Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

真の試練!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

THE REAL TEST!

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2011年2月13日、主の日の朝の説教

“同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くと、すぐに喜んで受けるが、自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。”(マルコによる福音書第4章16-17節)

スコーフィールド・スタディ・バイブルはこのような注解を載せています。 “選択は・・・恵みによる神の絶対的な行いである、従って人のうち、限定された者が神ご自身の為に選ばれたのである”(The Scofield Study Bible, p. 1311; note on I Peter 1:2)。 これは、選択、をとても公正に表現しています。 イエスは、“あなたがたがわたしを選んだのではない。 わたしがあなたがたを選んだのである”(ヨハネによる福音書第15章16節)と言われました。 更にイエスは、“わたしがあなたがたを・・・選び出したのである”(ヨハネによる福音書第15章19節)とも言われました。

あなた方は、“私は選ばれた一人? キリストによって選ばれているのですか? 神が私をご自身の選ばれた民の一人に選ばれた事がどうしたら分かるのですか?”と疑問に思うかもしれません。 その答えは、三つの共観的な福音書、すなわちマタイによる福音書第13章18-23節、ルカによる福音書第8章11-15節、そしてチャン先生が少し前に読まれた、マルコによる福音書第4章13-20節に記録された、種まきの譬え、によってイエスが述べています。 この譬えは、教会へ来て神の御言の説教を聞いた四種類の人々を描写しています。 

最初に、御言の説教を聞いた人達です。 しかし、“すぐにサタンがきて、彼らの中にまかれた御言を、奪って行くのである”(マルコによる福音書第4章15節)。 これらは、教会へ何度か来た後、来るのを止めてしまった人達です。 説教の言葉は、彼らに何の影響も及ぼさなかったのです。 彼らは教会の建物を出ると、説教の言葉を覚えていません。 これらの人々は回心する事について無関心です。 彼らは選ばれた人達ではありません。 彼らはキリストによって選ばれていないのです。 

二番目の人達は、教会にしばらく通います、そして真のクリスチャンになる事に興味を持っているようにみえます。 彼らは説教を聞き、“すぐに喜んで受け”(マルコによる福音書第4章16節)いれます。 しかし彼らは回心しません。 ですから、彼らは“自分の中に根がないので、しばらく続くだけ”なのです。 そうして、“御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう”(マルコによる福音書第4章17節)のです。 そして“信仰を捨てる”(ルカによる福音書第8章13節)のです。 ですから、彼らは、“(教会に)しばらく続くだけ”(マルコによる福音書第4章17節)なのです。 これらの人々は選ばれた人達ではありません。 彼らもまた、キリストに選ばれていないのです。 

三番目の人達は、長い間教会に来て説教を聞き、クリスチャンのようにみえます。 しかし後に、“世の心づかいと、富の惑わしと、その他いろいろな欲とがはいってきて、御言をふさぐので、実を結ばなくなる”(マルコによる福音書第4章19節)のです。 マックギー博士はこのように書いています、

非常に多くの人達が、この世の心づかいによって神の御言をふさがせているのを見かける・・・彼らは全く信者ではない!彼らは御言を聞き、それを受け入れたと称しているだけである(J. Vernon McGee, Th.D., Thru the Bible, Thomas Nelson Publishers, 1983, volume IV, p. 73; note on Matthew 13:22)。  

これらの人々は、キリストと教会にうわべだけの約束をしたけれども、生活上の問題と金銭的な欲望が“御言をふさぎ”、マックギー博士が述べたように、“全く信者では無い!”(マックギー、同著)のです。 それらはしばしば教会で育った若者達も含んでいます。 彼らは、両親と共にいる間は教会に来続けます、しかし、彼らは仕事を持ち始めると真の回心を体験していなかったので教会を去って行きます。 彼らもまた選ばれた人達ではありません。 彼らはキリストによって選ばれていないのです。

四番目の人達は選ばれた人達です。 彼らは、キリストによって救いへと選ばれた唯一の人達です。  神の明らかな恵みによって、彼らは“御言を聞いて受けいれ、・・・実を結ぶのである”(マルコによる福音書第4章20節)。 これらの人達のみが、選ばれた人達なのです。 これらの人達のみがキリストによって選ばれているのです。 これらの人達のみが、真の体験をするのです。 キリストは、“招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない”(マタイによる福音書第22章14節)と言われました。 

あなた方は、“私は選ばれているのか? 私はキリストによって選ばれたのであろうか? どのように神が、私を彼の選ばれた民の一人として選ばれていると言えるであろうか?”と尋ねるかもしれません。 それらは教会に来て間もない人達です。 あなた方は日曜日の朝と晩の集会、そして土曜日の晩の伝道に何週間か来ています。 あなた方は回心するでしょうか? あなた方は神の選ばれた民でしょうか? 真の試練について考えてみましょう。 真の試練は、あなた方が学んだようなもの、もしくはあなた方が質問に答えられる応答のようなものではありません。 真の試練は、マルコによる福音書第4章16-17節に挙げられています。 立って16節と17節の“御言をきくと”から読み上げて下さい。

“同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くと、すぐに喜んで受けるが、自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう”(マルコによる福音書第4章16-17節)。

着席してください。 

レンスキ博士(Dr. R. C. H. Lenski)は、これらの聞き人達は、“見せかけの約束をする”と言いました。 彼らが福音の説教を聞いた時、“彼らは喜んだ―それは彼らが待ち受けていた事”。 けれども彼らは、“失望したこと”を分かった。 彼らには、“根がない”。 彼らはキリストに根づいていないので、回心していない人達のです。 “それゆえに、彼らは、一時的もしくは、つかの間・・・であり”、“しばらく続くだけである”(マルコによる福音書第4章17節)(cf. R. C. H. Lenski, Th.D., The Interpretation of St. Mark’s Gospel, Augsburg Publishing House, 1964 printing, p. 173; note on Mark 4:16)。

選ばれていない人達には、教会に新しく来る人達にしばしば見かけるような四つの特徴があります。 

I. 最初に、彼らは福音を聞いて喜ぶ。

“御言を聞くと、すぐに喜んで受ける”
(マルコによる福音書第4章16節)。

これらは、教会に来て、皆と友達になるような人達です。 彼らは皆といるのを好みます。 彼らは説教や賛美歌などを好みます。 彼らは喜んでこの教会に来ます。 彼らは礼拝の後で私達と食事を共にするのを好みます。 ケイガン先生や私がカウンセリング・ルームで彼らと話をする時、彼らは正当な言葉で応答できます。 彼らはイエスに従った群衆のようです、なぜなら彼らは“パンを食べて満腹したからである”(ヨハネによる福音書第6章26節)。

II. 二番目に、彼らには根がない。

最初から何かが誤っています。 彼らには“根かない”(マルコによる福音書第4章17節)のです。 彼らが福音を聞く時、それは彼らを喜ばせますが、それは彼ら心中に根づけられていません。 ギル博士は、“心中の働きが無い、[理論的アイディア]と瞬間的[感情]のみである;彼らの内には何の恵みによる根がない”(John Gill, D.D., An Exposition of the New Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 reprint, volume I, p. 400; note on Mark 4:17)と語っています。 これらの人々は、“[キリストに]根ざし、彼にあって建てられ”(コロサイ人への手紙第2章7節)ていないのです。

ギル博士は、“彼には根がなく、またキリストに根づいていない”(同著、p. 147; note on Matthew 13:21)と言いました。 言葉を変えれば、このような人は、イエスに来ていなくて回心していません。 彼は教会の新しい友達といるのを好みます。 彼は賛美歌を歌うのを好み、礼拝の後に用意された食事を好みます。 彼は更に、牧師や彼の説教をも好みます。

しかし、彼は罪の意識を感じた事がありません。 彼は自分の罪が彼にとって耐えられない重荷のように感じた事がありません。 彼はクリスチャンとしての生活を続けていく為の、自分自身の能力に大変自信を持っています。 なぜなら彼には、彼が全く無力であり、完全に自分を助ける事すら出来ない、また言う事も出来ない事を理解するほど、砕けた心が無いからです。

彼には単にうわべだけの“喜び”はあります。 彼は自分の罪の意識を全く感じた事がありません。 彼は神聖なる、さばかれる神の御前に、自分の罪によって心が少しも乱された事が無いのです。 “彼らの目の前には、神に対する恐れがない”(ローマ人への手紙第3章 18節)のです。 それゆえ、彼らはイエスの必要性を感じた事が全く無く、彼らは御言を学びますが、次の聖句の語ることを感じ取っていないのです、

“わざわいなるかな、わたしは滅びるばかりだ”
       (イザヤ書 第6章5節)。

彼らは、イエスに来なければならない、さもなければ滅びてしまう、と感じた事が全くありません。 ですから彼らには、キリストによる“根がない”のです。 彼らは、回心していない、教会に満足している出席者なのです。 彼らは選ばれていません。 神は彼らを選ばれていないのです。 

III. 三番目に、彼らはしばらく続くだけである。

“同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くと、すぐに喜んで受けるが、自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう”(マルコによる福音書第4章17節)。

ギル博士は、“彼らは、しばらくの間、福音に耳を傾け学ぶことを続ける”と言いました(同著、p. 400)。 ときには、彼らは洗礼を受けるほど長く教会に留まることもあります。 しかし、彼らには“根がない”ので、そのまま長くは教会には留まりません。 彼らは、間違いなく、生涯にわたり彼らの教会の会員として留まることはないのです! 彼らは、ついにはスポルジョンがいう“渡り鳥”になるのです。 彼らは、ローカルの教会で“しばらく続くだけ”なのです。 ギリシャ語の“続く”と訳された言葉は、“留まる”の意味です(ストロング)。 彼らはしばらくの間教会に留まるだけです。 なぜでしょうか? なぜなら、彼らは決して回心をしていないからです。 彼らは、選ばれた者たちの中にはいないのです。 彼らは救われることがないのです。

“彼らはわたしたちから出て行った。 しかし、彼らはわたしたちに属する者ではなかったのである。 もし属する者であったなら、わたしたちと一緒にとどまっていたであろう・・”
       (ヨハネの第一の手紙第2章19節)。

ヨハネの第一の手紙第2章19節について、マックギー博士は、このようにコメントしています、

[ある人が回心している]か、いないかを知る方法は、結局のところ、その人が神の子でないならば、[教会]を去るのである・・・(J. Vernon McGee, Th.D., Thru the Bible, Thomas Nelson Publishers, 1983, volume V, p. 777; note on I John 2:19)。

彼らは選ばれた人達ではないのです。 神は彼らを選ばれなかったのです。 彼らは救われないのです。

IV. 最後に、クリスチャンとして生きて行く上で常に起こる試練を受けるとき、彼らはすぐにつまずいて教会から去る。

“[彼らは]・・・自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう”(マルコによる福音書第4章17節)。

“困難”や“迫害”は非常に大きなものである必要はありません。 ギル博士は、“些細な問題が起こるやいなや・・・福音の故・・・そのような聞き人たちは、つまずき・・・そして、失うことに耐えられず、あるいは、我慢できず・・・それゆえ彼らは自らの信仰告白を「捨てる」”(同著)と言いました。

昨日、私が通っているジムにくる人がこう言いました、彼は1972年に、牧師が気に入らないことを言ったので、教会を出て行ったとのこと。 それを考えてみなさい! 彼は、牧師が彼に忠告をしたために、39年間教会へ行っていないのです! もし私がそのように過敏であったならば、若い牧師として属していた教会を出て行くために、多くの理由を探すことができたでしょう! 教会の集会の最中、叔父さんが夕食に招待したので教会を去って行った人を私は知っています。 彼は、他の晩にそれを変えることが簡単にできたでしょうが、教会を去っていきました。 他の人はこう言いました、自分は北カリフォルニア州に住む伯母に会いに行き、そこで子供達にピアノのレッスンをしなければなりません、と。 他の人がその人に代わり教えることができたのにです! 彼は、教会を去る、納得させる理由が無かったにもかかわらず、教会を出て行きました。 ある中国人の少女は、取る必要のないクラスを余分に取りたいがために教会を去っていきました!

いいですか、ギル博士は、“些細な問題が起こるやいなや・・・福音の故・・・そのような聞き人たちは、つまずき・・・そして、失うことに耐えられず、あるいは、我慢できず・・・それゆえ彼らは自らの信仰告白を「捨てる」”(同著)と言いました。 それが真の試練です!  それは、聖書から学ぶものではありません。 それは、説教後のカウンセリング・ルームであなた方が語る言葉ではないのです。 これは、あなた方が選ばれた者たちの一人なのかどうかの真の試練なのです、すなわち、たとえ何が起ころうとも、あなた方は教会に来続けることができるかどうかなのです? “この世のために、困難や迫害が起こるとき”、あなた方は教会に来続けることができますか? ジョン・ニュートンが語っていることを、あなた方も言えますか?

危険をも わなをも
   さけえたるは
めぐみのみわざと
   い(ゆ)うほかなし
(『おどろくばかりの』“Amazing Grace”
    by John Newton, 1725-1807, third stanza).

神があなた方を罪の悟りに置かれますことを祈ります。 “些細な問題”(ギル、同著)が、あなた方が教会に来ることを、回心することを、そしてローカルの教会でクリスチャン人生を送り続けることを妨げこどがないようにしなさい。 キリストは、あなた方を罪の罰から救われるために、あなた方に代わり十字架で死なれました。 彼は、あなた方に新生と回心を与えるために死からよみがえりました。 イエスに来なさい、そして何が起ころうとも、罪の生活に戻ってはいけません。 それが、あなた方が選ばれた者たちの一人かどうかの真の試練なのです! それが、御子である主イエス・キリストによって、罪からあなた方を救われるよう、神があなた方を選ばれたかどうかの真の試練なのです!

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here)
or you may write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015.
Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読:マルコによる福音書第4章13-20節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Amazing Grace” (by John Newton, 1725-1807).

要 綱

真の試練!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

“同じように、石地にまかれたものとは、こういう人たちのことである。御言を聞くと、すぐに喜んで受けるが、自分の中に根がないので、しばらく続くだけである。そののち、御言のために困難や迫害が起ってくると、すぐつまずいてしまう。”(マルコによる福音書第4章16-17節)

(ヨハネによる福音書第15章16、19節;
マルコによる福音書第4章15、16、17節;ルカによる福音書第8章13節;
マルコによる福音書第4章19、20節; マタイによる福音書第22章14節)

I. 最初に、彼らは福音を聞いて喜ぶ。 マルコによる福音書第4章16節;節;
ヨハネによる福音書第6章26節。

II. 二番目に、彼らには根がない。 マルコによる福音書第4章17甲節;
コロサイ人への手紙第2章7節; ローマ人への手紙第3章18節;
イザヤ書第6篇5節。

III. 三番目に、彼らはしばらく続くだけである。
マルコによる福音書第4章17乙節; ヨハネの第一の手紙第2章19節。

IV. 最後に、クリスチャンとして生きて行く上 で常に起こる試練を受けるとき、
彼らはすぐにつまずいて教会から去る。マルコによる福音書第4章17丙節。