Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

回心への奮闘

R. L. ハイマース、Jr. 神学博士 著

THE STRUGGLE OF CONVERSION
by Dr. R. L. Hymers, Jr.

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2009年2月22日、主の日の朝の説教

“狭い戸口からはいるように努めなさい”
(ルカによる福音書第13章24節)。

多くの人々は、イエスは預言者であると信じていました。 また彼らは、イエスは奇跡を行う事も出来ると信じていました。しかし、彼ら内のほんの少数の人達が悔い改め、回心しました。 彼らは、今の自分達の状態に満足していたのです。しかし、イエスは、彼らにこうに言われました、

“あなたがたも悔い改めなければ、みな同じように滅びるであろう」”(ルカによる福音書第13章5節)。

“悔い改め”と訳されたギリシャ語の本来の意味は、新たな心を持つという言う事です。 それは、回心するという意味です。 そしてキリストは彼らにその体験をしなければならない、さもなければ、彼らは“みな同じように滅びるであろう”と言われました。 この言葉は彼らにとって驚きでした。 彼らは、今の自分達の状態で十分であると思っていたからです。

キリストはエルサレムに向かって行かれました。ある人が、ほんのわずかな人達のみが、実際イエスに従っている事に気が付きました。その人はイエスに、“救われる人は少ないのですか”と尋ねました。イエスは彼の質問にはお答えにならず、その代わりに、キリストは彼に向かいこのように言われました、

“狭い戸口から入るように努めなさい。事実、はいろうとしても、はいれない人が多いのだから” (ルカによる福音書第13章24節)。

イエスは彼に“狭い戸口から入るように努め”なければならないと言われました。 そして、 イエスは、今朝あなたにも同じ事を語られているのです。 すなわち、“狭い戸口から入るように努めなさい”と。 それはどう言う事なのでしょうか? キリストはあなたに何をするように語られているのでしょうか? このテキストの中に出てくる三つの言葉を、あなたは理解しなければなりません。

I. 最初に、“狭い戸口”と言う言葉。

イエスは、“狭い戸口からはいるように努めなさい”と言われました。“strait(日本語訳は‘狭い’)”と英語に訳された本来のギリシャ語は“stĕnŏs(セテノス)”です。 それは、“狭い”(Strong)という意味です。“gate(日本語訳は‘戸口’)”と訳されたギリシャ語は、“pulē(プレ)”です。それは、“戸口・・・入り口”(Strong)と言う意味です。 ですから、イエスは“狭い戸口’からは入るように努めなさい”と言われたのです。 マタイによる福音書第7章でも、イエスはそれらの言葉を使われています。

“狭い門からはいれ・・・そして、それを見いだす者は少ない”
      (マタイによる福音書第7章13, 14節)。

“狭い戸口”は“命(にいたる)”(マタイによる福音書第7章14節)へ導きます。ギル博士(Dr. Gill)は、“狭い戸口によってとは、他の箇所で御自分をと呼んでおられる、キリスト御自身の事を指している・・・確かに、キリストは天国への扉である”(John Gill, D.D., An Exposition of the New Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 edition, p. 70; note on Matthew 7:13)。

イエスは、“狭い戸口からはいるように努めなさい”と言われました。 それは、キリストへ来るよう励む、という事なのです。なぜキリストは、“狭い戸口”と呼ばれたのでしょうか? なぜなら、キリストは救いへの唯一の入り口だからです。 この世の人々は、“あなた方クリスチャンは、了見が狭い。 なぜ他の方法で救われる事が出来ないのか? なぜあなた方はキリストが唯一の道と言うのか”などと、よく言います。 私達の答えは、キリスト御自身が、自分が“狭い戸口”であると言われたからです。キリストは、こう言われました、

“わたしは、道であり、真理であり、命である。 だれでもわたしによらないでは、 父のみもとに行くことはできない”
      (ヨハネによる福音書第14章6節)。

ギル博士は、この節に関して、このように書いています、

キリストは、永遠なる命への真の道である・・・キリストは御父への唯一の道であり、仲介者無しには・・・神へ来る道はない、そして、神と人との間の唯一の仲介者はキリストである(同書)。

聖書は、このように書いています、

“神は唯一であり、神と人との間の仲保者もただひとりであって、それは人なるキリスト・イエスである。彼は、すべての人のあがないとしてご自身をささげられた・・・”(テモテへの第一の手紙第2章5-6節)。

十字架の上で死に、そして血を流す為に、“神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。 それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである”(ヨハネによる福音書第3章16節)、そうする事によって、人は、罪そして死から贖われるのです。 神は、十字架の上で血を流し、死ぬ為に、御自分のひとり子を送られたのです。

“・・・御子によって、この世が救われるためである”
       (ヨハネによる福音書第3章17節)。

他のどの宗教の指導者または教師も、“そのひとり子”ではありえませんでした。 他のどの宗教の指導者または教師も、“神と人との間の仲保者”ではありえませんでした。“人なるキリスト・イエス”が唯一の方でした。

“・・・十字架にかかって、わたしたちの罪をご自分の身に負われた・・・” (ペテロの第一の手紙第2章24節)。

ですから、使徒パウロはこのように言ったのです。 

“この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」”
      (使徒行伝第4章12節)。

“狭い戸口から入るように努めなさい”
      (ルカによる福音書第13章24節)。

イエスは狭い戸口です。キリストは救いへの狭い戸口です。あなたは彼に来なければなりません、なぜなら、彼のみがあなたを救う事が出来るからです。

II. 次に“努める”と言う言葉。

イエスはこのように言われました。

“狭い戸口から入るように努めなさい
      (ルカによる福音書第13章24節)。

“strive(奮闘する、努力する、努める)”の言葉は、ギリシャ語の“agōnizomai(アゴニッツォマイ)”から英語に訳されています。それは“熱烈に努力する・・・、戦う(Vine)”、“奮闘する(Strong)”と言う意味です。“Agōnizomai”は“agon”の語源から来ています。 それは、“努力、切望、衝突”(Strong)と言う意味です。“イエスがはいるように努めなさい”と言われた時、彼は、あなた方に“努力、切望、そして葛藤”しながらも、入る為に戦う、入る為に奮闘しなければならない、と語っているのです。このギリシャ語の形態は、キリストが十字架につけられる前の晩に、ゲツセマネの園でのキリストの苦しみを表すために、ルカによって使われています。

“イエスは苦しみもだえて、ますます切に祈られた。そして、その汗が血のしたたりのように地に落ちた”(ルカによる福音書第22章44節)。

イエスは、大いなる苦しみを貫き、祈らなければならなかったのです、さもなければ、イエスはあなた方の罪の重荷によって、ゲツセマネの園で死なれていたでしょう。もし神の御子が、あなた方を救う為に、そのように苦しみもだえ、奮闘されなければならなかったのであれば、あなた方が、ある程度の“狭い戸口から入るように努める”事を貫き通す事は、必然であり、聖書にかなっているように思われませんか?ですからイエスは、“狭い戸口からは入るように努めなさい”と言われたのです。

過去の偉大なプロテスタントの説教者達は、彼らが回心した際に、大いなる“努力”を貫き通しました。 ルターは、彼がキリストに“入る”以前、何ヶ月も苦しみました。 ジョン・バニヤンは、彼がキリストを通して平安を見出す以前に、正気をなくす直前の状態まで陥りました。ジョン・ウェスリーは、自己不信また精神的悲惨な状態で、大西洋を行き来し、“狭い戸口からはいるよう”努める事に、自分自身を没頭させました。ジョージ・ホイットフィールドは、断食し、そして祈り、キリストに入る為に奮闘し、自分自身を餓死直前にまで至らせました。 牧師の息子であった17歳のスポルジョンは、キリストを見い出す為に、彼の全てを託して奮闘しました。これら全ての著名な説教者達の回心には、彼らが自らのイエスへの進路を戦い抜く際に、大いなる努力、不安、そして衝突がありました。あなた方に、違いはあるでしょうか? イエスはこのように言われました、

“狭い戸口から入るように努めなさい”
      (ルカによる福音書第13章24節)。

このような古い賛美歌があります、

汝よ、勇んで戦え!・・・
   命をそれにかけよ、ならば
汝の喜びと栄冠は永遠なり。
   (“Fight the Good Fight With All Thy Might”
     by John S. B. Monsell, 1811-1875).

これが真の回心が起こる道なのです。 最も謳われる賛美歌の一つで、シャロット・エリオットの作詞した“ほふられたまいし(Just As I Am)を聴いてください。彼女は、キリストを見つけるために、奮闘し努める、というものがどのようなものなのか知っていました。

ほふられ たまいし
   かみの こひつじよ
みこえに したがい
   われゆく ただちに
(“Just As I Am” by Charlotte Elliott, 1789-1871).

“狭い戸口から入るように努めなさい”
      (ルカによる福音書第13章24節)。

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

クレイトン L. チャン医師による、説教前の朗読: ルカによる福音書第3章5, 22-24節。
クリストファー・ビーボット氏による説教前の独唱:
“Just As I Am” (by Charlotte Elliott, 1789-1871).

要 綱

回心への奮闘

R. L. ハイマース、Jr. 神学博士 著

“狭い戸口からはいるように努めなさい”
(ルカによる福音書第13章24節)。

(ルカによる福音書第13章5節)

I.   最初に、“狭い戸口”と言う言葉。
マタイによる福音書第7章13, 14節;
ヨハネによる福音書第14章6節;
テモテへの第一の手紙第2章5-6節;
ヨハネによる福音書第3章16, 17節;
ペテロの第一の手紙第2章24節;
使徒行伝第4章12節。

II.  次に“努める”と言う言葉。
ルカによる福音書第22章44節。