Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。


私の人生における祝福

R. L.ハイマーズ神学博士 著

カリフォルニア州、ヨルバ・リンダ市の
リチャード・ニクソン大統領・ライブラリーにて
2018年4月8日、主の日の晩の説教

THE BLESSINGS OF MY LIFE
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Richard Nixon Presidential Library,
Yorba Linda, California
Lord’s Day Evening, April 8, 2018

起立して下さい。 私の生涯にわたる人生聖句を読み上げます。

“私は、私を強くしてくださる方によって、
どんなことでもできるのです。”
(ピリピ人への手紙第4章13節、新改訳)

着席して下さい。

あなた方は、私の説教六十周年記念を祝うのに、なぜ私がニクソン・ライブラリーを選んだか不思議に思うかもしれません。 私の自叙伝を読むと、どのように私がニクソン大統領から、私の人生の聖句を選んだかを見出すでしょう。

“私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。”(ピリピ4:13)

私の父は、私が二才の時に家を去りました。 その後、父と一緒に住む事はありませんでした。 私は十二才まで母と一緒に暮らし、その後は、私を迷惑がる親戚の家を転々と移り住みました。 私は高校を卒業するまでに22校に通いました。 私は常に「新入生」でした。 私は孤児同然でした。 しかし、何よりも私に欠けていた事は、父親無しで育ったことでした。 私には何の助けも、また支援もありませんでした。 そして最悪な事は、私に模範となる父親が無かった事です。 ですから、私は歴史上の人物に目を配り始め、彼らから模範となる人物像を築き上げました。 これらの男性が私のヒーローとなりました。

私は、彼らを俗世間の模範人物とクリスチャンの模範人物とに分けました。 私にとってのヒーローは、大いなる試練に直面しても、それらを克服した全ての男性です。 クリスチャンとしての模範となるヒーローは、アブラハム・リンカーン、ジョン・ウェスレー、リチャード・ウォームブランド、ジョン・R・ライスのような男性でした。 私の俗世間からのヒーローは、ウィンストン・チャーチルとリチャード・ニクソン大統領でした。 ニクソンの伝記作家の一人は、「彼は外向的な業界にいる、内向的な男性であった。 彼は非常に成功した政治家となった。 内気で本好きなニクソンは、打ち負かされ、仲間はずれにされ、且つ―常に彼は、障害がどのようなものであろうとも―立ち上がった。」と書いています。 しかし、彼はクリスチャンではありませんでした。 常に彼は、戦う為に何度も立ち上がりました。 ピリピ人への手紙第4章13節は、ニクソンの好んだ聖書の御言葉でした。

ニクソン大統領がその聖句をそれほどまで好んだ理由を知った後、私は、彼を非難する事が出来ませんでした。 彼は多くの障害を克服しました。 私は彼に意気投合しました。 人生のどん底に落ちた時、私は、「リチャード・ニクソンが、ウォーターゲート事件を貫く事が出来たのなら、私も乗り越えられる」と、しばしば自分を勇気付けました。 ニュースレポーターのウォルター・クロンカイトは、「あなた、もしくは、私が、リチャード・ニクソンだったなら、長くはもたなかったであろう」と言いました。 私にとって、彼は信念の範でした。 ニクソンは、「敗北の時が、人の終わりではない。 彼が止める時に、その人は終わりである」と言いました。 誰も彼を止める事は出来ませんでした。 1960年に、彼は大統領選挙でジョン・F・ケネディー民主党候補に敗れました。 1962年に、カリフォルニア州の知事選でも敗北しました。 1968年に、大統領選を制しました。 彼は、ウォーターゲート事件で政権から追い出されました。 しかし、彼は常に舞い戻って来ました。 ですから、彼はクリスチャンではなかったけれども、ニクソンは俗世間における私のヒーローの一人なのです。

使徒パウロはこのように言いました、

“私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。”(ピリピ4:13)

それは、私の頭髪が生え戻るといったような意味ではありません! それは、私が空を飛べるといった意味でもありません! それは、数学が良くできるようになるといった意味でもありません! 使徒パウロは、全ての試練に打ち勝つ事が出来る、そして、彼は全ての義務を成し遂げる事が出来る―彼を強くして下さるイエスによって、全ての障害を乗り越える事が出来る、と語ったのです。 それは私にとっても真実である事を見出しました。 私はこの御言葉を神に感謝しています。 それ以上に、私を強くして下さるキリストに、私は神に感謝しています! 私は大学で試験に落ちましたが、キリストは私に力を与えて下さり、大学に再度戻り、三つの博士号の学位を取得しました。 私は宣教師になる事は出来ませんでしたが、キリストは、私達のウェッブサイトを通して、世界中の人々への、力の源にして下さいました。

あなた方が私の本を読む時、グリフィス氏が歌った賛美歌が、私の大好きな歌である理由を見出すでしょう。

主は我らを呼ばれる 道はあたかも単調で赴き無きが
   危険と悲しみは、わだちに散らばらん
神の聖霊は、我らの疲れを慰めん
   救い主に従い行く我ら、後戻りすることなし
主は我らを呼ばれる 疑いと誘惑は
   我らの前に徘徊せど、我らは声高らかに歌う
多くの苦難を経て、“前進せよ、前方を仰ぎ見よ”
   シオンの子らは、彼らの王に従わん(直訳)
(“The Master Hath Come” by Sarah Doudney, 1841-1926).

私の息子ロバートが、私に自叙伝を書くようにと言ったので、私はそれを書きました。 私の人生は逆境、奮闘、そして苦悩で満ち、私はそれを喜んでは書けませんでした。 文章があまりにも否定的で、何度もそれを捨てようとしました。 しかし、ジョン・サミュエル・ケイガン(John Samuel Cagan)が、「ハイマーズ先生、捨てないで下さい。 あともう一章だけです。 先生のお母さまが、『神からの祝福を数えてごらんなさい』と言われた事を書いて下さい。」 私は、ジョンの言葉に耳を傾け、最後の章を書き上げました。 ここでその短縮した文章を記します。

私は、病院で母のベッドの脇に座っていました。 それは感謝祭の数日後の事でした。 そこで私の大好きな人物の一人、アブラハム・リンカーンについて、リンカーン大統領がどのように感謝祭を国民の祝日としたかを話していました。 私達は感謝祭で歌ったこの賛美歌を歌いました。

のぞみもさえゆくまでに
よのあらしになやむとき
かぞえてみよ主のめぐみ
ながこころはやすきをえん
かぞえよ主のめぐみ
かぞえよ主のめぐみ
かぞえよひとつづつ
かぞえてみよ 主のめぐみ
   (『のぞみも消えゆくまでに』“Count Your Blessings”
      by Johnson Oatman, Jr., 1856-1922).

私達がそれを歌った後で、「ロバート、私達の人生で感謝すべき事が沢山あります。」と母は言いました。 そうして私達は、私達の神による祝福を「ひとつづつ」数え始めました。 母は、私の息子、ロバートとジョンについて神に感謝しました。 そして私の妻、イレアナについて感謝し、「ロバート、彼女は私にとても良くしてくれました。 彼女はすばらし母親、そして妻ですよ。」と言ってくれました。 そして母は、私達の教会について神に感謝しました。 教会のメンバー達を「一人づつ」神に感謝しました。 そうして、私は感謝すべき幾つかの事を挙げ、もう一度私達はこの賛美歌を歌いました、

かぞえよ主のめぐみ かぞえよひとつづつ
かぞえてみよ 主のめぐみ

夜も更けていました。 私は母にキスをして病室を去る時、私が一生忘れる事の無いこの一言を母は口にしました。 母は、「ロバート、あなたは私の全生涯で起こった最もすばらしいものです」と言いました。 私は目に涙をためて彼女の病室を出て行き、病院を立ち去りました。 それが母との最後の会話でした。 母はその晩遅くに、度重なる脳卒中で生涯を終えました。

「ハイマーズ先生、捨てないで下さい。 あともう一章だけです。 先生のお母さまが、『神からの祝福を数えてごらんなさい』と言われた事・・・」ですから、次に述べるこれらが私の生涯の長旅で、神が私に下さった驚くべき祝福です。

まず、母がついに救われた事を神に感謝します。 彼女が八十歳の時で、私は、彼女は決して回心しないと思っていました。 私はイレアナと息子達とニューヨークにおり、幾つかの教会で説教していました。 私は母の救いを祈りながら、部屋を歩き回っていました。 突然、私は母が救われる事を知りました。 私は昔のクリスチャン達が言ったように、私は「祈り通し」ました。 私はケイガン先生に電話をし、彼に私の母の所に行って、彼女をキリストに導くようお願いしました。 母は、ケイガン先生の言う事に耳を傾けた事はありませんでした。 しかし、この時は、彼女はイエスを信じたのです。 全ての真の回心が奇跡であるように、母の回心もそうでした。 回心したその日から、母は喫煙と飲酒をきっぱりと止めました。 私は医者から、そのように突然お酒を止めるアルコール中毒者は、フェノバルビタールを与えないと痙攣を起こすでしょう、とアドバイスを受けました。 しかし彼女には必要ありませんでした。 それは正に奇跡でした。 母はきっぱりとたばこを、お酒もいっさい飲みませんでした。 私は、彼女の好んだ祭日、七月四日の独立記念日に、母にバプテスマ(洗礼)を施しました。 私は、母の回心を神に感謝しています。 

二番目に、私の素晴らしい妻イレアナを神に感謝します。 彼女は、私が執り行った結婚式にやって来ました。 結婚式の前に、私はヨハネの福音書第3章16節について短い説教をしました。 それは、彼女がプロテスタント教派の教会で、初めて聞いた説教でした。 彼女は招きに応え、すぐに救われました! 私が最初に彼女に、私との結婚を申し込んだ時、彼女は「ノー」と言いました。 私は悲しみに打ちひしがれました。 (今夜ここに出席している)オーランドとアイリーン・バスケスは、私をプエルトリコに連れて行ってくれました。 私はそこでも、イレアナの事を思い続けていました。 彼女もまた私の事を考えていました。 彼女は、「彼がもう一度、私に申し込んでくれるなら」と願っていました。 私は再度、結婚を申し込みました。 そして彼女は、「イエス」と言ってくれました。 結婚して三十五年が経ちます。 私は毎日、美しい妻の事を神に感謝しています! 彼女はこう書かれたカードを私にくれました。 「ロバート、私は心の底からあなたを愛しています。 愛をもって、イレアナ」 彼女は、箴言第31章の高潔な女性の様です。 あなた方がその章を読むなら、それが私の愛する妻イレアナを描写している事が判るでしょう。 私は永遠に彼女を大切に思うでしょう。 彼女の父親は、今日この集会に参加しています。 義理の父はグアテマラからはるばる来て下さいました。 クエアーさん、ありがとうございます! そして、彼女の兄弟と彼の家族も今日ここに来ています。 エドウィン、ありがとう! 

三番目に、私は二人の息子達、ロバートとジョンを私に下さった事を神に感謝します。 彼らは双子です。 現在34才です。 彼らはどちらもノースリッジ市のカリフォルニア州立大学を卒業しました。 ロバートは、美しい韓国女性ジンと結婚しました。 彼女の御両親と彼女の兄弟と彼の妻はここに出席しています。 ありがとうございます! ロバートとジンには二人の女の子、ハンナとセラがいます。 神様が私にかわいい孫達を下さった事に感謝します。

もう一人の息子は、ジョン・ウェスレーです。 英国の素晴らしい説教者の名前から名付けました。 ロバートとジョンはどちらも私達の教会の全ての集会に出席しています。 ウェスレーは祈りの人です。 彼はしばしば何時間も祈り、聖書を読んでいます。 彼は立派なクリスチャンであり、私の友人です。 私は二人の息子達にとても満足しています。 彼らは、私達にとって素晴らしい祝福です。

私は、クリストファー・ケイガン先生を神に感謝します。 彼は、私に無かった兄弟です。 彼は、私の最も親しい友人で、最も身近な協力者です。 私達は互いに尊重し合い、ファースト・ネームで呼び合う事はありません。 私達が二人だけの時でも、常に私は彼をドクター・ケイガンと呼び、彼は私をドクター・ハイマーズと呼んでいます。 そのような賢明で忠実な友人を私に与えてくださった神に感謝しています。 私達は互いに理解し合っています。 私達はどちらも内向的な傾向があり、そして、祈りや聖書を学ぶ事に多くの時間を費やします。 彼の考え方は、どちらかというと科学的で数学的、私はどちらかというと、神秘的で直感的です。 しかし、私達は完璧に、また容易に仕事を共にしています。 私達は、ホームズとワトソン、ジョンソンとボーズウェル(ある人は、「ローレルとハーディやアボットとカステロ 」のような昔のコメディアンも加えました)のようなパートナーです。

私はイノベーターで、ケイガン先生はコンソリデーターです。 私は文学的なものの考え方をし、彼は数学的なものの考え方をします。 ケイガン先生は、私を指導者と見なし、私は彼を天才と見なしています。 私達のパートナーシップは、私達の両方を祝福しています。 私はケイガン先生について神に感謝しています。

私は、ジョン・サミュエル・ケイガンについて、神に感謝します。 彼はケイガン先生とケイガン夫人の長男です。 ジョンは、この集会を指揮している若者です。 彼は、昨日バプテスト主義派の説教者として叙任されました。 ですから、今晩彼はジョン・サミュエル・ケイガン牧師です! 彼は非常に素晴らしい説教者でありカウンセラーです。 私はジョンを牧師職における「息子」と見なしています。 彼はバイオラ大学内のタルボット神学校の二年生です。 彼は非常に聡明な若者です。 父親は二つの博士号を取得し、母親のジュディは医者であるからして、それは不思議ではありません。 ジョンは優等生です。 彼は神学博士号の取得を計画しています。 彼は二十四才の若さで、インド、ドミニカ共和国、アフリカ大陸の三カ国での伝道集会で説教しました。 彼は毎週日曜日の午前に、私達の集会で説教しています。 私達は毎週木曜日の午後、共に過ごし、神学や奉仕活動について話し合います。 私はジョンを神に感謝しています。 彼は私達の教会の次の牧師として、私の後を継ぎます。 彼は私の友人です。

私はノア・ソングを神に感謝します。 彼は私のもう一人の 「プリーチャー・ボーイ」です。 ノアは大学を終え、神学校に通う計画を立てています。 彼とジョン・ケイガンはすばらしいチーム仲間となり、彼らは将来、私達の教会を導いていくでしょう。

私はノア、アロン・ヤンシー、ジャック・ナン達を神に感謝します。 彼らは私達の新たに任命された執事です。 アロンは私の友人です。 彼は、一羽のひなだけをもつ雌鳥のように私を見守ってくれます。 彼は私の最も親しい友人の一人です。 ジャック・ナンは結婚しており、彼には二人の息子がいます。 あなた方は未だ知らないでしょうが。私の生涯はまだ終わりではありません! 来年、私はジャック・ナンの家で新しい中国人の教会の設立を計画しています。

ジョン・ケイガン、ノア・ソング、アロン・ヤンシー、ジャック・ナン、ベン・グリフィスは、私の祈祷会のパートナーです。 私達は毎週水曜日の晩に、私の書斎で共に祈ります。 私はこれらの男性達を神に感謝しています。 彼らは、特に私が癌の治療を受けている間、苦難を乗り切れるよう支援してくれました。

私は医学博士チャン先生、サラザー夫人、そして「サーティーナイン」の方々を神に感謝しています。 チャン先生は、私達の教会の牧師補佐役で、伝道と電話を通しての奉仕を担当しています。 サラザール夫人はスペイン語によるミニストリーの担当をしています。 「サーティーナイン」の方達は、教会の大分裂の際に、教会を破産から救った方々です。 私は、彼ら一人一人を神に感謝しています。 私はアベル・プルードホㇺ氏を神に感謝しています。 彼は教会の分裂を止めた人です。 そして、私はバージルとベバリー・ニコールを神に感謝しています。 彼らは、私達の教会の建物を購入する際、ほぼ全額を融資して下さった方達です。 彼らは、私達への支援に対して、考えを揺るがす事はありませんでした。 彼らは現在、私達の教会の名誉会員です。

私達の教会は、50パーセントが三十才未満の若者達で構成されています。 私は常に若者達の牧師として楽しんでいます。 現在の教会に出席している人達は、私の知る限り、最もすばらしい人達です。 現在、八人の立派な執事達がおり、彼らは二年毎に交代します。 アロン・ヤンシーは、恒久的に執事の会長を務め、彼の地位は交代する事はありません。 私はそれらの人達を神に感謝しています。

教会の高齢者は、全ての教会の活動に大々的な支援を施しています。 彼らは全ての集会に出席しています。 彼らの祈りはすばらしく、私達の教会を築き上げる為に懸命に働いています。 私がモンテベロ市に行き、新しい中国教会を建て上げる間、ジョン・ケイガンと彼の父親に日曜日の午前の集会を委ねる事に、私は何の恐れもありません。 私は彼らを全面的に信頼しています。 そうして、毎週日曜日の晩にはこの集会で説教する為に戻って来ます。

私の全生涯は、私達の教会の人達を中心に展開しています。 彼らは私の「家族」です。 このような素晴らしい大家族の家長になる事は、私に偉大な喜びをもたらします。

“それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。”(ヨハネ13:35)

私は、この実話をあなた方に話す事無く、このメッセージを終止する事は出来ません。 私がマリーン郡のオープンドア教会で説教していた時、若者達のグループを毎週金曜日と土曜日に、サンフランシスコ市に連れて行きました。 彼らがトラクトを配っている間に、私は道端で説教しました。 私達はしばしばサンフランシスコ市のノースビーチあたりに行きました。 そこは、人々が麻薬を扱い、そして多くの「ストリップ・ティーズ」等のいかがわしい店などがあり、みだらな場所でした。 私は通常、「エデンの園」と呼ばれたストリップ劇場の真ん前で説教しました!!!

ある晩、教会の若者達が一人の若い男性を私の所に連れて来ました。 彼は、非常に高価なヘロイン中毒症を持っていると私に話しました。 彼はそれを完全に止める事を望んでいました。 彼と話している間、私は彼の誠実さを感じました。 その晩、私は彼を自分の車に乗せ、私のアパートに連れて行きました。 私は彼をキッチンに置き去り、私の寝室に鍵をかけ、休みました。

数日間、彼はキッチンの床に座り、ひどい離脱症状を体験し、最終的にある程度それが治まり、彼は私にギターを求めました。 私は教会の青年達にギターを持って来させました。 彼は床に座り、数日間それを弾きました。 そうして彼は賛美歌集を求めました。 私達はそれを持って来て、彼はある賛美歌の歌詞から新しい旋律を奏で始めました。 数年が経ち、私は彼の名前も忘れてしまいました。 常に、彼をDA(麻薬常用者/drug addict)と呼んでいたからです!

   DAは「これを聴いて下さい」と言い、ギターを手に取り、賛美歌集を開き、アルバート・ミドレイン(Albert Midlane,1825-1909)の賛美歌『Revive Thy Work』を、彼の新しい旋律で歌いました。 見事な美しい曲です! 私達は今日、DAの作曲したこの賛美歌を歌い

ます!

おこしたまえ リバイバルを
   みこえをいださば たみはめさめん
おこしたまえ 主よあらたに
   ちからあるわざを たみのなかに
(『おこしたまえ』“Revive Thy Work” by Albert Midlane, 1825-1909).

ロスアンゼルスに戻った後、私はDAとの連絡が途切れました。 人生は続き、私達の教会は現在の建物がある本拠地に置かれました。 ある晩に電話のベルが鳴りました。 私は自分のオフィスに行き、 「もしもし」と答えました。 電話の声は、 「ハイマーズ先生、私はDAです」と言いました。 私は 「どなたですか」と答えました。 彼は、「DAです、覚えていますか? ドラッグ・アディクト(麻薬常用者)のDAです」。  私はびっくりして腰が抜けそうでした。 私は彼の声を三十年近く聞いていなかったからです! 私は、「あなたは、今どこに住んでいますか」と尋ねました。 彼は、「私は現在フロリダにいます。 結婚して、二人の子供と素晴らしい妻がいます。 私は教会の日曜学校で教えています」と言いました。

私は喜びで笑いこけました! 私は、その晩、歌いながら家に戻りました! 六十年前に私が牧師になった事を喜ばしく思うのは、このような時です。 苦悩や悲痛を貫いた価値がありました! DAのような若者を獲得する事は、私の喜びを完璧に満たします!

私の苦悩や悲痛は、救われた全ての若者達の事を考える時、消えうせます。 私の牧師としての六十年は、私に非常な喜びを与えてくれました。 私はこの牧師業を何があっても手放しません!

いつものように、私は福音の説明に、数分間時間を懸けなければなりません。 イエスは、一つの理由の為に天国から降りて来られました―彼は私達の罪の報酬を贖う為に、十字架で死なれました。 イエスは、復活祭の日曜日に,骨肉を持って身体ごとよみがえられました。 彼は、全ての罪から私達を清める為に御自分の尊い血を流されたのです。 イエスは、私達に彼を信頼するよう告げられました。 そうして、私達は罪から清められるのです。

私は完璧になって、自分の救いを得ようとしました。 私は偽善者のパリサイ人の様でした。 しかし1961年9月28日に、バイオラ大学で、イエスを信頼しました。 私をキリストに導いたのはこの賛美歌でした。

我が囚われの霊は長く横たわり
   我は 罪と暗闇の中に固く捕らわれし
汝の眼は活気づく光を放散し
   燃え立つ光でもって、我は牢で目を覚ます
鎖はほどけ、我がこころは自由になりし
   起き上がり、我は汝に従わん
驚くばかりの愛!
   我が神である汝は、我がために死するとは (直訳)
(“And Can It Be?” by Charles Wesley, 1707-1788).

イエスは神の人間の御姿でした。 イエスは私の為に死なれたのです。 私は新たな見方でイエスのことを考えました。 私はキリストを信頼しました。 あなた方がイエスを信頼し救われる事を、私は祈ります。 そうして、聖書を信じるローカルの教会に出席し、イエス・キリストの為に生きなさい。

そうして、私はあなた方皆さんに、全ての困難にも関わらず、全ての恐れにも関わらず、私を祝して下さったように、神の御祝福があなた方にもありますように。 そして、“私の子どもたちが真理に歩んでいることを聞くことほど、私にとって大きな喜びはありません。”(ヨハネ第三1:4) アーメン。

私はここでジョン・ケイガン牧師にこの集会を閉会するよう委ねます。 (ここでジョンが二つの誕生日のケーキを伴い、「ハッピーバースデイ・ツーユー」を皆で歌って、ハイマーズ先生とハイマーズ夫人の誕生日を公表しました。)


ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。 もしあなたがこれらの説教で祝福されるのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。 ハイマーズ博士の電子メールの住所はここをクリックしてくださいrlhymersjr@sbcglobal.net。 どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。 ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

ジョン・ウェスレー・ハイマーズ氏による説教前の朗読:詩篇27:1-14
ベンジャミン・キンケイド・グリフィス氏による説教前の独唱:
     “Must Jesus Bear the Cross Alone?” (by Thomas Shepherd, 1665-1739; first and last stanzas)/
     “The Master Hath Come” (by Sarah Doudney, 1841-1926; last two stanzas)/