Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。




神の突き棒

R. L. ハイマース, Jr. 神学博士 著

THE GOADS OF GOD
by Dr. R. L. Hymers, Jr.

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2007年1月14日、主の日の晩の礼拝での説教

A sermon preached on Lord’s Day Evening, January 14, 2007
at the Baptist Tabernacle of Los Angeles

“無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。” (使徒行伝第9章5節) (注:日本語の聖書では不十分なギリシャ語の文書から翻訳されている為この一部が欠けている。)


サウロは彼の時代のもっとも優秀な人達の一人でした。 彼は疑いも無く、当時のもっとも偉大なギリシャの大学、タルソ大学の卒業生でした。 また、彼はガマリエルの学校の生徒で、偉大なへブル語の学生でもありました。 彼はユダヤ教の詳細を練達させられました。 しかし、彼はイエス・キリストを個人的には知りませんでした。 事実、彼はキリストに対して心底から反抗しており、彼は全力を尽くして、初期のキリスト教徒を迫害し、中傷し、そして滅ぼしていました。 

ある日の事、彼はそれらのキリスト教徒を、もっと激しく徹底して迫害する事を許可してもらうよう権威者からの書簡を得る為にダマスコへ行きました。 彼がそれらの書簡を取りにダマスコへ向かっていると、光が天から彼の回りを射し、そして、彼は地にひざまずきました。 その時、彼は、イエスが彼にこのように呼びかけられる声を聞きました。

“「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。 そこで彼は「主よ、あなたは、どなたですか」と尋ねた。 すると答えがあった、「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。:無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。”(使徒行伝第9章4-5節)

これは、タルソ人のサウロの改心の始まりです。 “始まり”と私が言ったのは、彼はまだ改心していなかったからです。 彼は町に入り、祈りをし、信心深いキリスト教徒のアナニヤと呼ばれる指導者と面談をしました。 それは、私達の教会のカウンセリングの部屋で面談をするようなものでしょう。 彼が“元どおりに見えるようになり”、改心をし、使徒パウロ、これまでの最も偉大なキリスト教の説教者そして防御者となったのは、私達のカウンセリングの部屋のような周囲の状況であったのでしょう。

それでは、彼の改心の三日前、イエスが彼の心に呼びかけられたその時に戻ってみましょう。

“無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。”
      (使徒行伝第9章5節)

ジョン・ギル博士(Dr. John Gill)は、これらの言葉がどういう意味であるかを私達に語っています。 ギル博士は、サウロに向かって言われたキリストのこの言葉についてこのように言っています。

無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である;あるいは、私に敵対する事は・・・突き棒またはとがった物などに反抗する駆り立てられた家畜からとった諺のような表現であり、そうする事によってもっと自分達を痛めつけている;そして、パウロがキリストの福音を妨害する為に、キリストと彼の民を続けて迫害したなら・・・彼はそれによって非常に傷つく・・・事を知るであろう、と暗示するためにキリストは用いられた。(John Gill, D. D., An Exposition of the New Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 reprint, volume II, p. 224).

今晩ここにいるあなた方の何人かは、パウロが改心する前に成したまさに同じような事をしています。 あなたは突かれる事に反してけって耕す事を嫌がる牛のように、痛みを与える突き棒に対して反抗しています。 キリストはあなたにも同じように言われています。

“[突き棒]に抵抗して傷つく事は、あなたにとって困難である。”
      (使徒行伝第9章5節)

Ⅰ 最初に、あなたが抵抗している突き棒。

あなたは神の突き棒に対して抵抗しているのです。 なぜなら、あなたは改心しない状態でいたいからです。 あなたが何と言おうとまた感じようと、事実、神が完全なるキリストの救いへとあなたを動かし、あなたをキリストへ来させようと用いられている突き棒に対して抵抗しているのです。

あなたが抵抗している最初の突き棒は、神の律法の説教です。 過去何日かに、あなたは許されることのない罪を犯した為に非常に危険な状態にいる事、あなたの頑固さにより神にあきらめられ非難された危険な状態にいる事、などのとても厳しい“律法”についての説教をあなたは聞きました。 また、あなたは、地獄、そして、あなたが永遠にそこに行くであろうという非常に危険な事についての強い説教も聞きました。 それらは安楽で心地よい説教ではありませんでした。 ですから、私達はこれらを“律法”の説教と呼んでいるのです。 それらは、あなたの今の状態は危険であると気づかせる為なのです。 ケイガン先生の最後の裁きについての説教は、神が神の“書物”からあなたの罪を読み上げられ、、失われた罪人のために設けられた大いなる白い御座での裁きで、神があなたに備えて記録された、あなたの罪のために、神はあなたを地獄へと定められる、という説教でした。

しかし、あなたはそれらの説教による咎めに対して抵抗しています。 あなたはそれらの突き棒によって目覚めた状態へ移される事を拒絶しています。 あなたはこれらの説教に対して抵抗しています。 なぜなら、神の律法による厳しい咎めがあなたを目覚めさせ、そしてキリストへ来るようにあなたを動かす事を望んでいないからです。 

過去数日間に、あなたが抵抗して来た二番目の突き棒は、聖霊が幾度も幾度も現われ、あなたに悟らせようとした、聖霊による咎めと刺激です。

“罪についてと言ったのは、彼らがわたしを信じないからである。” (ヨハネによる福音書16章9節)

これらは、神があなたはひどい罪人であり、恐ろしい危険の中にいるひどい罪人であるという事をあなたに悟らせ、あなたを動かされる為に用いられた二つの主な突き棒です。 しかし、あなたはあなたを罪人と定める神の律法の説教に対して、心の中で抵抗して来ました。 そして、あなたの罪を悟らせようとあなたに現われた聖霊による罪の自覚に対しても抵抗して来ました。 あなたのキリストに対する反発の深刻さなどをあなたに表す為に、聖霊があなたの良心を攻め立てるごとに、あなたが聖霊に対して抵抗する事で、聖霊による罪の自覚をさげすみ、そして追いやりました。 しかし、イエスがこう言われたことは正しいことでした。

“無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。”
      (使徒行伝第9章5節)

Ⅱ 次に、あなたはどのように神の突き棒に抵抗するのか。

あなた方のある人は、神から送られたこれらの突き棒を、説教やカウンセリングに注意を払わないことで抵抗しています。 あなたは集中せず、そうすることによって悪魔に機会を与えているのです。

“[あなたが]信じることも救われることもないように、悪魔によって[あなたの]心から御言が奪い取られる”
     (ルカによる福音書第8章12節).

他の人達は、神の律法に抵抗しながら、心の中で説教者と口論をしています。 説教に譲歩し、説教者があなたの罪深い心について語っていることに同意する代わりに、あなたは、いろいろと考えを巡らし、鋭い説教の突き棒から逃れようとします。 中には、教会の執事の言うことを聞かずにいる人もいます。 彼が、あなたの罪のことを言うのをあなたは嫌がり、そして、彼があなたを突き、キリストへの信仰に導こうとする彼の言葉を拒否し、あなたは神の突き棒に抵抗するのです。  

罪のために、心の中で抵抗するのを避けようと、先週の大事なミーティングに来なかった人達がいます。 

そして、その抵抗を避けるために、できる限りのことをする人もいます。 あなたは、それは、煩わしく、嫌悪をおこさせるので、すべてが終ってほしいと欲するのです。 しかし、あなたは罪に目覚めません。 ああ! あなたは、執事が、あなたは救われました、と言ってくれないので失望するだけです。 そして、もとのところ、すなわち自分がってな罪のところに戻されるのです。 しかし、そのようなこころの葛藤や失望は、たとえ、流す涙であっても、あなたのこころがイエス・キリストに来た証とはならないのです。 ああ! あなたの失望は、あのカインのようである。 カインが自分の罪と向かい合わせになったとき、聖書は次のように語っています。

“カインは大いに憤って”(創世記第4章5節).

これは、あなたの顔は、葛藤と失望のうちにあるのです-しかし、カインのように、あなたは罪の悟り、懺悔、そしてキリスト・イエスに来ることを拒否します。 律法や聖霊による悟りに対して、無駄な抵抗をするのは困難なのです。 そうすることは、あなたを消沈させ、惑わし、希望を失わせます。 そのような不幸せな、恐怖に慄く状態にいるのは、何と怖いことでしょうか! イエスが言ったように、

“無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。”
      (使徒行伝第9章5節)

Ⅲ 最後に、神の突き棒に抵抗することを止める方法。

最初に、心を決め、キリストに対して、“主よ、あなたの突き棒を十分以上に抵抗してきました。 私は、今あなたに来ます”と言うことです。 正直にイエスにそのように言いなさい。 そうすれば、彼は、

“あなたがたは、神の力強い御手の下に、自らを低くしなさい。 時が来れば神はあなたがたを高くして下さるであろう。”
      (ペテロの第一の手紙第5章6節)

あなたのこころをキリストに渡しなさい、そして彼は“時が来ればあなたを高くして下さるであろう”。 彼はご自身の御血でもってあなたを罪から洗い清めてくださるでしょう。 そして、彼の完璧なる正義でもってあなたをお包みになるでしょう。 

次に、カウンセリングの部屋で、執事があなたに言うことを聞き、それに従い、神の突き棒に抵抗することを止めることです。 それは正に、イエスがパウロに、無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である、と話された後、パウロが行ったことではないですか? パウロが次に何を言ったか覚えていますか? 彼はこう言いました。

“(主よ、わたしは何をすればよいのですか?)さあ、立って、町にはいって行きなさい。 そうすれば、そこであなたのなすべき事が告げられるであろう。”(使徒行伝第9章6章)

これが、正に今晩、あなたがすべきことなのです。 立って、カウンセリングの部屋に行きなさい。 そこであなたのなすべき事が告げられるでしょう。

あなたが神の突き棒を抵抗することを止めるとき、あなたはカウンセリングの部屋に行き、執事が言うそのままのことをしなさい。 そんなに長くは、おそらく今晩、あなたは、

“わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。” (ローマ人への手紙第5章1節)

アーメン!

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
住所:www.realconversion.com (Sermon Manuscripts) をクリックしてください。

クレイトン L. チャン医士による説教前の聖書の朗読: 使徒行伝第9章1-6節.
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏 (Mr. Benjamin Kincaid Griffith) による説教前の独唱:
“Yes, I Know” (by Anna W. Waterman, 1920).


要 綱

神の突き棒

R. L. ハイマース, Jr. 神学博士 著


“無駄な抵抗をして傷つく事は、あなたにとって困難である。”(使徒行伝第9章5節) 

(使徒行伝第9章4‐5節)

I.   最初に、あなたが抵抗している突き棒。
ヨハネによる福音書第16章9節。

II.  次に、あなたはどのように神の突き棒に抵抗するのか。 
ルカによる福音書第8章 12節;創世記第4章5節;
ヨハネの黙示録第13章8節。

III. 最後に、神の突き棒に抵抗することを止める方法。
ペテロの第一の手紙第5章6節; 使徒行伝第9章6節;
ローマ人への手紙第5章1節。