙第2章14節)。

着席してください。

“生れながらの人”とは、生まれたときの状態にいる、あなたのことです。 あなたの中で、神の超自然の働きがない限り、あなたはキリストと真の救いに対して無知のままでいるのです。 神の超自然の働きは、あなたの魂の中で必須なのです。 さもなければ、あなたは決してイエス・キリストご自身には来ないでしょう。 もしあなたは自分自身のままで留まるならば、彼の御血によって罪から清められることは決してないでしょう。 神のみがあなたをイエスに導くことができるのです。 あなたは自分自身ではイエスに来ることはできないのです。 あなたは罪の中に留まり、罪に死ぬのです。 そして、神が介入しあなたを救い主であるイエスに導かない限り、あなたは罪ゆえに永遠に黄泉に下るのです。しょう。

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない”
       (ヨハネによる福音書第3章27節)。

あぁ、神があなた方に慈悲を与えられ、イエスの尊い御血でもって罪から清められるよう、あなた方を彼に引き寄せるために、私たちはどのように祈ればよいのでしょうか! アーメン。 “おどろくばかりの”を歌いなさい!

おどろくばかりの
   めぐみなりき
このみのけがれを
   しれるわれに。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読: ヨハネによる福音書第3章22-30節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Grace! ‘Tis a Charming Sound” (by Philip Doddridge, 1702-1751).

要 綱

神が中国を祝福され、アメリカを裁かれている理由!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

“人は天から与えられなければ、何ものも受けることはできない。”(ヨハネによる福音書第3章27節)

I.   最初に、あなた方を救いから遠ざけようとする悪魔がいるから である。
ルカによる福音書第8章12節。

II.  二番目に、あなた方のすたれた心の堕落が、救われる事からあなた
方を引き離すからである。ヨハネによる福音書第6章44節;
エペソ人への手紙第2章5節。

III. 三番目に、あなた方の死んでいるこころは罪を悟らないままでいるからである。
ヨハネによる福音書第16章8節。

IV. 最後に、あなた方の死んでいるこころは自ずとイエス・キリストを
拒絶するからである。コリント人への第一の手紙第2章14節。