Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。


あなたの栄光を私に見せてください

R. L.ハイマーズJr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2017年8月12日、土曜日の晩の説教

SHOW ME THY GLORY
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Saturday Evening, August 12, 2017

出エジプト記第33章を開いて下さい。 それはスコーフィールド・スタディー・バイブルの115ページです。 では起立して、出エジプト記第33章18節に注目して下さい。 それは、モーセの神への祈りです。

“すると、モーセは言った。「どうか、あなたの栄光を私に見せてください。”(出33:18)

着席して下さい。 あなた方が、ジョン・サムエルの説教『Order and Argument in Prayer』を覚えているならば、そのような祈りを出エジプト記第32章と第33章に見出すでしょう。 モーセは、15節と18節でピークに達する祈りを神に捧げました。 15節でモーセは、“もし、あなたご自身がいっしょにおいでにならないなら、私たちをここから上らせないでください”と言っています。 18節では、“どうか、あなたの栄光を私に見せてください”とも言っています。 「栄光」はヘブライ語で、文字通り「神の重さ」を意味する 「kavōd(カーボード)」です。 私は実際に、私の人生で何回かその「重さ」を感じました。 私が15才の時に、フォーレスト・ローン墓地の芝生で息を切らせながら倒れた時、私は神の重さが、軽いシーツの様に私に降りて来るのを感じました。 私が体験した異なる三つのリバイバルで、私の周りの空中でカーボードが感じられました。 ブライアン・エドワードは、「神の『御臨在』は、人間の言葉では説明し難い。 それはリバイバルの特殊な体験を説明する」(Revival: A People Saturated With God, p. 136)と言いました。 「アダムとエバは、神の御臨在から身を隠した。 そして、聖書は、カインは神の前から去って」(同著、p. 135)と書いています。 「リバイバルでは、神の御臨在が、明白に感じられる体験となる」(同著、p. 134)。 「リバイバルでは、[神の御臨在が]確かとなり、時には、それが圧倒的に感じられる」(同著、p. 135)。

「リバイバルは何であるかを理解する事が鍵である。 今日、礼拝に欠けているアスペクトがあるなら、それは神の御臨在である。・・・それゆえ我々は、礼拝でそのように軽率な振る舞が出来るのである。 リバイバルにおける聖霊の深き働きは、常に神の御臨在を我々に確信させる事に注目される。・・・リバイバルは異なる。 神がそこに御臨在される事が感じられ、そして不信者さえもが“神が確かにあなた方の中におられる”(コリント第一14:25)事を認めさせられる。」 「神の御霊が降りて下られる時、彼は教会の祈りに応じ、彼らの内に新たな息を吹き込まれる」(同著、p. 129)。 罪の告白が、キリストの血により新たに浄罪へとクリスチャンをもたらした後、「リバイバルで、祈りが歓喜、喜びとなる。」(同著、p. 129)

サクソニーでは、「キリストへの身近さが、同時に私達に感じさせられた・・・その時から、その年の冬までに、[そこで]主の成された事は、言葉で表現出来ない。 その場所全体が、神と人との幕屋の様に感じられた」(同著、p. 135)。 韓国では1907年に、「各々が教会へ入った時、部屋が神の御臨在で満ちているように感じた・・・その晩、表現出来ない神への身近さを感じた」(同著、p. 135, 136)。

1980年11月、友人と私は、テレビ番組でのジョン・R・ライス博士のインタビューの為に、テネシー州マーフリーズボロを訪れました。 高齢のライス博士は、脳卒中で苦しい生活をしていました。 85歳のライス博士は、私達に会いに車椅子で運ばれて来ました。 係りの人達が車椅子を押していた際に、友人と私は カーボードが空中に軽い重さの様に下って来るのを感じました。 私は神が降りて来られたのが判ります、なぜなら、私が目撃した三つの典型的なリバイバルで、それがその時のように正に感じられたからです。

私達はその街で、地元のカメラとカメラマンをこの時のために雇いました。 カメラを操作していた男性は、カトリック教徒でしたが、自分の教会を去りました。 私達がライス博士にインタビューをしている時、そのカメラマンは涙を頬に流していました。 彼は、ライス博士が催した偉大な伝道集会について途切れ途切れ話す間、そのカメラマンは涙をぬぐい続けました。 そうしてインタビューは終わり、彼らはライス博士を車へと車椅子を押して行きました。 友人と私は、カメラマンとその部屋に残されました。 彼は泣き続けていました。 彼は、ライス博士について私に尋ね、ライス博士が偉大な人物である事を、私は彼に説明しました。 私が話していた時、神の御臨在が更に明らかになっていくのが感じられました。 その男性は泣いていました。 私は「イエスはあなたを愛しておられます。 イエスを信頼しなさい、そうすれば彼はあなたを罪から清めて下さるでしょう」とだけ告げました。 それ以上の事は必要無かったのです。 彼はひざまずいて、涙を流しながらイエスを信頼しました。 それはとても容易な事でした、なぜなら、神の御臨在がそこにあったからです。 私は、“主の御霊のあるところには自由があります”(コリント第二3:17)が思い浮かびました。 ライス博士のように、神の御霊の力が私達にあるならば、教会を訪ねて来る人達、初めて訪ねて来た人達でさえも、回心する事が容易となる事を私は知っています。

しかし、その他にも大きな利点があります。 それは天国を味わうという事です。 多くのあなた方にとって、天国はリアルに思えません。 しかし、神の“カーボード”が私達の教会に降りて来る時、そしてあなた方にそれが触れる時、あなた方は天国に行くような感じがするでしょう。 それは、「栄光なる神を味わう事」です。 あなた方は、天国が抽象概念の様に感じなくなるでしょう。 あなた方が私達の教会に入る時、神がここにおられるのです。 あなた方は正に天国の現実的な喜びを「味わう」でしょう。 そしてあなた方は、ジョン・W・ピーターソンの歌を大いなる歓喜を持って歌う事が出来るでしょう!

天は降りて来られ、栄光は我が魂を満たした
十字架で救い主が、我を完全にされたとき、
我が罪は洗い流され、我は闇から明るみに移された―
天は降りて来られ、栄光は我が魂を満たした (直訳)
   (“Heaven Came Down” by John W. Peterson, 1921-2006).

私は、あるペンテコスト主義派のようなワイルドで無秩序な狂信、もしくはカリスマ主義派の誤ったアイデアについて語っているのではありません。 いいえそうではありません! 彼らはしばしば、ドラムを叩き、もしくは異言なる物を口にする事によって神の御霊を得ようとしています。 彼らは善かれと思ってそうしているかもしれませんが、1905年のペンテコスト主義の創始以前は、それらは、神が集会に降りて来られ、人々をリバイバルさせる方法ではありませんでした。 私達は、昔ながらの方法に戻らなければなりません―なぜなら、昔ながらの方法は、真実の方法だったからです―そして、それは未だに真実の方法なのです

床に倒れる事によって、カーボードを私達に注がせるようにしてはなりません、とは言えども、ある人は、神が降りて来られる時、床に伏せるかもしれません。 しかし、感情的な高まり、もしくは叫びの歓喜は無いでしょう。 いいえ、そうではありません! クリスチャンが、自らの生活に忍び込んだ罪、恥じる罪、神に告白しなければならない罪、お互いに告白しなければならない過ちを意識し、天の父なる神によって霊的に癒される時に、私達は喜ぶのです! 起立してソングシートの賛美歌10番を歌って下さい。

“神よ。私を探り、私の心を知ってください。
私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私の心を知ってください。
私を調べ、私の思い煩いを知ってください。
私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、
私をとこしえの道に導いてください。”
(詩篇 139章23, 24節)

恐れてはなりません! 神はあなた方を愛しておられます。 あなた方が罪を告白する時、神はあなた方を裁かれません! 恐れてはなりません。 あなた方の罪がどんなに邪悪なものであろうとも、神はそれを癒す事が御出来になります。 神は、イエスの血によってそれを清める事が御出来になります。 説教壇の前に出て来なさい。 二人ずつ手を取って祈って下さい。 今晩、罪を言い表すようにお互いに祈って下さい。 私はあなた方を愛しています! 神があなた方を祝福して下さいますように! あなた方はこの教会で愛されています、ですから、今晩あなた方が何を告白しようと、私達はあなたを愛し続けます。 私達を信頼し、恐れてはなりません! イエスに戻りなさい、そうしてあなた方の罪が私達の救い主、イエスの血によって清められる為に、自分達の罪を告白して下さい。 あなた方がもう若くは無くとも、あなた方も今晩出て来る事が出来ます。 説教壇の脇に二つの椅子を並べます。 あなた方が公然と罪を告白すべきではないと感じるなら、ここに来て私にそれを告げなさい。 私が、それを公然と告白すべきであるかどうかを告げる事が出来ます。

ジャック兄弟は私の76才の誕生日にこのような言葉を送ってくれました。

親愛なるハイマーズ先生、

長年の貴方の忠実さに、私は感謝します。大いなる背教の間に残存者がいる理由は、[少なくとも幾分]神が貴方を用いられているからだと私はしばしば思います。…貴方の説教の真実性は、リバイバルの炎をもたらす事に役立つスパークの一部になるかもしれません。…貴方の御奉仕がこれからも祝福され、貴方の説教が(インターネットを通して)永遠に反響しますように。

            キリストに在りて、 
             ジャック・ナン 

追伸、私達が「キリストに在りて」と文面を閉じる事が出来るのは、貴方の御奉仕[私達をキリストの救いへ導いて下さった]からです。

ジャック・ナン兄弟は、私達の教会とあなた方皆さんを気に掛けている事を、私は心底知っています。 ですから私はリバイバルを強調しているのです。 誰も自分達の信仰告白だけに頼るクリスチャン生活を全うする事はできません。 あなた方は、神の恵みによって成長しなければなりません―そして、しばしばそれは苦痛を伴います。 あなた方は自分達の生活に忍び込んだ罪、もしくは過ち等に直面しなければなりません。 あなた方は、「神よ。 私を探り、私の心を知ってください。 私を調べ、私の思い煩いを知ってください。 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て」の歌を考えたくありません。 しかし、あなた方はそれについて思考しなければなりません。 それが苦痛を伴う事であっても、自分自身を省みなければなりません。 あなた方は自分の罪を言い表わし、再びイエスの血によって清められなければなりません。 そうすれば、あなた方はリバイバルで神の御臨在、カーボード、感動的な神との出会いを体験するでしょう!

“あなたの栄光を私に見せて下さい”

祈りと罪を言い表して下さい、そうすれば、神がモーセの祈りを聞かれたように、あなた方にも答えて下さるでしょう。


ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。 もしあなたがこれらの説教で祝福されるのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。 ハイマーズ博士の電子メールの住所はここをクリックしてくださいrlhymersjr@sbcglobal.net。 どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。 ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

クレイトン・L・チャン医師による説教前の聖書の朗読:イザヤ64:1-3。
ベンジャミン・キンケイド・グリフィス氏による説教前の独唱:
“May Jesus Christ be Praised” (translated by Edward Caswall, 1814-1878).