Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

イエスが死からよみがえられた理由

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

WHY JESUS ROSE FROM THE DEAD
by Dr. R. L. Hymers, Jr.

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2010年7月11日、主の日の朝の説教

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

仏の墓には、彼の死骸が置かれています。 マホメッドの墓には、彼の死骸が置かれています。 イエスの墓には、死骸はありません。 偉大な神学者ワーフィールド(B. B. Warfield)は、このように言っています、

キリストは故意に御自分の全ての主張を・・・彼の復活に置かれた。しるしを要求された時に、御自分の唯一の、そして適切な証明事として、キリストはこのしるし[御自分の死からの復活]を指摘された(The New Encyclopedia of Christian Quotations, Baker, 2000, p. 865)。

イギリスの福音主義派のC. S. ルイスは、イエスの復活を“地上の歴史における中心的な出来事”と呼んでいます。 ですから、今朝私が話すこの主題以上に偉大なものは考えられません。

先程、グリフィス氏が歌った、古い賛美歌“The Strife Is O’er”は、キリストの復活の記述を美しくそして意味深く語っています。 

三日の悲しい日々は素早く過ぎた;
   彼は栄光の中、死から復活する:
全ての栄光は、我等の復活された首長へ。 ハレルヤ!

彼は、大きく開いている地獄の扉を閉められた;
   天上の正門の柵は崩れ落ちる:
彼の凱旋を高らかに賛美せよ。 ハレルヤ!

主よ、汝の受けられた傷でもって、
   汝の僕たちは、ぞっとする死の恐怖から解き放たれ、
我らは生き、汝に歌う、ハレルヤ!
   ハレルヤ! ハレルヤ! ハレルヤ!
(Translated by Francis Pott, 1832-1909).

キリストの復活なくして、キリスト教はありえません。 なぜなら、キリスト教はイエス・キリストの復活によって、成り立ち、もしくは転倒するからです。 キリストの復活が、真実のキリスト教を、全ての世界における、人によって作り上げられた宗教とは異ならせ、そして特有なものとするからです。 今朝以下の二つの理由によって、キリストの復活を話す事がふさわしいものとされます。

1.  最初に、キリストの死からの復活は、私達に望みを与えるからである。

2.  次に、キリストの死からの復活は、全ての時代を区別する。 中国のクリスチャンの著者、ウォッチマン・ニー(Watchman Nee)が、“我々の古い歴史は十字架で終わり、新たな歴史は復活によって始まる”と述べたように(The New Encyclopedia of Christian Quotations, 同著)。


今朝、私は、“イエスが死からよみがえられた理由”について話します。 私は、救い主の復活からあなた方が得られるすばらしい特権の五つを重点的に話します。

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

そして神は、特にこれらの五つの事をあなた方にもたらす為に、イエスを死からよみがえさせられました。

I. 最初に、神はあなた方に悔い改めをもたらす為に、イエスを死からよみがえらせた。

中世のカトリック主義、プロテスタント内の教えを通し、またチャールズ・フィニー(Charles G. Finney)の教えを通し、今日多くの人々は、悔い改めを、何かあなた方がする事であるかのように考えています。 しかし聖書では明白に、悔い改めは神により、よみがえられたキリストを通して与えられた賜物であると語っています、

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ、そして、イスラエルを悔い改めさせてこれに罪のゆるしを与えるために、このイエスを導き手とし救主として、ご自身の右に上げられたのである”(使徒行伝第5章30-31節)。

ですから悔い改めは、よみがえられたキリストによって、あなた方に与えられたものなのです。 

“悔い改め”と言う言葉は、“心を変える(変心)”と言う意味です。 よみがえられたキリストがあなた方に変心を下さる時に、あなた方の全ての生活の変換が結果として生じます。 聖書はこのように言っています、

“神がまずあなたがたのために、その僕を立てて、おつかわしになったのは、あなたがたひとりびとりを、悪から立ちかえらせて、祝福にあずからせるためなのである」”(使徒行伝第3章26節)。

回心の行為においては、よみがえられたキリストはあなた方の心を変えてくださいます。 それは“あなた・・・を悪[あなたの罪]から立ちかえらせて”くださいます。 真の悔い改めは、生きたキリストからのあなたへの賜物として生じます。 キリストはあなた方が邪悪な生活をおくっている事を示して下さいます。 キリストは、あなた方の心が神に反抗している事をあなた方に示して下さいます。 そうして、キリストはあなた方が神に反抗するのではなく、神を愛するように、心を変えて下さるのです。 それが、キリストがあなたに悔い改める心を与えられる時に生じる心、そして思いの変換なのです。

“あなたがたひとりびとりを、悪から立ちかえらせて、祝福にあずからせるためなのである”(使徒行伝第3章26節)。

あなた方が回心する前に、悔い改めは単に幾つかの罪を妥協し、教会へ通う事だけである、とあなた方は思っています。 しかしあなた方が回心する時 よみがえられたキリストが、あなた方に正に新たな“変心”を下さるでしょう。 あなた方は以前好んでいた罪を嫌悪するでしょう、そしてあなた方が過去に反抗していた神を愛する様になるでしょう。 

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ、そして、イスラエルを悔い改めさせてこれに罪のゆるしを与えるために、このイエスを導き手とし救主として、ご自身の右に上げられたのである”(使徒行伝第5章30-31節)。

II. 次に、神は、あなた方に新たな命を与える為に、イエスを死からよみがえらせた。

偉大な宗教改革者、ジョン・カルバン(John Calvin)は、このように書いています。

キリストの死によって、我々に完全なる救いがあるけれども、 我々はそれによって神と和解させられ、キリストの死によるのではなく、キリストの復活によって我々は、生きる望みに向かって生まれさせられる[ペテロの第一の手紙第1章3節]と言われている(The New Encyclopedia of Christian Quotations, ibid., p. 864)。 

ペテロの第一の手紙第 1章 3節を注意して聞き入れてください、

“ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神は、その豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより、わたしたちを新たに生れさせて生ける望みをいだかせ”(ペテロの第一の手紙第1章3節)。

私達はこの聖句を現代の英語でこのように翻訳できると思います、“[神は]イエス・キリストを死人の中からよみがえらせて・・・私達を生まれさせた”と。 神はキリストのよみがえりによって“私達を生まれさせ”、もしくは“新たに生まれさせ”られました。

もしあなた方が回心したいのであれば、あなた方は新たに生まれなければなりません。 それはあなた方自身が成すべき事ではありません。 新生はキリストの復活を通して神があなたの内になさる事なのです。 神があなた方に新たな命を、よみがえられたキリストによって下さらない限り、あなた方は不信者の状態に留まるでしょう。 なぜならあなた方自身を“新たに生まれ”たクリスチャンとさせる事は出来ないからです。 神のみが、“イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それにより”あなた方に新生をもたらす事が出来るのです。

エペソ人への手紙の中で、私達はこのような明白な言葉を知る事が出来ます。

“罪過によって死んでいたわたしたちを、キリストと共に生かし―あなたがたの救われたのは、恵みによるのである―キリスト・イエスにあって、共によみがえらせ、共に天上で座につかせて下さったのである”(エペソ人への手紙 第2章5-6節)。

全てのあなた方にもたらされる新生なる行いは神によるのです。 神はあなた方を“キリストと共に”生かして下さるのです。 キリストの復活は、あなた方の活気の無い信仰から、新たな命と共に、生きた、そして真実の神に仕える為に、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、それによって、あなた方に霊的な復活をもたらすのです。 

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエス”(使徒行伝第5章30-31節)。

III. 三番目に、神は、あなた方に義を下す為に、イエスを死からよみがえらせた。

聖書では、キリストは、

“わたしたちの罪過のために死に渡され、わたしたちが義とされるために、よみがえらされたのである” (ローマ人への手紙第4章25節)。

ローマ人への手紙の少し後半に、“今は義とされているのだから、なおさら、彼によって神の怒りから救われるであろう”(ローマ人への手紙第5章9節)とあります。 ですから、歴史的に言うと、義認は十字架でのキリストの血の贖いによってもたらされるのです。 義の認識は、あなた方がイエスを信じる時に、神があなた方がまったく罪を犯した事が無いように、見なされると言う事です。 神はあなた方を義と認められ、十字架でのイエスの死と御血によって、あなた方がまったく罪を犯した事の無いようにみなされるのです。

現実的に話せば、この義の認識は、キリストの復活を通して今日あなた方にも有効とされるのです。

聖書はこのように書いています。

“主は、わたしたちの罪過のために死に渡され、わたしたちが義とされるために、よみがえらされたのである”
       (ローマ人への手紙第4章25節)。

十字架でキリストによって贖われた義の認識は、よみがえられたキリストへの信仰を通して、あなた方に現実となるのです。

“このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている”
       (ローマ人への手紙第5章1節)。

これは何を意味しているのでしょうか? それは、死んだキリストを信じる事によってはあなた方は義とされない、と言う事です。 あなた方がよみがえられたキリストを信じる時、キリストの死と御血が、あなた方を神の御前に義とし罪の無いものとするのです。 

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

IV. 四番目に、神は、天国にある幕屋に、イエスご自身の血をもっていかれる為に、イエスを死からよみがえらせた。

へブル人への手紙の中で、イエス・キリストが、人々の罪贖うために幕屋の最も神聖なる場所へ血を捧げる、旧約聖書の大祭司の役目を成就することが、明白に描かれています。 聖書はこのように語っています、

“幕屋の奥には大祭司が年に一度だけはいるのであり、しかも自分自身と民とのあやまちのためにささげる血をたずさえないで行くことはない”(ヘブル人への手紙第9章7節)。

そうして、同じ章の後に、このように書かれています、

“しかしキリストがすでに現れた祝福の大祭司としてこられたとき、手で造られず、この世界に属さない、さらに大きく、完全な幕屋をとおり、かつ、やぎと子牛との血によらず、ご自身の血によって、一度だけ聖所にはいられ、それによって永遠のあがないを全うされたのである”(ヘブル人への手紙第9章11-12節)。

よく知られた注解書 『Thru the Bible』の中で、マクギー博士(Dr. J. Vernon McGee)は明白に、キリストはご自身の御血を天国の最も神聖な場所へ携え、そこにある慈悲の椅子の上に振りかけられる、と説明しています。 ペテロの第一の手紙第1章18-19節によれば、その御血はあなた方のために朽ちることなく、そこに保存されているのです。

神は、天国にある幕屋の最も神聖なる場所に、イエスご自身の朽ちない御血を携えていかれる為に、イエスを死からよみがえらせ、そこでは、あなた方の罪を洗い流すに、今正に保存されているのです。

私達が、“あなたは御血で清められましたか、魂を清める小羊の御血でもって”と歌う時、私達は、十字架の周りで土に流され永久に消えた血を歌っているのではありません。 私達は、神が、主権の御力で天国に上げられたキリストの御血を歌っているのです。 イエスは、死からよみがえられた時、ご自身と一緒に御血を携えて天国へ戻られたのです。 そうして、キリストはその御血を天国の最も神聖な場所に置かれたのです。 あなた方の罪を洗い流すために、その御血は今正にそこにあるのです! あなたは小羊の御血で洗い清められましたか? あなたの罪はゆるされ、雪のように白くなりましたか? あなたは小羊の御血で洗い清められましたか? 神は、御血を天国へ携えるためにキリストをよみがえさらせました。 そのため、あなた方の罪はその御血でもって洗い清められるのです。

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

V. しかし、最後に、神は、天国であなた方の大祭司になる為に、イエスを死からよみがえらせた。

聖書はこう語ります、

“神は唯一であり、神と人との間の仲保者もただひとりであって、それは人なるキリスト・イエスである”(テモテへの第一の手紙第2章5節)。

私達に、神と私達の仲介を成す“祭司”と自分自身を呼ぶ聖職者はいりません。 全てのバプテスト信者には、天国の神の右座にいられる祭司―すなわちイエス・キリストがいます。 イエスは私達の祭司です―そして、聖書によれば、彼のみが、私達と神との間の、私達が必要とする仲保者なのです。

ローマ人への手紙第8章にこう書かれています、

“キリスト・イエスは、死んで、否、よみがえって、神の右に座し、また、わたしたちのためにとりなして下さるのである”
       (ローマ人への手紙第8章34節)。

この句節は私達に、神はイエスを死からよみがえらせ、私達のために祈りをさせる為に、彼を天国へ戻されたと語っています。 あなた方は今朝ここにいます、なぜなら、復活されたキリストがあなた方の為に祈られているからだ、と私は信じます。 あなた方が回心する時、それは、復活されたキリストがあなた方の為に祈られたからです。 そして、彼はあなた方の人生を通しあなた方の為に継続して祈られているのです。 聖書はこう語られています。

“もし、わたしたちが敵であった時でさえ、御子の死によって神との和解を受けたとすれば、和解を受けている今は、なおさら、彼のいのちによって救われるであろう”(ローマ人への手紙第5章10節)。

よいですか、“彼のいのちによって”あなた方を救う方は、復活されたキリストなのです。 私達は死んだキリストを拝むことはありません。 彼は生きています―上なる天国で、神の右座で生きています。 そして、彼は生きているので、もしあなた方が彼に拠り頼むのであれば、あなた方を救うことができます。 “我らは喜びにあふれた音を聞く、イエスは(我を)救われた! イエスは(我を)救われた! その波を四方へ広めよ。 イエスは(我を)救われた! イエスは(我を)救われた!” イエスは今あなた方が救われる事を祈っていられるのです。

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

キリストは、次の理由で、神により死からよみがえられました。


1.  あなた方に悔い改めをもたらすため。

2.  あなた方に新たな生を与えるため。

3.  あなた方に義をくだすため。

4.  あなた方の罪を洗い流すため、天国にご自分の御血をもっていくため。

5.  天国であなた方の大祭司になるため.


あなたは回心したですか、そして真のクリスチャンになりたいですか? そうしたら、あなたは天国の、神の右座にいられますキリストに来なければなりません。 あなたはイエスに来なければなりません―そして、彼はあなたを回心させ、救われるのです。 聖書は、このように語っています、

“上にあるものを求めなさい。そこではキリストが神の右に座しておられるのである。あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない”(コロサイ人への手紙第3章1-2節)。

争いの戦いは終焉した;
   いのちの勝利は勝ち取られた;
凱旋の歌は始まった、ハレルヤ!

死の力は伏せられた;
   しかし、キリストは彼らの軍を散らされた、
聖なる賛歌を歌え、ハレルヤ!

三日の悲しい日々は素早く過ぎた;
   彼は栄光の中、死から復活する:
全ての栄光は、我等の復活された首長へ。 ハレルヤ!

彼は、大きく開いている地獄の扉を閉められた;
   天上の正門の柵は崩れ落ちる:
彼の凱旋を高らかに賛美せよ。 ハレルヤ!

主よ、汝の受けられた傷でもって、
   汝の僕たちは、ぞっとする死の恐怖から解き放たれ、
我らは生き、汝に歌う、ハレルヤ!
   ハレルヤ! ハレルヤ! ハレルヤ!
(Translated by Francis Pott, 1832-1909).

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

クレイトン L. チャン医師による、説教前の朗読:使徒行伝第5章27-32節
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“The Strife Is O’er” (translated by Francis Pott, 1832-1909).

要 綱

イエスが死からよみがえられた理由

R. L. ハイマーズ、Jr. 神学博士 著

“わたしたちの先祖の神は、あなたがたが木にかけて殺したイエスをよみがえらせ”(使徒行伝第5章30節)。

I.   最初に、神はあなた方に悔い改めをもたらす為に、
イエスを死からよみがえらせた。
使徒行伝第5章30-31節;第3章26節。

II.  次に、神は、あなた方に新たな命を与える為に、
イエスを死からよみがえらせた。
ペテロの第一の手紙第第1章3節;
エペソ人への手紙第2章5-6節;

III. 三番目に、神は、あなた方に義を下す為に、
イエスを死からよみがえらせた。
ローマ人への手紙第4章25節;第5章9, 1節。

VI. 四番目に、神は、天国にある幕屋に、イエスご自身の血
をもっていかれる為に、イエスを死からよみがえらせた。
ヘブル人への手紙第9章7, 11-12節;
ペテロの第一の手紙第1章18-19節。

V.  最後に、神は、天国であなた方の大祭司になる為に、イ
エスを死からよみがえらせた。
テモテへの第一の手紙第2章5節;
ローマ人への手紙第8章34節;第5章10節;
コロサイ人への手紙第3章1-2節。