Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

異端なる文明社会から、
キリスト、そして教会へ逃れよ!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

ESCAPE FROM A PAGAN CULTURE −
INTO CHRIST AND THE CHURCH!

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2011年1月9日、主の日の朝の説教

“そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない。彼らの知力は暗くなり、その内なる無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ、自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして、放縦に身をゆだねている。しかしあなたがたは、そのようにキリストに学んだのではなかった”(エペソ人への手紙第4章17-20節)。

この聖句を開いておいてください。 あなた方の中には、“なぜこれらのクリスチャン達は私を教会に招待したのだろうか? 彼らは何を私に伝えたいのだろうか? 何を私に信じるよう願っているのだろうか?”と思っているかもしれません。 私達は言葉を控える事はしません。 また、あなた方から真実を隠す事もしません。 私は“異端なる文明社会から、キリスト、そして教会へ逃れよ!”について話します。 

私達は今朝、この世は没落しているとあなた方に伝えます。 それは人間の神に対する邪悪な反抗によって没落しているのです。 また、私達の都市、世界中の多くの人々の思いにおける不正、悪魔とサタンによる反抗的交錯によって没落しているのです。 そして私達はあなた方に、この都市の没落と邪悪な生活から抜け出るように呼びかけているのです。 そしてあなた方が、罪によって没落したこの俗世間を去り、このローカルの新約聖書に従ったバプテスト教会へ来るよう呼びかけているのです。 私達はあなた方にこの教会へ通い、毎週集会に出席するよう呼びかけているのです。

なぜ私達はそのようにするのでしょうか? なぜなら、神があなた方にそのように伝える事を望んでいるからです。 あなた方が誰であってもキリストを通してよりよい生き方を見い出す事が出来るのです! あなた方の中にはバプテスト教会の集会に出席した事が今まで一度も無かったかもしれません。 ある人達はローマ・カトリック教徒の家庭で育だち、ある人達は仏教徒の家庭で育ったかもしれません。 様々な宗教の境遇で育ったあなた方に、アメリカが堕落してきた事を私は弁解の余地なく伝えます。 アメリカは激しい裁きへと、そして経済的な災難へと陥る直前にあります。 この邪悪な文明社会に、神によって裁きが下されているのです。 

古きよき時代の家庭などは、過去のものとなりました。 急速な割合で両親は別居し、また離婚しています。 多くの若者達は破壊された家庭によって孤独を感じています。 離婚していない家庭で育っていても、あなた方の多くは非常に孤独を感じています。  あなた方は非常に孤独を感じ、どうしてよいか分からないでいます。 そのような感情は、今日若者達の間で通常となっています。 あなた方は人生とはいったい何であろうか、と感じているでしょう。 多くの若者達は、“自分はいったい何者で、自分はなぜこの世に生きているのか、何の為に生きているのか、そして、この先はどこに続くのか?”と考えています。 私はこの下り坂の、堕落していくアメリカの文明社会で、何の希望も持ち得ない多くの若者達に出会っています。

しかし、そこにキリスト、そして教会が必要とされるのです! 神は私達に、暗闇、困惑、そして罪から抜け出す為に聖書の御言葉を下さいました。 神は、あなた方に友達を得るように導き、あなた方が罪による心の中の苦しみを乗り越えることを助ける為に教会を用意してくれました。 あなた方の罪が神の記録書から除かれる為に、神は御自分の御子、主イエス・キリストを送られ、イエスは十字架で死に、そして死からよみがえられました。

私が読んだ聖書からの御言葉、エペソ人への手紙第4章17-20節は、あなた方が体験し、この世が陥った窮地から抜け出す為に神が呼びかけている、四つの主要な事を取り上げています。 それらは非常に単純明快な事です。 それらに気をつけて注目してください。

I. 最初に、神はあなた方を新たな生き方へと呼びかけています。

使徒パウロは、エペソの町の若いクリスチャン達や他の人達にこのように言いました。 パウロが彼らに言った事は、今日あなた方にも適用します。 立ってエペソ人への手紙第4章17節を声を出して読んで下さい。

“そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない”
       (エペソ人への手紙第4章17節)。

着席して下さい。

神はあなた方に、ロスアンゼルスに住む多くの人々のように生活してはならないと告げています。 神は、このような不信者達の住む都市で、クリスチャンではない人達のように“歩き”そして生活してはならないと語っているのです。 神は、キリストを通してこのローカルの教会において、新たな生き方を体験するよう呼びかけているのです! 神は、数多くの御言葉を通して伝えています、なぜ不信者の、望みの無い生活を続けるのか? 教会の家へ来なさい! 神が、キリストを通してあなた方に賜った偉大なる愛を知ることなしに、不信の状態でいるのですか? 家庭的な教会へと、あなた方を非常に愛し、あなた方の罪の償いをする為に十字架で死なれ、神へあなた方を至らせてくださるキリストへ、そして教会へ来なさい! 立って、“教会のひとつの基(The Church's One Foundation)”を歌って下さい。

教会のひとつの基は、主イエス・キリスト
   水とみ言葉で新たに創造され、
贖いのために流された御血でもって、
   天より、聖なる花嫁を娶るため来臨す。
(“The Church's One Foundation” by Samuel J. Stone, 1839-1900).

II. 次に、神はキリストを通して新たな結びつきをあなた方に呼びかけています。

17節の終わりの部分と18節に注目して下さい。 立ってそれを声を出して読んで下さい。

“そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない。彼らの知力は暗くなり、その内なる 無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ” (エペソ人への手紙第4章18節)。

着席して下さい。

使徒パウロは、私達は神との新たな結びつきを要求されていると言っています。 異邦人は、“むなしい心で”歩み、生きていました。 ギル博士(Dr. Gill)は、“この表現は心のむなしさ、生まれつきもつ、神の知識への恐れと恵み;そしてイエス・キリストについて、キリストへの認識、キリストへの信仰、キリストへの愛に欠けていることの表示である”と書いています(John Gill, D.D., An Exposition of the New Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 reprint, volume III, p. 92)。

“彼らの知力は暗くなり”。 不信者達の霊的な知力は、“非常に暗く、無知である”(同著)とギル博士は言っています。 不信者のそのような神への無知は、何が原因なのでしょうか? マチュー・ヘンリーは、“彼らの心の盲目、もしくは硬化による。 それは御自分の働きによって彼らに御自分を現されなかったのではなく・・・彼らがそのように(願う)ので、彼らは無知に[留まるの]である。 彼らの無知は彼らの心の強情と硬化、光に対する彼らの抵抗とすべての解明、知識の手段を拒絶する事、によって起こるのである”(Matthew Henry’s Commentary on the Whole Bible, Hendrickson Publishers, 1996 reprint, volume 6, pp. 568-569)。

この聖句は、普遍的な人間の心の盲目さを表しています。 キリストのみがあなた方の盲目なる心を開く事が出来るのです。 キリストのみがあなた方を神へと引き寄せる事が出来るのです。 ですからキリストへ来なさい。 キリストは使徒パウロのような説教者達を、福音を宣べ伝える為に送られたのです。

“それは、彼らの目を開き、彼らをやみから光へ、悪魔の支配から神のみもとへ帰らせ、また、彼らが罪のゆるしを得、わたしを信じる信仰によって、聖別された人々に加わるためである”
       (使徒行伝第26章18節)。

神はキリスト・イエスを通し、彼との新たな結びつきを呼びかけているのです。 ですから、使徒パウロはこのように言いました、

“キリスト・イエスにあって、キリストの血によって近いものとなったのである”(エペソ人への手紙第2章13節)。

あなた方が信仰を通してキリストに来る時、

“そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである”
       (エペソ人への手紙第2章19節)。

あなた方の心の盲目をキリストによって啓蒙される事は、何とすばらしい事でしょうか! 十字架でのキリストの死によって神と和解される事は、何と驚くべき事でしょうか! あなた方の為に流されたキリストの御血によって罪を清めてくださる事は、何とすばらしい事でしょうか! キリストの教会の一部になる事は、何とすばらしい事でしょうか!

教会のひとつの基は、主イエス・キリスト
   水とみ言葉で新たに創造され、
贖いのために流された御血でもって、
   天より、聖なる花嫁を娶るため来臨す。

III. 三番目に、神は罪からキリストへと呼びかけています。 

立ったままで18節から20節を声を出して読んで下さい。

“彼らの知力は暗くなり、その内なる無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ、自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして、放縦に身をゆだねている。しかしあなたがたは、そのようにキリストに学んだのではなかった”
       (エペソ人への手紙第4章18-20節)。

着席してください。 

神はあなた方に、アメリカの罪によって盲目にされた文明社会からあなた方が抜け出し、信仰でもって神の一人子であるイエス・キリストに来るよう呼びかけいるのです。 神は言います、

“だから、「彼らの間から出て行き、彼らと分離せよ・・・そしてわたしは、あなたがたの父となり、あなたがたは、わたしのむすこ、むすめとなるであろう。全能の主が、こう言われる」”
       (コリント人への第二の手紙第6章17-18節)。

そして、主イエス・キリストは言われました、

“わたしのもとにきなさい・・・そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう”(マタイによる福音書第11章28-29節)。

キリストはあなた方の全ての罪を償われる為に十字架で死なれました。 彼の御血は、あなた方の全ての罪を清めます、そしてあなた方は、父なる神と和解されるのです。 キリストに来なさい! 彼は死からよみがえられました! キリストは現在生きており天の神の右の座にいます。 キリストに来て、彼により拠り頼みなさい、そうしてあなた方は救われるでしょう!立ってその讃美歌をもう一度歌って下さい!

教会のひとつの基は、主イエス・キリスト
   水とみ言葉で新たに創造され、
贖いのために流された御血でもって、
   天より、聖なる花嫁を娶るため来臨す。

着席して下さい。 

IV. 最後に、神はローカルの教会に参加するよう呼びかけています。

テキストの最後に、

“しかしあなたがたは、そのようにキリストに学んだのではなかった”(エペソ人への手紙第4章18-20節)。

使徒パウロは、これらの人々はキリストの話を聞き、クリスチャンの生活について話された、と言っていました。 彼らはどこでキリストの話を聞いたのでしょうか? 彼らは新約聖書のローカルの教会でそれを聞いたのです。   いいですか、キリストと使徒達が教会を築いたのです、教会以外のものはありません。 キリストは言いました、“わたしは・・・わたしの教会を建てよう”(マタイによる福音書第16章18節)。 そのことを彼は正にしたのです。 彼は最初の教会をエルサレムに建てました。 その後、キリストの使徒達がローマ、コリント、エペソ、ピリピ、コロサイ、そして他の町に教会を建てたのです。

異端者の人達がキリストの福音を聞き、回心したのはこれらのローカルの教会でした。 彼らがクリスチャンとして成長するために訓練を受けたのは、これらの教会でした。

“そこで、彼の勧めの言葉を受けいれた者たちは、バプテスマを受けた・・・そして一同はひたすら、使徒たちの教を守り、信徒の交わりをなし、共にパンをさき、祈をしていた”(使徒行伝第2章41-42節)。

当時はそのように行われました、そして、今日もそのように行われるべきなのです。 立ってその讃美歌を再び歌ってください!

教会のひとつの基は、主イエス・キリスト
   水とみ言葉で新たに創造され、
贖いのために流された御血でもって、
   天より、聖なる花嫁を娶るため来臨す。
(“The Church's One Foundation” by Samuel J. Stone, 1839-1900).

それがために、私達はあなた方がこのローカル教会へ来ることを勇気付けているのです。 真剣に説教を聞きなさい。 土曜日の夜の集会に来なさい、そして日曜日の朝と晩の集会にもです。 毎週来なさい。 それが、真の回心への道です、そして新約聖書のキリスト教への道なのです。 あなた方がそうするよう、神の恵みがありますように。 アーメン。

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here)
or you may write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015.
Or phone him at (818)352-0452.

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読:使徒行伝第2章42-47節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“I Love Thy Kingdom, Lord" (by Timothy Dwight, 1752-1817).

要 綱

異端なる文明社会から、
キリスト、そして教会へ逃れよ!

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

“そこで、わたしは主にあっておごそかに勧める。あなたがたは今後、異邦人がむなしい心で歩いているように歩いてはならない。彼らの知力は暗くなり、その内なる無知と心の硬化とにより、神のいのちから遠く離れ、自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして、放縦に身をゆだねている。しかしあなたがたは、そのようにキリストに学んだのではなかった”(エペソ人への手紙第4章17-20節)。

I.   最初に、神はあなた方を新たな生き方へと呼びかけています。
エペソ人への手紙第4章17節。

II.  次に、神はキリストを通して新たな結びつきをあなた方に
呼びかけています。 エペソ人への手紙第4章18節;
使徒行伝第26章18節; エペソ人への手紙第2章13, 19節。

III. 三番目に、神は罪からキリストへと呼びかけています。
エペソ人への手紙第4章18-20節;
コリント人への第二の手紙第6章17-18節;
マタイによる福音書第11章28-29節。

IV. 最後に、神はローカルの教会に参加するよう呼びかけています。
エペソ人への手紙第4章20節;マタイによる福音書第16章18節;
使徒行伝第2章41-42節。