Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

中国―人々が東からきて!

R. L. ハイマース、Jr. 神学博士 著

CHINA – THEY SHALL COME FROM THE EAST!
by Dr. R. L. Hymers, Jr.

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2008年8月10日、主の日の朝の説教

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord's Day Morning, August 10, 2008

“それから人々が、東から西から、また南から北か
らきて、神の国で宴会の席につくであろう”
(ルカによる福音書第13章29節)。

マタイによる福音書第8章5節から13節の、その類似した聖句で、キリストは異教徒であった一人のローマの百卒長の僕を癒されました。 その時に、キリストはルカによる福音書第13章29節で再び語っておられるように、この世のあらゆる地に住む多くの異教徒達の回心について、私達のテキストの言葉を述べられました。

“それから人々が、東から西から、また南から北からきて、神の国で宴会の席につくであろう” (ルカによる福音書第13章29節) 。

ジョン・ギル博士(Dr. John Gill, 1697-1771)はこの節に関してこのように述べています、

この世の全ての地から、天下のあらゆる国々から、“それから人々が・・・きて”とは、これらの “東から西から・・・きて”、日の出る所から没する所まで、(イザヤ書第45章6節、マラキ書第1章11節、マタイによる福音書第8章11節)、“また南から北からきて”、人の住む最も遠い地から来る異教徒達を意味する。 イザヤ書第43章5-6節参照。 この世のあらゆる地に・・・神が選ばれた者達がいる、それゆえ、福音は全ての国々へと、後に集まりとなる彼らの為に、述べ伝えられなければならない(John Gill, D.D., An Exposition of the New Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 reprint, vol. I, p. 628; note on Luke 13:29) 。

2008年8月8日、金曜日にオリンピックが始まって以来、世界の人々の目は中国に向けられています。 そこで、“それから人々が、東から・・・席につくであろう”(ルカによる福音書第13章29節)というキリストの言葉が 浮かんで来ます。 中国でのキリスト教の歴史を次に短縮し話しましょう。

最近の考古学の証拠では、紀元後86年、使徒ヨハネの存続期間にキリスト教が最初に中国に伝わった事を表しています。 その当時、中国は福音を拒絶しました。 紀元後635年、アロペン(Alopen)や他の人達の説教の下で、ネストリアン(Nestorian)のクリスチャンが福音を再び中国で普及しました。 キリスト教はそこで足場を得、おおよそ165年の間続きました。 9世紀に中国にいるネストリアンのクリスチャンは迫害され終焉を迎えましたが、今日に至っても、彼らの教会の建物の幾つかは未だに残っています。 そして、1807年にイギリスの宣教師ロバート・モリソン(Robert Morrison)がマカオに辿り着き、そこで聖書を中国語に翻訳し、この国に福音がもたらされました。 これが三度目でした。 彼は1834年に亡くなるまでに、一人の回心者に洗礼を授けました。 8年後の、1842年の南京条約は、外国の宣教師達が自由に中国へ入って来れるよう許可しました。 モリソンの中国語に翻訳した聖書から説教することによって、宣教師達は多くの回心者を生みました。 23年後の1865年には、イギリスの宣教師ジェイムズ・ハドソン・テイラー(James Hudson Taylor)は中国の内陸奥深くに、彼の205の布教所(あるいはミッション)のうち最初の布教所を創立し始めました。 この奉仕により、ある人達は、ハドソン・テイラーを“中国への使徒”と呼んでいます。 1928年までに中国での宣教師の数は 8,325人に達しました。 彼らの犠牲的な奉仕の下で、何千人もの中国人達がキリストへと回心しました。

1949年に共産主義者が勢力を出してきました、そして全ての外国の宣教師に強制退去を命じました。 最後に去ったイギリスの宣教師の一人である(最後であった可能性がある)グラディス・エイワード女史(Miss Gladys Aylward)の勇敢な実話は、“イン・オブ・ザ・シックス・ハピネス(Inn of the Sixth Happiness)”と言うタイトルの映画で描かれています。 1962年に、私は3時間ほど実際にエイワード女史の話を聞く光栄に恵まれました。 それは心を揺り動かす話であり、40年以上の後の今日まで私は、彼女が話した多くの事を覚えています。 彼女は私に大いなる印象を与え、私が21歳の時に彼女の話を聞いた後、私は自分の生涯を中国への宣教師として捧げました。

全ての外国の宣教師が中国から退去させられたのに伴い、共産主義者は中国人による中国人ための聖職受任按手式を禁止しました。 このことが起こる少し前に、私の前の牧師であったテモシー・リン先生(Dr. Timothy Lin)は、アメリカで神学論とセム語を学ぶ為に中国を去りました。 私は、ほぼ98歳に近いリン先生から直接、共産主義者が支配権を取る以前に中国で起こった多くの出来事について学びました。 ロスアンゼルスにある私達の中国系の教会の牧師をする以前は、リン先生はボブ・ジョーンズ・ユニバーシティ(Bob Jones University)の大学院でヘブライ語を何年か教えていました。 その後、リン先生はロスアンゼルスの私達の中国系の教会で 牧師をする為に来られました。 リン先生の御奉仕は、1960年代の私の生涯に深い印象を与え、私はその事に常に感謝するでしょう。 彼は私に神の御言葉として聖書に完全なる信仰を置く事を教えて下さいました。 1911年の改革以前、リン先生の父親も昔の中国で牧師をしていました。

1955年から1985年の間、共産主義者は中国人が聖職者に叙任される事を禁止しました。 聖職受任按手式は、隠れた“ハウス・チャーチ”ムーブメントの人達の間で内密に行われました。 1995年に共産主義者は、彼らが“邪悪な宗教”として呼んでいるハウス・チャーチ・ムーブメントの教会を法的に禁止しました。 彼らは共産主義の中国にいる最もすばらしいクリスチャンに対して“邪悪な宗教信者達”と名付けました!

ジョナサン・チャオ(Jonathan Chao)は 、Reformation Today (2000年11月-12月)の中で、“中国で、プロテスタントの教会が過去50年間(1950年-2000年)敵意に満ちた状況の中で100倍にも増えている。 その状況とは、無神論者[共産主義者]による迫害の一つである”と言った記事を載せています(Reformation Today, Nov.-Dec. 2000, p. 3) 。

チャオは続けて、“1950年の1月に・・・834,000人のプロテスタントの・・・教会員がいたが、今日、確実な調査は得られる事はないにしても、認識される推定では8千5万人あまりの信者の数にみ積もられるであろう・・・。 7千万人はこの国を通して 散在している多様なハウス・チャーチの教会に見出される”(同誌)。 [これらの数は10年後の今日、もっと高い]彼は、“今日、北方そして北東の中国の報告では、全ての村に教会が存在する事を表している”(同著)と結んでいます。

チャオは激しい迫害の下でのそのような中国の教会の驚くべき増大について語りました。 彼は、福音を説教したが為に23年間監禁されたウォング・ミングタオ(Wang Mingtao 1900-1991)、1979年以来教会の牧師として奉仕した北京のユアン・シアンチェんグ(Yuan Xiancheng)、20年間監禁された上海のシー・モーシャン(Xie Moshan)、そしてキリストの福音を説教したが為に20年間を牢獄で過ごした広州のサムエル・ラム(Samuel Lam)達のような信仰深い牧師達について語っています。

これらの並外れた牧師達、そして他の何千人もの、完全にひたむきな中国のクリスチャン達は、中国の教会を、過去75年の歴史の中でこの世の最も偉大なリバイブルである、爆発的なリバイブルへと導きました。

ジョナサン・チャオは“中国の教会を学ぶ学生として、このように継続している中国の教会の拡張は、[共産主義者]の国家がコントロールできる範囲を越えていると言えよう。 すでに[共産党]メンバーよりもクリスチャンの方が多く、何人かの共産党のメンバーはキリストに回心している”(同著)と言っています。

特に、中国のクリスチャン達が耐えなければならかった大いなる苦悩を知る際、このような非常なるリバイブルの成果は驚くべきことです。 ウェブサイトreligiousfreedomforchina.org/English (November 24, 2002)では、中国での何千人ものクリスチャンに起こった出来事を報告しています。

• 地方の警察署では警察官が問い調べ、彼らを拷問にかけた。ユシ・ウェイから取りあげた聖書を手に取り、ヤング・ザングは “どこでこれを手に入れたのか?”と彼に向かって叫んだ。ウェイが答える間もなく、ザングは彼の顔を何度も殴り、電気のこん棒でウェイの耳を殴った。ウェイがその打撃の下で苦しみあえぐのを見て、ザングは“おまえが神を信じているから、我々は打撃を与えているのだ”とどなりつけた。そしてザングは他の警察官に、“シャングがどうしているか見て来い。 彼が告白する事を拒むなら、死ぬまで殴れ”と告げた。

Christian Persecution Magazine (http://www.christianpersecution.info/)では、中国での今年(2008年)の迫害のリストを挙げています。 これらのクリスチャンに対する迫害は、北京でのオリンピックが始まる以前の同じ月そして週に起こった事です。

• 中国:権力者はオリンピックゲームの始まる前に牧師を追放。
アメリカのブッシュ大統領が今週、オリンピックのイベント、そして次の週、首都で教会の礼拝に出席する際、中国の権力者達はハウス・チャーチの牧師ザング・ミンシュアンを北京からオリンピックの期間中追放した。 他の多くのクリスチャン達は留置所に拘留され、もしくは継続した攻撃に直面している。 8月6日208年、午前3時46分に追加。

• 北京のクリスチャン書店所有者シ・ウェイハンの刑務所での状態悪化。
北京の書店所有者でハウス・チャーチのリーダー、シ・ウェイハン氏は4ヶ月前の投獄以来、健康の悪化に苦しんでいる。 8月1日2008年、午前4時6分に追加。

•アメリカの国会代表者とのミーティングの後、中国のハウス・チャーチ指導者“宿無し”になる。
中国の最も尊敬されているハウス・チャーチ指導者の一人は、アメリカの国会代表者にあったが為に、権力者は彼を追放し中国の首都北京にある彼の家から、7月20日の日曜日以来、妻と共に宿無しにされる。7月21日2008年、午前4時14分に追加。

• 中国は伝道指導者に対し2年間の強制労働の判決を下す。
北西中国そしてチベットでクリスチャンの宣教師と伝道者を訓練した福音伝道牧師は、彼のクリスチャン活動の為に、2年間の強制労働を宣告された。
7月10日2008年、午前3時31分に追加。

• 中国、ハウス・チャーチの宣教者そして彼らの活動者を留置する。
中国の、ヘイロンジアン省(Heilongjiang Province)で無公認の“ハウス・チャーチ”の重要な会員と宣教者は、仲間の信者達と共に礼拝したがために、中国の保安警備隊が彼と二人の仲間達を短期間留置した後、翌日の7月7日月曜日に困難な直面にでくわした、と代表者達は報告。7月8日2008年、午前2時38分に追加。

• 中国の保安警備隊、石炭鉱にあるハウス・チャーチに侵入。
中国の保安警備隊は、中国の甘粛(かんしゅく)省の石炭鉱にあるハウス・チャーチに侵入し、共産主義国家の無公認の礼拝集会の厳重な取り締まりの一環として、多くの中国人を留置した。7月1日2008年、午前1時32分に追加。

• 中国は虚弱なハウス・チャーチのリーダーの公判を中止。
公判が予期せずに中止された6月22日、虚弱である著名な中国のハウス・チャーチリーダーでクリスチャン書店の主人は、すでに3ヶ月間監禁されていると、中国のクリスチャンが報告。6月23日2008年午前2時49分に追加。

• 中国:書店の主人は公判に登場。
持病の糖尿病の薬も与えられずに中国の監獄に留置されたリスチャン書店の主人であるシ・ウェイハンは、木曜日(6月19日)に公判が予定されている。 これは聖書並びにクリスチャンブックを販売したためで、容疑は今だ確定していない。 6月19日2008年午前3時34分に追加。

• 中国:ヨーロッパ連合の代表と会見したチャーチリーダーを留置。
地下活動中の中国のハウス・チャーチ協議会の代表は、ヨーロッパ連合のシニア代表に会いに行く途中、通訳者と共に留置された。6月19日午前3時33分に追加:

•中国政府は、大地震の喪もふけぬまま、ハウス・チャーチを攻撃。5月19日、34000人が大地震で犠牲になった月曜日に、中国保安警備隊は、国際報道機関がそれに注意を払っていることをいい事に、地下活動のハウス・チャーチを攻撃し続けている、とクリスチャンは報道。5月20日午前3時15分に追加。

• 北京のクリスチャンブックの書店主、再度逮捕。
北京の書店主は、聖書並びにクリスチャン書物を販売したが為に、一月前に再度逮捕されて以来、4月19日の土曜日になっても拘留のままである。と彼の妻は報道。4月22日2008年午前11時11分に追加。

• 中国政府は、新疆(しんきょう)省の十数人のクリスチャンを拘置。
中国保安警備隊は、新疆(しんきょう)省自治区のハウス・チャーチのクリスチャン十数人を拘置。彼らは[共産主義]政府に忠誠を尽くすことを強制される。 それは、近郊のチベットで、仏教徒にしたのと同じであると4月17日の木曜日に報道される。4月18日2008年午前10時04分に追加。

• 中国政府、ハウス・チャーチ・リーダーを“悪のカルト”として留置。
四川省のハウス・チャーチ・リーダーと他のクリスチャンは4月6日の日曜日に拘留された。 それは、保安警備隊が彼らのハウス・チャーチと日曜学校を手入れし、“悪のカルト”[共産主義者は福音伝道ハウス・チャーチをこう呼ぶ]を先導した罪。4月8日2008年午前7時37分に追加。

• “中国の迫害の波”:集団は数百万冊の聖書を焼き捨て。
中国政府はクリスチャンと彼らの教会を“数年来で最も激しい”この攻撃を先導した。 共産主義国全土に渡る“中国の迫害の波”が明らかにされた。4月1日火曜日。4月2日午前10時39分に追加。

• 中国のクリスチャン伝道主義者、イスラムの刑務所で留置。
キリスト教の書籍をイスラム教信者の間で配布したことで、去年の11月に18ヶ月の拘留判決を受けた中国のクリスチャンはイスラムの刑務所で不公平な取り扱いを受けた、とクリスチャンのレポーターが3月18日の火曜日に報道。3月20日2008年午前10時21分に追加。

• 翌日の朝7時に、郡の公安部の政治保安課のディレクターであるシーアン・リーがやって来た。 リーは革のベルトでクリスチャンのカイを、顔と身体の一部が血だらけになるまで鞭打った。 そして、彼をイスに縛りつけ、電気線で彼を感電させた。 カイはその電気ショックに耐えられなかった。 彼は苦しみのあまり、叫んだ。そうして、リーは彼を地に蹴りつけ、顔を踏みつけ、“もしお前が神を拒否しないならば、お前の[性器]をきってやる!”と怒鳴りつけた(.religiousfreedomforchina.org/English, Nov. 24, 2002)。

牧師のリチャード・ウォムブランド(Richard Wurmbrand)さんは、14年間ルーマニア共産党の監獄に留置され拷問されました。 そこでは、彼は多くの迫害されたクリスチャンに出会い、彼らの勇気とキリストへの献身を目の当たりにしました。 私は牧師ウォムブランドさんを良く知る光栄にあずかりました。 彼は何回も私達の教会で話をされ、数年前には、彼の家でウォムブランド夫妻と私の妻を交え夕食を共にしました。 彼の著書(Tortured for Christ)の中で、牧師ウォムブランドさんはこう言っています、

中国には、名ばかりの、なまぬるい、中途半端なクリスチャンはいないことを理解しなければならない。 クリスチャンが払う報いははるかに偉大なのだ。 次に覚えておかなければならないことは、迫害はいつもより良いクリスチャンを生み出すということだ、すなわち証をし、魂をキリストへ導くクリスチャンである。 共産党員による迫害は、[アメリカでは]稀で、あまり見かけられない、真摯な、献身的なクリスチャンを生み出している。 これらの人達にとって、機会あるごとに人々を[キリストに]導くことをしたがらないで、どうしてクリスチャンでいられるのか理解できないのである (Rev. Richard Wurmbrand, Tortured for Christ, Diane Books, 1976, p. 105) 。

あなたが中国の献身的なクリスチャンのようになるように、決して多くのアメリカの生半可なクリスチャンのようにはならないように、それが私の祈りです! 中国の献身的なクリスチャンのようになるためには、あなたは回心しなければなりません。 あなたはこころを尽くしてイエス・キリスト、その方のみを信頼しなければなりません。 彼は、あなたの罪を洗い清めるために御血を流されました。 彼は身体的に死からよみがえり、天国の神の右座に座られて、今生きています。 キリストに来なさい。 彼を信じなさい。 回心しなさい。 そうして、中国のクリスチャンのように、献身的なクリスチャンとしての人生を送りなさい。 彼らがするように、日曜日は朝と晩教会に来なさい。 彼らがするように伝道に出て行きなさい。 彼らがするように、祈祷会に来なさい。 彼らがするように、イエス・キリストのために人生を送りなさい!

100年以上前に、ホラチウス・ボナー(Horatius Bonar)は、今日の中国の献身的なクリスチャンを語る賛美歌を書きました。 彼の賛美歌があなたを奮い立たせ、中国で彼らがそうであるようにキリストのために生きるように!

出て行き、労働に励め、
   父の御心を行う汝のよろこび:
これが主が行われた道;
   僕はその道を行うべきではないのか?

日のあるうち、労働に励め、
   この世の暗黒の夜はすばやくやって来る;
すばやく汝の働きをせよ、怠け者は追い出せ;
   魂の獲得は起こらない。

せっせと働き、臆すな、注意をし祈りをあげよ、
   賢くあれ、罪深い魂を勝ち取るために;
世界中に出向き、
   迷えるもの達を連れて来い。
(“Go, Labor On; Spend, and Be Spent” by Horatius Bonar, 1808-1889).

神は、あなたがそうすることを助けてくださるように! アーメン。

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
住所:www.realconversion.com (Sermon Manuscripts) をクリックしてください。

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読: マタイによる福音書第8章5-13節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Go, Labor On; Spend, and Be Spent” (by Horatius Bonar, 1808-1889).