Print Sermon

これらの説教文書は、毎月221か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は40カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。


キリストの血によって洗われる!

R. L. ハイマーズ神学博士 著
ジョン・サムエル・ケイガン師による説教
ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2018年6月3日、主の日の朝の説教

WASHED IN CHRIST’S BLOOD!
(Japanese)

A sermon written by Dr. R. L. Hymers, Jr.
and preached by Rev. John Samuel Cagan
at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Morning, June 3, 2018

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗い、キングジェームズ訳)。”(ヨハネの黙示録第1章5節、新改訳)

この節の前半は、使徒ヨハネの挨拶です、そこで彼は、“忠実な証人、死者の中から最初によみがえられた方、地上の王たちの支配者である”イエス・キリストから、恵みと平安があるように、七つの教会の会衆の為に祈っています。 キリストについてのこの宣言をした後、ヨハネはこう言ったのです、

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗い、キングジェイムズ訳)。”(ヨハネの黙示録1:5)

このテキストは、キリストは“私たちを愛して、その血によって私たちを洗い(キングジェイムズ訳はwashed)”と告げています。 学風のゆえに、近代の聖書原典批評家たちは、「洗う」を「解き放す」と変えました。 彼らは、グノーシス主義に影響されたシナイ写本のギリシャ語の一文字の変化を基にして、これを為しました。 しかし「解き放す」はグノーシス主義に汚染された、劣等のアレキサンドリア写本から来ています。 グノーシス主義派は、人が血によって「洗われる」事を不気味に感じたでしょう! ですから、グノーシス主義的なアレキサンドリア学派は、「洗う」ではなく「解き放す」となるように、ギリシャ語の一文字を抜かしたのです。

チャールズ・ジョン・エリコット博士(Dr. Charles John Ellicott, 1829-1903)は、英国教会の学者で、ケンブリッジ大学の新約聖書教授であり、そして、新約聖書の改訂版(RV)を翻訳した、学者委員会委員長でもありました。 エリコット博士は、『Ellicott’s Commentary on the Whole Bible』(ゾンダーバン出版社)の編集者でした 。 このテキストについて、エリコットの注解書はこのように述べています、

「私たちを洗う」ではなく、ある[写本]には「解き放す」と書かれている。それらの二つのギリシャ語には一文字の違いしかない。一般的な思考は、真実の解釈どうり、むしろ「洗われる」である。厳粛な場でヨハネは、主が“もしわたしが洗わなければ、あなたはわたしと何の関係もありません”と言われた事を明白に記憶に留めています。“清めの血”に関する考慮は、彼が目にした突き刺されたキリストの脇から流れ出た水と血[ヨハネ19:34]の回想によって増徴され、しばしば、彼の思いによみがえった、ヨハネの黙示録7:13、14;ヨハネ第一1:7; 5:5-8(Charles John Ellicott, M.A., D.D., Ellicott’s Commentary on the Whole Bible, Zondervan Publishing House, n.d., volume VIII, p. 535; note on Revelation 1:5)。

更に、ヨハネの黙示録はこのように告げています、

“彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです。”(黙7:14)

この聖句で、天にいるそれらの人達の衣は「洗われた」事を明白に告げています。 それは、ヨハネの黙示録第7章14節による明白な意味であるからして、私達のこのテキストでの「洗う」の活用を明確にすべきです。

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗い)”(黙1:5)

ジョン・ウォルボード博士(Dr. John F. Walvoord)は、ギリシャ語の 「louō」(洗わう)は、「luō」(解き放す)より一文字多いと指摘しています。 ウォルボード博士は、エリコットのような学者は、むしろ長い言葉を選ぶ、なぜなら、「書写者にとって文字を加えるよりも容易に落しやすいからである」(John F. Walvoord, Th.D., The Revelation of Jesus Christ, Moody Press, 1966, footnote 1, p38)。 それはキングジェームズの翻訳を支持する強固な主張です。

「聖書の説明」のルターの解釈学の教義は依然として真実です―とりわけ同じ書物の中での一箇所の聖句は、他の似通った主題を告げる他の箇所の理解を明白にします! ですから、「洗う」と訳す聖なる神の霊感によって書かれたギリシャ語を取り上げようとした近代の学者達に、私達は目をそらせ背を向けます。 真のクリスチャンが皆、“私たちを愛して、その血によって私たちを罪から洗って下さった”イエスに、「栄光あれ」と大声で叫ぶ事が出来る事を、神に感謝します!

なお、私がこの要点にこだわる一つの理由があります。 あなた方は、自分の罪から単に「解き放される」だけではなく、「洗われる」事が非常に重要なのです。 あなた方は、神に直面します。 もしあなた方の記録に罪ある状態で神に直面するならば、あなたは苦境に陥るでしょう! 最後の審判であなた方の記録は完全に罪のない状態でなければなりません。 そうでなかったならば、神は、あなた方を地獄の永遠の火炎へと落とすでしょう(黙20:11-15)。 神があなた方の記録を御覧になる時、あなた方の記録に何の罪も見いだされませんように。 その裁きの日には、あなた方の罪が、「解き放される」だけでは十分ではありません! あなた方が永遠なる地獄での苦境から救われるには、あなた方は、“小羊の血で洗って、白く”(黙7:14)されなければなりません。 黙示録第7節は、天にいる人達は、“大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです”と告げています。 この聖句によって、私達が地獄をまぬかれ天国に無事に行きつくには、私達は皆キリストの血によって洗われなければならない事を知る事が出来ます。 ですから、私はこの要点に関して強い口調で話さなければならないのです。 あなた方は、キリストの血によって洗い清められなければなりません、そうでなかったならば、あなた方は永遠に地獄へと落ちて行くでしょう。 それらのリベラル主義や新福音伝道主義の「聖書の教師達」は、「洗われる」では無く「解き放す」で十分であると考えるかもしれません。 あなた方の記録には、罪が記されているのです! それらは洗い清められなければなりません、さもなければ、神はあなた方を地獄に落とされるでしょう。 「何があなた方の罪を洗い流す事が出来るでしょうか?」 イエスの血以外に何もありません!

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗らわれた)”(黙1:5)

今日、ここで私はあなた方に、キリストの血は極めて重要である事を話します! あなた方がどこで永遠に過ごすかは、キリストの血に掛かっているのです! あなた方が成果を遂げるクリスチャンとして生活を送るかどうかは、キリストの血に掛かっているのです! これらがキリストの血についての幾つかの要点です。

I. 最初に、血の犠牲は、この世の始まりに立ち戻る。

全世界の古代の人々は血の犠牲を信じました。 血の犠牲が為されなかった世界の古代文化を探すのは困難です。 例えば、古代メキシコのアステカ・インディアンは、異教徒の祭壇に二万人以上の人間を虐殺し、彼らの偽りの神や偶像へのなだめとしました。 マヤ人もそうしました。 太平洋諸島の全ての部族は、古くから血の犠牲を行いました。 アフリカのほぼ全ての部族も同様でした。 古代中国は、キリストの2,000年前から、一神教の神であるシャン・ティ(上帝)に血の犠牲を捧げました。 中国人は歴史の幕開けに、神について、また血の犠牲の必要性について知っていたのです! その古代中国は、近年に発掘された骨やカメの甲羅に、神について、また神への血の犠牲について書き記しました。 これらの埋蔵物は4000年以上前に遡っています。 この発想はどこから来たのでしょうか? それはアダムや彼の子孫による最初の犠牲が、世代から世代へと伝えられたのです。

モーセは歴史の初期の頃に創世記を書きました。 彼は、罪を犯した私達の最初の両親の罪の犠牲の為に、動物が殺されなければなかった事を記しました。 彼らの息子アベルは、神を満足させる為に血の捧げ物を携えて来ました。 彼の兄弟カインは野菜の捧げ物を持って来ましたが、それは拒絶されました。 ノアは神に血の犠牲を捧げました。 アブラハムもそうでした。 これらの犠牲は全て、ユダヤ人が動物を神に捧げるように告げられた、かなり前から為されていたのです。 彼らがエジプトの奴隷であった時、神は彼らに羊を犠牲にし、彼らの門柱に血を塗るように告げられました。 神は、その血を見て、彼らのところを過ぎ、そして彼らの罪を裁かないと言われました。 それについての賛美歌があります。

わたしはその血を見て、わたしはその血を見て、
   わたしはその血を見て、
あなたがたの所を過ぎ越すであろう。  (直訳)
   (“When I See the Blood” by John Foote, 19th century).

それは最初の過越しについて、エジプトでの奴隷当時のユダヤ人達に、神が告げられた言葉です。

“あなたがたのいる家々の血は、あなたがたのためにしるしとなる。わたしはその血を見て、あなたがたの所を通り越そう。わたしがエジプトの地を打つとき、あなたがたには滅びのわざわいは起こらない”(エジプト記12:13)

ユダヤ人は今日まで、過ぎ越しの血の犠牲を象徴的に祝い続けています。 キリストが十字架につけられる前夜、彼はそれを主の晩餐と変え、過ぎ越しの意味を変えられました。 ある教会はそれを聖体拝領と呼んでいます。 カトリック教徒と東正教会はそれをミサと呼びますが、すべての三位一体を信じる教会はそれを行います。 聖書は、こう告げています、

“また、彼らが食事をしているとき、イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取って食べなさい。これはわたしのからだです。」また杯を取り、感謝をささげて後、こう言って彼らにお与えになった。「みな、この杯から飲みなさい。これは、わたしの契約の血です。罪を赦すために多くの人のために流されるものです」”(マタイ26:26-28)

異教徒による血の犠牲は、全て、神への犠牲の必要性のかすかな記憶から来ているのです。 そして旧約聖書における過越しは、メシヤなるキリストが、後に十字架で為される犠牲を指しているのです。 今日、主の晩餐は、キリストが十字架で私達の為に為された過去の犠牲を指しています。 十字架でのキリストの死、そして、そこで御自身の血を流された犠牲は、この世の全歴史の中心となる宗教的な出来事です

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗らわれた)”(黙1:5)

ここで私はなぜ十字架でのキリストの血による贖いが、それほどにも重要であるかを話します。 しかし、私はまずもう一つの要点を説明しなければなりません。

II. 二番目に、キリストの血は、サタンによって忌み嫌われた。

黙示録はこのように告げています、

“私たちの兄弟たちの告発者[サタン]、日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った”(黙12:10-11)

サタンは、彼に打ち勝つ事のできる唯一の方法は、小羊の血、すなわちキリストの血、神の小羊によってのみである事を知っています。 聖書は、サタンが殺人者であると告げています。 彼は出来る限り多くの人を滅ぼそうとしています。 ですから彼はキリストの血を忌み嫌うのです。 サタンは、一度人がキリストの血を得るなら、サタンはその人は打ち勝てない事を知っています。 罪人は、キリストの血によってサタンに打ち勝つのです。 サタンはそれを望みません。 ですから彼は、全力を尽くして、キリストの血を軽視し、信頼性を傷つけようとするのです。

十九世紀後半と二十世紀の初頭には、サタンは、ハリー・エマーソン・フォスディック博士やネルス・フェール博士のような多くの有力な神学者達を、キリストの血を非難するように促しました。 フェール博士は、「キリストの血は、鶏の血と同様に力がない」と言いました。 フォズディック博士は、血の償いを「虐殺の宗教」と呼びました。 そのような人達は、サタンに刺激され、キリストの血に対して激しく非難したのです。

しかし、二十世紀後半から、サタンはキリストの血を異なった方法で非難し始めました。 彼は、キリストの血を軽視させようと、保守的な福音派の男性を促しました。 アメリカで最も敬愛され、よく聞かれたラジオを通しての聖書の教師J・バーノン・マックギー博士(Dr. J. Vernon McGee)は、その悪魔的な動向に気付き始めました。 ヨハネの黙示録第1章5節の本文の、彼の注記で、こう述べています、

今日ある人達がしているように、私はキリストの血を軽視する事は無い。私は未だこれらの歌詞の賛美歌を好む。

とうときいずみあり
 そのうちより
インマヌエルの血ぞ
   あふれながる

(J. Vernon McGee, Th.D., Thru the Bible, Thomas Nelson Publishers, 1983, volume V, pp. 890, 891; note on Revelation 1:5-6).

マックギー博士が、R・B ・シーム(R. B. Thieme)、ジョン・マッカーサー(John MacArthur)、そしてカインの捧げ物について、「血の無い捧げ物は完璧に適切である」と言ったチャールズ・C・ライリー(Charles C. Ryrie)のようなキリストの血を軽視する人物を指していた事は言うまでもありません(Charles C. Ryrie, Th.D., The Ryrie Study Bible, Moody Press, 1978; note on Genesis 4:3)。 私はライリー博士のそのような解説を読んだ時、自分の目を疑うほどでした。 ウォーレン・ワーズビー(Warren W. Wiersbe)が、ライリーがそのように語った事を、「褒めた」事も同じく、奇妙に感じました!(Warren W. Wiersbe, 50 People Every Christian Should Know, Baker Books, 2009, p. 207)。 これら全ては、自由主義の偏見へのもう一つの便宜であるように、私には思えます。 私達は、リベラル主義派の学者達の承認を得る事を止めなければなりません!

これらの人達は、救い主の血の極めて重要な意味を理解していない様に思えます! 多くの人達は彼らを支持し、彼らの説教で、イエスの血を称えなくなりました。 私にとってそれは重大な、この世の終わりの日の惑わしのように思えます。 サタンはキリストの血を忌み嫌い、彼は偽り者で欺く者である事を、私達が常に思いに留めているなら、私達は惑わされる事は無いでしょう! アーメン。 全ての牧師達は、キリストの尊い血について、しばしば説教しなければなりません! 聖書がそのように命じているからです。

“…キリストの、尊い血”(ペテロ第一1:19)

III. 三番目に、キリストの血は私達を贖う。

ペテロの手紙第一の全ての聖句がこのように告げています、

“ご承知のように、あなたがたが先祖から伝わったむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。”(ペテロ第一1:18-19)

あなた方は金によって贖い出されるのではありません。 神は銀によってあなた方を救われるのではありません。 神は、あなた方がどれほど教会に献金するかによって救って下さるのでもありません。 私達は“キリストの、尊い血”によって贖い出されるのです。

贖いとは、奴隷の身から人を買い戻すと言う意味です。 イエスは、“多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるため”(マタイ20:28)に来たと言われました。 イエスはそれを説明する必要は無かったのです、なぜなら、この世の三分の二の人達は奴隷だったからです。 古代の英国、スペイン、アフリカ、各地のあらゆる民族の奴隷がいました。 世界中の全ての民族グループは、ある時点において奴隷の身でした。 ユダヤ人は四百年間、エジプトで奴隷の身でした。

使徒ペテロは、キリストが御自身の血によって、あなた方を奴隷の身から買い戻すと言いました。 彼は、何からあなたがたを買い戻すのでしょうか? 罪への奴隷の身からです。 ロス・アンゼルスに住む何百万人もの人々は罪の奴隷です。 彼らは、たばこに病みつきになり止めません。 彼らはポルノに病みつきになり、それを見るのを止めません。 あなた方は罪の奴隷だからです! しかし聖書は、キリストはあなた方を解放して下さると語っています。 キリストは、あなた方自身の反抗的な不信の罪から、あなた方を救って下さる事が出来ます。 私はそれが一番困難な罪であると見なします。 キリストはあなた方自身の邪悪な不信仰の心から、あなた方を救う事ができます! まだはるかに多くの事を伝える事が出来るのですか、その時間は残されていません! あなた方の救いは全てキリストの血によるのです! キリストの血は全ての罪からあなた方を贖う事が出来ます! ウィリアム・カウパー(William Cowper)の言葉に耳を傾けて下さい、

主よながきずより
   ながるる血を
信仰の目をあげて
   あおぎしより

とうときいずみあり
 そのうちより
インマヌエルの血ぞ
   あふれながる
(『とうとき泉あり』“There Is a Fountain” by William Cowper, 1731-1800;
      to the tune of “Amazing Grace”).

そして、ファニー・クロスビーはこう言っています、

贖われた、贖われた、
   小羊の血でもって、贖われた、
贖われた、贖われた、
   我は、永久に彼の子となりし!(直訳)
(“Redeemed” by Fanny J. Crosby, 1820-1915).

IV. 四番目に、キリストの血は、全ての罪からあなた方を清める事が出来る。

イエスがどなたであるかを忘れてはなりません! 彼は単なる人ではありません! 罪からあなた方を清める事の出来る血を持つ人はいません。 しかし、イエスは単にそこらの人物ではありません。 いいえ! イエスは永遠なる神の御子、三位一体の第二位の方なのです。

“すべてのものは、この方によって造られた。 造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。”(ヨハネ1:3)

主イエス・キリストは、天からこの世に降りて来られる以前に、全宇宙を創造されたのです。 その方の血が、あなた方を罪から清める事が出来―そして、天に行けるほど、あなた方を清めて下さるのです! 使徒ヨハネはこう語りました、

“御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます”(ヨハネ第一1:7)

私達のテキストは同じ意味を告げています、

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗らわれた)”(黙1:5)

あなた方はそれを望みますか? サタンの束縛から救われる事を望みませんか? キリストの血はそれが出来るのです! あなた方の罪から贖われる事を望みませんか? キリストの血はそれが出来るのです! 天国へ行き、そこで私達と共に喜ぶ事のために、全ての罪から洗い清められたいと望みませんか? キリストの血はそれが出来るのです!

しかし、あなた方がしなければならない事があります。 キリストの血が、あなた方を洗う前に、あなた方は自分の罪に背を向けなければなりません。 それがまず第一です。 あなた方は罪を止めなければなりません。 そうして次に、あなた方はイエスを信頼しなければなりません。 信仰を通してイエスに来て、彼を信頼しなさい。 ある人は、「それだけですか?」というでしょう。  そうです! それだけです! そしてイエスの血が全ての血を清め、あなた方を、父なる神との交わりと喜びに導くでしょう! 罪を去り、イエスを信頼しませんか? グリフィス氏のソロの第一番の歌詞に、もう一度耳を傾けて下さい。 グリフィスさん、あまり速く歌わない様に。

我が贖いは、金や銀によらず
   我が貧しき魂は、この世の富で救われず
十字架の血が、唯一我が基なり
   我が救い主の死は、我を完全になされし
我は贖われた、銀をもってでなく
   我は買われた、金をもってでなく
イエスの血の代価でもって、
   聞かれたことのない、愛の尊い代価でもって  (直訳)
(“Nor Silver, Nor Gold” by Dr. James M. Gray, 1851-1935).

イエスを信頼する事について私達とお話したいならば、他の人達が昼食をしている間に、ここに来て最初の二列に着席して下さい。 アーメン。  


ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。 もしあなたがこれらの説教で祝福されるのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。 ハイマーズ博士の電子メールの住所はここをクリックしてくださいrlhymersjr@sbcglobal.net。 どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。 ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

ベンジャミン・キンケイド・グリフィス氏による説教前の独唱:
“Nor Silver Nor Gold” (by Dr. James M. Gray, 1851-1935).

要 綱

キリストの血によって洗われる!

WASHED IN CHRIST’S BLOOD!

R. L. ハイマーズ神学博士 著
ジョン・サムエル・ケイガン師による説教

“イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち(洗い、キングジェームズ訳)。”(ヨハネの黙示録第1章5節、新改訳)

(ヨハネの黙示録第7章14節)

I.    最初に、血の犠牲は、この世の始まりに立ち戻る。
出エジプト12:13;マタイ26:26-28。

II.   二番目に、キリストの血は、サタンによって忌み嫌われた。
黙示12:10-11;ペテロ第一1:19。

III.  三番目に、キリストの血は私達を贖う。
ペテロ第一1:18, 19;マタイ20:28。

IV.  四番目に、キリストの血は、全ての罪からあなた方を清める事が出来る。 
ヨハネ1:3;ヨハネ第一1:7。