Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

真のキリスト教―復活祭のメッセージ

R. L. ハイマース、Jr. 神学博士 著

REAL CHRISTIANITY – AN EASTER MESSAGE
by Dr. R. L. Hymers, Jr.

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2008年3月23日、主の日の晩の説教

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Evening, March 23, 2008

“もしキリストがよみがえられなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう”(コリント人への第一の手紙第15章17節)。

今晩、私は“真のキリスト教”という主題で説教します。 今日、私達の間では見せかけのキリスト教と偽りのキリスト教がはびこっています。 どのように真実と誤りを見分ける事が出来るでしょうか? それが今晩の私の主題です。 私は聖書に添った本当のキリスト教を成す四つの真実な事柄を挙げます。

I. 最初に、真のキリスト教は、キリストが実際に死からよみがえられた
という事を教えている。

このコリント人への第一の手紙の節における全体的な背景は、パウロがキリストの身体の実際の復活について文字通り語っていた事を表しています。 私が通った一つの神学校に、弟子達の心中でイエスはよみがえられた事を信じていたリベラルな教授がいました。 それは、彼の身体は実際にはよみがえらず、“弟子達の心中で”よみがえっただけであるという言い逃れなのです。 しかしそれは真実に沿っていません。 事実、弟子達は彼らが実際にイエスを見るまでイエスが死からよみがえられた事を、“彼らの心中で”信じなかったのです。 彼らがイエスを見、そして彼にさわって始めて、彼らはようやく、どうにか、彼の身体がよみがえった事を信じました。 全体的なキリスト教の宗教は、イエスが実際に墓から身体ごとよみがえられたと言う事実に基づいています。 キリストの弟子達が彼を見、そしてキリストに直面した時のみに、彼らはキリストがよみがえられた事をようやく確信させられたのです。 それは霊のよみがえりではありませんでした。 全くそうではありません。 キリストは、復活の後、十一人の弟子達に現われられた時に、こう言われました、

“[そして「やすかれ」と言われた。] 彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。 そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起こすのか。わたしの手や足を見なさい。 まさしくわたしなのだ。 さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」。[こう言って、手と足とをお見せになった]”(ルカによる福音書第24章36-40節)。

彼らは、キリストの手と足に十字架のはりつけによる釘の跡を見ました。 キリストは弟子のトマスに、この様にさえ言われました、“「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。 手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。 信じない者にならないで、信じる者になりなさい」”(ヨハネによる福音書第20章27節)。 これらの聖句は、イエスが実際に身体ごと死から、そして墓からよみがえられた事を示しています。 そして、イエスの身体自体、肉と骨を伴って死からよみがえられた、その事実を無視する事は出来ません。 キリストの身体は、弟子達が彼を葬ったその墓で、ローマの兵士達が日夜監視し、閉ざされたその墓の中で、死からよみがえられました。 しかし、イエスはよみがえり、それらの拘束を破り、身体ごと立ち上がり、死からよみがえられたのです。

それが私の最初のポイントです。 私達はイエス・キリストの身体によるよみがえりを信じます、それは単に四つの福音書による記録がそう示しているからです。 他の証拠は私達には必要ありません。 これは、キリスト御自身が生き返られ墓から出て来られたその日以来、多くの人々によって信じられてきた事です。 キリスト教の他の全ての事象は、キリストがよみがえられたと私達に告げている四つの福音書の記録において据えられ、それに掛かっているのです。 キリストの身体の復活の奇跡を取ってしまえば、全てのキリスト教のメッセージの根拠はまったくありません。 私達は、キリストの復活は彼の身体の実際のよみがえりであった事を信じます。 彼は霊ではなく、死からよみがえった生きている方でした。 それがクリスチャンの信仰の根拠となる真実です。 私達はイエス・キリストの復活を信じます! 使徒パウロは私達のテキストの中でそれを明白にしています、

“もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう” (コリント人への第一の手紙第15章17節)。

II. 次に、真のキリスト教は、キリストが罪を償う為に十字架で実際に死
なれたという事を教えている。

私達は、キリストは私達の罪を償う為に真の身代わりとして死なれたことを信じます。 聖書はこのように語っています、

“キリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと” (コリント人への第一の手紙第15章3節)。

キリストは、実際の罪人達の、実際の罪を、十字架で償う為に実際に死なれました。 更に、彼は実際の罪から実際の罪人を清める為に、十字架で実際の御血を流されました。 これらは単なる美しい架空の話または神話ではなく、これらは事実であり、真なる出来事なのです。 キリストの身代わりとしての死についてのこれらの真実を信じなさい、そして、キリストの御血による清めの力を信じなさい、そうすればあなたは救われるでしょう。 それらを拒否するならば、あなたは罪に定められるでしょう。 これは正に真実であり、非常に大切な事です。 イエス御自身、こう言われました、

“信じて・・・救われる。 しかし、不信仰の者は罪に定められる”
     (マルコによる福音書第16章16節)。

あなたの永遠なる運命は、あなたが、罪からあなたを救うイエスの死についてのこれらの真実を信じ、そして真なる信仰を持って彼に来、あなたの心と人生を彼にささげる事に掛かっています。 そうしてあなたは真に救われるでしょう。

III. 三番目に、真のキリスト教は、真の回心を必要としている事を教
えている。

あなたは、キリストについてこれらの単なる事実以上の事を信じなければなりません。 これらの真実をただ信じる、それ以上の何かがあるのです。 あなたはキリストに来なければなりません、そして生きているキリストに実際に出くわし、真に回心しなければならないのです。 偽の回心は受け入れられません。 あなたに必要なことは、真の回心です、そして、自分のプライドと偏見を捨て、今、天国の神の右座におられる生きているキリストと向き合うことにより、キリストに来るならば、真の回心を持つことが出来るのです。 キリストへの真の回心以外の何物をも受け入れてはなりません。 全ての代替ものはあなたを救うことは出来ないのです。 イエスはこう言われました、

“よく聞きなさい。 心をいれかえて・・・天国にはいることはできないであろう” (マタイによる福音書第18章3節)。

真の回心に代わるものはありません。 それゆえ、あなたはキリスト・イエスに真の回心を求めなければならないのです。 もし偽りの回心を持つならば、あなたは、イエスが四つの福音書の中でしばしば話された火炎の黄泉で自分の魂を永遠に失うでしょう。 イエスはこう言われました、

“あなたがたは新しく生れなければならない”
      (ヨハネによる福音書第3章7節)

新生とは回心のもう一つの側面です。 あなたは新しく生まれ変わり回心しなければなりません、さもなければ、どんなに祈りを捧げ教会の礼拝に出たとしても、あなたは本当のクリスチャンにはなれないでしょう。 真の回心をもって、本当に新しく生まれ変わり回心しなければ、これらの事は何ら役に立たないのです。

IV. 最後に、真のキリスト教は、真に回心した人は真のクリスチャンと
して生きる事を教えている。

あなたは回心をした後のみ、真のクリスチャンとして生きていくことが出来ます。 あなたは、回心しなくとも信心深くあることはできるでしょう。 しかし、キリストに来て、彼に自分自身を投げ捨て、永遠の生命を受けるまでは、あなたにとって、新しい人生、すなわちローカルの教会で真のクリスチャンとして生きて行くということを実感することはないでしょう。 そうです、あなたは真の回心を経験した後のみ、真のクリスチャンとして生きていく事が出来るのです。 イエスはこう言われました、

“御子を信じる者は、永遠の命をもつ。 御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまるのである” (ヨハネによる福音書第3章36節)。

皆さん、これらは真実なことです。 永遠の生命を受け継ぐには、これらを真実なものとして、あなたの心に抱かなければならないことなのです。 そして、それは、イエス・キリストは実際に身体ごと死からよみがえられたことを、あなたが実際に信じ始めることから始まります。 私達のテキストはこのように言っています、

“もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう” (コリント人への第一の手紙第15章17節)。

“もしキリストがよみがえらなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚な[無価値な、役に立たない]ものとなり”なのです。 復活されたキリストに来ず、心をもって彼により頼むことをしていなかった人生を、無益なものとあなたが知るように。 そうしなさい。 そして、全て他の点は自身の証となり、あなたは回心し、人生で初めて真のクリスチャンとなるでしょう。 復活されたキリストが、あなたの魂と人生において、生きた真実となるように。 古きよき時代の福音伝道者のポール・レイダー(Paul Rader)は、自分の作詞した賛美歌の一つにこのように書いています、

彼が墓から出て来られた後、マリヤは彼を見止め“主よ!”と叫んだ;
隙間のない閉められた部屋に入られ、突然イエスは彼らの中に立たれた。
死んだ方が再び生き返られた!死んだ方が再び生き返られた!
強靭な冷たい死の魔手を破られ― 死んだ方が再び生き返られた!

ペテロは岸で彼を見止め、そこで彼と一緒に食物を食べ;
イエスは、一度死んだ唇でもって言われた、“ペテロよ、汝はわたしを愛するか?”
死んだ方が再び生き返られた!死んだ方が再び生き返られた!
強靭な冷たい死の魔手を破られ― 死んだ方が再び生き返られた!

トマスは部屋の中で彼を見止め、彼を、我が主、我が神と呼んだ、
自分の指を釘と剣で開いた穴に差込んだ、
死んだ方が再び生き返られた!死んだ方が再び生き返られた!
強靭な冷たい死の魔手を破られ― 死んだ方が再び生き返られた!
   (“Alive Again” by Paul Rader, 1878-1938).

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
住所:www.realconversion.com (Sermon Manuscripts) をクリックしてください。

クレイトン L. チャン医師による説教前の聖書の朗読: ルカによる福音書第24章36-43節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Alive Again” (by Paul Rader, 1878-1938) 。

要 綱

真のキリスト教―復活祭のメッセージ

R. L. ハイマース, Jr. 神学博士 著

“もしキリストがよみがえられなかったとすれば、あなたがたの信仰は空虚なものとなり、あなたがたは、いまなお罪の中にいることになろう”(コリント人への第一の手紙第15章17節)。

I.   最初に、真のキリスト教は、キリストが実際に死からよみがえられ
たという事を教えている。 ルカによる福音書第24章36-40節;
ヨハネによる福音書第20章27節。

II.  次に、真のキリスト教は、キリストが罪を償う為に十字架で実際
に死なれたという事を教えている。コリント人への第一の手紙
第15章3節;マルコによる福音書第16章16節。

III. 三番目に、真のキリスト教は、真の回心を必要としている事を教
えている。マタイによる福音書第18章3節;
ヨハネによる福音書第3章7節。

IV. 最後に、真のキリスト教は、真に回心した人は真のクリスチャンと
して生きる事を教えている。ヨハネによる福音書第3章36節。