Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。




決断主義と鬼神論

ロバート ハイマース 神学博士 著

DECISIONISM AND DEMONOLOGY
by Dr. Robert Hymers

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2006年1月27日、金曜日の晩に説かれた説教

A sermon preached on Friday Evening, January 27, 2006
at the Baptist Tabernacle of Los Angeles

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。 イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやし”(ルカによる福音書第9章42節)


スポルジョンは、「悪霊にとりつかれているこの子供は、神を信じない、そして改心されていない全ての者の、もっとも適した象徴[典型または実例]である」(C. H. Spurgeon, “The Comer’s Conflict With Satan,” The New Park Street Pulpit, Pilgrim Publications, 1981 reprint, volume II, p. 369)  あなたは悪魔にとりつかれてはいないかもしれませんが、もし改心されていないのでしたら悪魔にずいぶん影響されているのは確かです。 このことは使徒パウロによって明白に語られています。

“もしわたしたちの福音がおおわれているなら、滅びる者どもにとっておおわれているのである。 彼らの場合、この世の神[サタン]が不信の者たちの思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光の福音の輝きを、見えなくしているのである。”(コリント人への第二の手紙第4章3-4節)

さらにまた、聖書は私達にサタンについて「空中の権をもつ君、すなわち、不従順の子らの中に今も働いている霊」(エペソ人への手紙第2章2節)と言っています。 これらの二つの節は、サタンが不信者の思いをくらませていること、そしてサタンは改心されていない者のこころの中で“働いている”ことを言い表しています。

このように、全ての改心されていない人は、私達のテキストの最初の部分で語られている、その若者によって描かれています。

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた・・・”(ルカによる福音書第9章42節)

私は2004年の11月にローズボールで行われたビリー・グラハムの南カリフォルニアでは最後になるこのクルセードで、この実例をはっきりと目の当たりにしました。 その集会の最後の方でなされた招きの時に、ある青年が「イエス様、私をあわれんでください! イエス様、私をあわれんでください!」と叫び始めました。 彼は出来る限りの大声で叫んだのです。 そこで、ビリー・グラハムは静かに説教壇に立ち群衆をなだめ、その青年は武装した警備員に外へ連れられていかれました。 彼は「イエス様、私をあわれんでください!」と叫び続けました。 この青年は悪魔に感化されていることは私には分かりましたが、何の助けもなく警備員によってすみやかにローズボールから連れ去られたのです。 そして、その招きは静かに続けられました。 何千人もの人達がその招きに答え、ある人はおしゃべりをしながら、また中には笑いながら、着席の通路から押し流されたように、“前方に出て”きました。 私には彼らはほとんどみな、あの感情を爆発させた青年のようにサタンにより盲目にされ、“動かされている”と見えました。 なぜなら、“前方に出て”きた人達の表情の中に、彼らが多少の罪の自覚や真実の悔い改めの、外見的な表れやしるしをみなかったからです。 “前方へ出て”きたその群衆全体が、警備員に引っ張られた青年のように悪魔に感化されているように、私には思われました。

イエス・キリストの奉仕について知識のある人は、私達のテキストで上げられているような、キリストの奉仕と、ローズボールでのビリー・グラハムの奉仕との間にある大きな矛盾をすぐに見分けたはずだと、私は思います。 キリストはその子を拒否せず、癒されました。 キリストは、何千人もの軽率でおもしろ半分で“前方に出て”きて、自分は“救われた”のだと宣言することを行いませんでした。 イエスは真剣に応じる人に対して、彼らが深く罪を悟らされ、悪魔の鎖から解き放されるまで、一人一人に気をつかわれました。 ビリー・グラハムはこの両方の立場において、キリストに見習ってはいない、と私は思います。 あの夜のグラハム博士の十分に行き届いた集会を通して、悪魔の力から解き放された人が一人でもいる、とは全く思いません。 最初の大覚醒(The First Great Awakening)のころ、ホイットフィールドやウェスリーそしてエドワードの説教を読んだ事のある人には、グラハムのこの青年に対する彼の取り扱い方、そして無関心な人達を“前方へ出て”来させるやり方、は間違っているとすぐに気づくでしょう。 

ここで名高い伝統保守派の伝道者アシェル・ネテルトン(Dr. Asahel Nettleton)博士の言葉を引用して、これらの近代的なやり方に対し鋭い非難をしてみましょう。 ネテルトン博士はこう言っています。

私は、見せかけの謝った改心の危険性について何も聞いたことがない、という思考にしばしばぶつかった。 宗教というかたちの中で悪魔的影響のようなものがあるという思考は、何ヶ月もの間、全く注目されなかった。 非常に偽善的な自己欺瞞に陥った人のような性格を今まで夢に見たことはなかった。 (Asahel Nettleton, D.D., quoted by Bennet Tyler and Andrew Bonar, The Life and Labours of Asahel Nettleton, Banner of Truth Trust, 1975 reprint, pp. 367-368).

私達のテキストに戻ります。

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた・・・”(ルカによる福音書第9章42節)

スポルジョンが言っているように、「悪霊にとりつかれているこの子供は、神を信じない、そして改心されていない全ての者の、もっとも適した象徴である。 私達の[今晩の]主題はよく知られている事実で、救い主に近づこうとしている罪人は、たびたびサタンによって投げ倒され引き裂かれるので、彼らは非常に苦しみ、絶望の中で[ほぼ]あきらめようとする。」(同著) これに関して詳しく考えてみましょう。

Ⅰ. 最初に、悪魔は何をするか。

その子供がキリストに近づいた時、悪魔は彼を倒し引き裂きました。 これはサタンがほとんどの罪人にする、彼の仕業を描写しています。 彼らが力なくキリストに来ようとする時、サタンはキリストから彼らを遠ざけようと彼らを倒し引き裂くのです。 私はキリストに来ようとする人達の思いや考えの中で、悪魔がしかける邪悪な働きをいくつか取り上げて見ます。

まづ始めに、悪魔は、あなたは選ばれている者ではないと囁き、あなたを引き裂き投げ倒すでしょう。 彼はこう言うかもしれません、「あなたがいかに奮闘し努力しても、どうしようもないのだ。 もしあなたがその選ばれている者の一人でなければ、あなたの全ての祈りや追い求める努力は何の役にもならないのだ。」 彼はこう問いかけるかもしれません、「あなたのような惨めな罪人が、選ばれているのでは、という希望をどうしてもてるのか? あなたは永遠の罰に値するのだ。 それを知っているだろう。 神は選ばれている者の中にあなたを含めてくださるという希望を、どうしてあなたは持つことができるのか?」 しかし、このような思いは聖書を読むことによって容易に克服できます。 聖書はこう語っています、“主イエスを信じなさい。 そうしたら、あなたも救われます”(使徒行伝第16章31節)。 これには何の不思議もありません。 もしあなたがイエスを信じれば、あなたも選ばれた一人となるでしょう。 聖書はこう語っています。

“信じてバプテスマを受ける者は救われる。 しかし、不信仰の者は罪に定められる。”(マルコによる福音書第16章16節)

あなたはイエスを信じるように告げられています。 あなたがイエスを信じる時、どんなにあなたが罪の深さを感じても、あなたは選ばれた一人になるのです。 しかし、彼を信じることを拒むならば、あなたは“永遠の罰が定められ”ています。 

二番目に、悪魔はあなたの悪行を思い出させることによって、あなたを引き裂き投げ倒すかもしれません。 悪魔はこう言うでしょう、「あなたがどんなに邪悪であるか思い知れ。 神に対してどんなに罪を犯してきたか思い知れ。 自分の心を覗いてみろ。 それが洗い流されることがあろうか? あなたが許されることは不可能なのだ。 あなたはあまりにもそれから離れすぎている。 あなたの心は悪すぎて救われることはない。」 あなたは今までにこのような思いで心を引き裂かれ倒されたことがありませんか?  もしあるとすれば、それは悪魔があなたの思いの中で堕落の教えについて、歪曲し、誤って伝えているのです。 あなたは再び聖書が何と言っているのかを思い出さなければなりません。 そしてサタンの歪んだ理由付けに耳を傾けてはなりません。 聖書は明確に語っています。  

“キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世にきて下さった”(テモテへの第一の手紙第1章15節)

あなたは罪人ですか? そうであれば、キリストはあなたでさえも救うために来られたのです。 キリスト・イエスは“罪人を救うために”来られました。 ですから、もしあなたが邪悪な罪人であれば、キリストはあなたを救うために来たのです! 再び、聖書はこう語っています。

“御子イエスの血が、すべての罪からわたしたちをきよめるのである”(ヨハネの第一の手紙第1章7節)

あなたがイエスに来る瞬間、彼はこう言うでしょう、

“わたしこそ、わたし自身のために、あなたのとがを消す者である。 わたしは、あなたの罪を心にとめない。”(イザヤ書第43章25節)

キリストの血が、キリストを信じる者の全ての罪を帳消しにするのです。

悪魔はあなたの罪の思いで、あなたを投げ倒し引き裂きます-しかし、もしあなたがイエスを信頼すれば、あなたの全ての悪行そして罪は、キリストの血で永久に帳消しにされるのです。 悪魔は、あなたをその思いで投げ倒し引き裂き、キリストに寄せつけないようにするのです。 なぜなら、サタンはあなたがキリストに来る瞬間、あなたの全ての堕落そして罪深い行いからあなたを癒されることを知っているからです。

“御子イエスの血が、すべての罪からわたしたちをきよめるのである”(ヨハネの第一の手紙第1章7節)

悪魔はこの章節をよく知っています。 そして、それは真実であることも知っています。 それがために、悪魔はあなたにそのことを忘れてもらいたいのです。 サタンは何よりも、誠実にそう語られている昔の賛美歌を嫌悪するのです。

インマヌエル(イエス・キリスト)の
血管から流れる御血で満ちた泉で
罪人は、そのあふれ出る流れに飛び込むとき
すべての罪なる穢れから解き放たれる
   (“There Is a Fountain” by William Cowper, 1731-1800).

あなたはこの賛美歌を信じますか? ならば、今晩キリストに逃れなさい、そうすれば彼の尊い血でもって全ての罪から、あなたは清められるでしょう。

Ⅱ. 次に、これは聖霊の働きとどのように異なるか。

立ってそのテキストを読み上げてください。 ルカによる福音書第9章42節。

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。 イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、父親にお渡しになった。”(ルカによる福音書第9章42節)

着席してください。

人がイエスに来ようとする時、悪魔の働きと神の霊の働きとの違いがあることは、このテキストより明白にされるべきです。 明白で分かりやすい違いがここにあります。 確かに聖霊はあなたが選ばれた者にはほど足りない、と警告をするかもしれませんが、それは聖霊があなたをキリストに逃れさせようと急き立てるためなのです。 悪魔はその逆をします。 サタンはあなたを投げ倒し引き裂くために、あの選ばれていないことを思い起こさせ、あなたをキリストから遠ざけます。 違いが分かりますか? 私にはとても明白ですが。 あなたにも分かってもらえるといいのですが。 

聖霊はあなたの罪そして堕落を思い起こさせます。 これは真実なことです。 そして、聖霊はとがめてこう言います、

“罪と・・・彼らがわたしを信じないからである。”(ヨハネによる福音書第16章8-9節)

悪魔はあなたを投げ倒し引き裂くために、あなたの罪を思い起こさせるでしょう。 そして、イエスからあなたを遠ざけるでしょう。 しかし、聖霊はあなたの罪を悟らせ、あなたがイエスに来て、彼を信じ、彼によって救われるようにさせるのです。 悪魔はあなたをキリストから遠ざけます。 聖霊はあなたをキリストに連れてきます。 この違いを明確に理解してくれればいいのですが。 これ以上に明確にする術を私は知りません。

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。 イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、父親にお渡しになった。”(ルカによる福音書第9章42節)

エペソ人への手紙第6章12節はクリスチャンに語られたものですが、それは次の世の霊的な戦いを表しています。 また、それは救いとも関係があるのです。

“わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。”(エペソ人への手紙第6章12節)

この章節に対して、マギー博士(Dr. McGee)はこう注釈しています。

われわれの周りには悪魔的な世界がある。 そして今のこの時においても現れているのである。 この世には霊的な力、悪魔的な働きは教会に敵対し・・・これらの事をあざけてはいけない。 霊的な敵はまさに起こっているのである。 (J. Vernon McGee, Th.D., Thru the Bible, volume V, Thomas Nelson, 1983, p. 279).

あなたが困惑しているの当然かもしれません! 昨晩、2004年にこの教会で改心した一人の若者の証を読みました。 彼はこのように言っています。

ハイマース博士は、・・・「彼が要求している全てのことは、あなたが彼(イエス)を必要としていることに気づくことである。」(ジョセフ・ハート、Joseph Hart) 今回自分にはイエス様が必要であることが分かりました。 [しかし]私は、自分には“逃れる道”はないのでは、と絶えず思いました。 ひざを曲げて祈りをする時、その思いがとっさに襲ってきました。 今では、それは私がイエス様を信頼させないようにさせた悪魔の仕業だと知っています。 そして、私はイエス様を信頼しました。 これらの思いは、私がイエス様の御もとに行くことを妨げていたのです。 ただ、イエス・キリストと彼の罪を清める血を信じるその信仰でもって、私は救われました。 ・・・イエス様は彼の尊い血でもって私の罪を洗い流したのです!

“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。 イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、父親にお渡しになった。”(ルカによる福音書第9章42節)

ひざを曲げて祈りをする時、その思いがとっさに襲ってきました。 今では、それは私がイエス様を信頼させないようにさせた悪魔の仕業だと知っています。 そして、私はイエス様の御もとに行きました。 ただ、イエス・キリストと彼の罪を清める血を信じるその信仰でもって、私は救われました。 ・・・イエス様は彼の尊い血でもって私の罪を洗い流したのです!

今夜、それと同じ喜ばしい経験があなたにも起こればよいのですが。 あなたがイエス様の御もとに来て、救われることになるとよいのですが。

(説教終了)
ハイマース博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
住所:www.realconversion.com “Sermon Manuscripts”をクリックしてください。


説教前の聖書朗読:ルカによる福音書第9章37-43節


要 綱

決断主義と鬼神論

ロバート ハイマース 神学博士 著


“ところが、その子がイエスのところに来る時にも、悪霊が彼を引き倒して、引きつけさせた。 イエスはこの汚れた霊をしかりつけ、その子供をいやして、父親にお渡しになった。”(ルカによる福音書第9章42節)

コリント人への第二の手紙第4章3-4節;エペソ人への手紙第2章2節

I.   最初に、悪魔は何をするか。 使徒行伝第16章31節;
マルコによる福音書第16 章16節;テモテへの第一の手紙第1章15節;
ヨハネの第一の手紙第1章7節; イザヤ書第43章25節

II.  次に、これは聖霊の働きとどのように異なるか。
ヨハネによる福音書第16章8-9節;エペソ人への手紙第6章12節