Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。


あなた方は地の塩、
そして世界の光!

R. L.ハイマーズJr.神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2017年2月26日、主の日の晩の説教

YOU ARE THE SALT OF THE EARTH
AND THE LIGHT OF THE WORLD!
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord's Day Evening, February 26, 2017

“あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい”。 (マタイによる福音書第5章13-16節、新改訳)

イエスはガリラヤ湖のほとりを歩かれ、ペテロと兄弟アンドリューを見ました。 彼らは、ガリラア湖に網を打っていました。 彼らは漁師でした。 イエスは彼らに、“わたしについて来なさい。 人間をとる漁師にしてあげよう”と言われました。 彼らはすぐに自分達の網を捨て置き、イエスに従いました。 また少し行かれると、イエスは二人の兄弟、ヤコブとヨハネに出会いました。 彼らは漁業の網を繕っていました。 イエスが彼らを呼ばれると、彼らは舟を残してイエスに従いました。 イエスのされた事は、彼らを非常に驚かせたに違いありません。 イエスは説教し、人々のさまざまな病気を癒しました。 大勢の群衆がイエスに従いました。 イエスは彼らを見て、山に上がりました。 イエスが座られると、弟子達が彼の下にやって来ました。 そこでイエスは弟子達に教え始められ、山上の説教をされました。 それらは真のクリスチャンの内なる特徴を描き、その人に今後の祝福を約束しています。 そうしてイエスは弟子達に、彼らは地の塩であり、世界の光であると告げました。 イエスが彼らに告げた事は、今もなお、全ての真のクリスチャンに適用するのです。

“あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい”(マタイ5:13-16)。

I. 最初に、あなた方は地の塩である。

イエスは、“あなたがたは、地の塩です”と言われました。 当時、塩は主に防腐剤として使われました。 肉に塩を使うと、冷蔵することなく、数ヶ月間保存できました。 塩は肉を腐敗から防ぐのです。 アダムが罪を犯した時、彼は死と崩壊をこの世にもたらしました。 全人類は、最初の罪人アダムから死を受け継いでいます。 キリスト以外にその死を防ぐことは出来ません。 キリストは弟子達に、人々を死と崩壊から守る為の塩でなければならないと言われました。 使徒ヤコブは、“罪人を迷いの道から引き戻す者は、罪人のたましいを死から救い出し”(ヤコブ5:20)と言いました。

あなた方がしている伝道や祈りの奉仕は、無益なように思われるかもしれません。 しかし、それは悪魔があなた方にそう思わせているのです。 伝道に出て行き、罪人をキリストに導くクリスチャンは、世界で最も重要な人です。 あなた方は地の塩です! あなた方は、地上で最も重要な奉仕をしているのです! あなた方は、もし、その奉仕を重要だと思っていないなら、ある一人の若者の言葉を聞いて下さい。 「私は非常な嫌悪感と倦怠感を持って教会にやって来た。 私は惨めだった。 私の友人や家族の多くは自分を失望させた。 私の周りの全てが崩壊しているように思えた。 生きて行く理由はないように思えた。 あまりの邪悪や崩壊で満ち、何かをするという理由も全く無かった。 時々自分が生まれて来なかったならばとも願った。 そして時には自殺しようとも考えた。 私は混乱し、神を信じていなかった」。

教会のある人が、その若者に福音を聞かせようと連れて来ました。 あなた方が出て行って、彼を連れて来なかったならば、彼は決してキリストを知ることは無かったでしょう。 私は、誰が彼を教会に連れて来たかは知りません。 私はその詳細も知りません。 しかし、あなた方の内の誰かが彼を連れて来ました。 別の人達は、教会で彼を仲間に入れました。 神はその若い人の命を救う為にあなた方を用いられたのです。 神は、彼の魂を死から、絶望から、そして幻滅から救う為に、あなた方を用いられました。 ですからイエスは、“あなたがたは、地の塩です”と言われたのです! あなた方がいなかったならば、彼は救われていなかったでしょう。

しかし、今日の教会は彼を助ける事は出来ないでしょう。 アメリカの私達の教会は、冷淡さと背教とによる哀れな状態の中にあります! カール・F・H・ヘンリー博士(Dr. Carl F. H. Henry, 1913-2003)は有名な神学者でした。 彼が書いた、『Twilight of a Great Civilization: The Drift Toward Neo-Paganism』は、彼の最後の著作の一つです。 彼は、今日のアメリカのほとんどの教会に,何らかの問題があると言いました。 彼は、「組織化されたキリスト教に対する幻滅が急上昇している。 教会の出席者が減少しているということは統計で判る・・・野蛮人は退廃的な文明の塵を掻き立て、すでに無力となった教会に潜んでいる"(p. 17)。 それは間違いありません。 ロスアンゼルスの私達の教会以外に、この大都市の大学キャンパスやショッピングモールなどで、若者達に手を差し伸べている教会を、他に一つとして私は知りません。 南部バプテスト協議会派は、現在、毎年約二十五万人の会員を失っています。 他のどの宗派もそれよりましな状態であるとは言えません。 まず最初に、彼らは祈祷会を閉ざしています。 その後、彼らは日曜日の晩の集会を閉ざします。 その後で、日曜日の午前の集会が下火となり始めます。 イエスは、“もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。 もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです”(マタイ5:13)と言われました。 ヘンリー博士が言ったように、教会は「無力」です。 彼らは、今日の若者を回心に導く事が出来ません。 なぜでしょうか? なぜなら、塩は塩けを失くしたからです! 一句毎の聖句の教えは、活気の無い教会を癒す事は出来ません! 穏やかな教えは活気をもたらしません。 強く堅実な福音宣教のみがそうする事が出来るのです。「塩気のある」説教、罪と地獄についての説教、キリストの血についての説教、魂をキリストに導く事についての説教などが必要なのです。 白熱した伝道だけが、教会に「塩け」を保つことができます。 強く堅実な祈祷会だけが、教会に「塩け」を保つことができます。 ジョン・R・ライス博士は、「全力投球の努力のみが、新約聖書の伝道と匹敵出来る」(Why Our Churches Do Not Win Souls, p. 149)と言いました。

私達の教会に活気を失くしたくなければ、私達は絶えず働き、祈り、そして福音を聞かせる為に、若者達を連れて来るよう全力投球しなければなりません! イエスは、“街道や垣根のところに出かけて行って、この家がいっぱいになるように、無理にでも人々を連れて来なさい”(ルカ14:23)と言われました。 私達は、伝道を私達の生活の中に、そして教会ではまず第一の事としなければなりません。 そうしなければ私達の教会は、“もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです”(マタイ5:13)。 私達の教会に活気を失くさせてはなりません! 出て行って、罪人を招いて、イエスについての説教を聞くよう、また彼らがイエスによって救われるよう、罪人を連れて来なさい。

II. 二番目に、あなた方はこの世の光である。

イエスは、“あなたがたは、世界の光です。 山の上にある町は隠れる事ができません”(マタイ5:14)と言われました。 ロイド‐ジョーンズ博士は、「この言葉の力はこれである;『あなたがた、そしてあなたがたのみが、世界の光である』ということである―“あなたがた”が強調され、示唆を与え・・・幾つかの事が暗示されている。 一つ目は、世界は暗黒の状態にあるということである」(山上の説教、139頁)と言いました。 現在、世界は恐ろしい暗黒の状態です。 イエスは、真のクリスチャンのみが他の人に、その暗黒の状態から逃れる方法を示すことが出来る、と言っているのです。 この世界には光は全くありません。 唯一の光は、真のクリスチャンから、そして私達のような教会から照らされるのです。 イエスは少数の弟子達をご覧になり、彼らに、“あなた方、そしてあなた方のみが、世界の光である”と告げられました。 これらが幾つかの例です。

あなた方の内の誰かが教会に連れて来たある若者が、「生きて行く理由など無いように思えました・・・時々自分が生まれれて来なかったならばとも願いました。 そして時には自殺しようとも考えました。 ハイマーズ先生は私に、神は私を愛しているかと尋ねました。 私は直ぐに『はい』と答えました。 しかしハイマーズ先生は、もう一度私に尋ねました・・・私は突然、『いいえ』と答えました。 そして、私の目に涙が流れ出ました・・・そうしてハイマーズ先生は私に、イエスを信頼するようにと言いました。 しかし、自分はそれが出来なかったのです。 罪を断念する事を恐れていたのです。 翌週、私は強烈に自分の罪を自覚し始めました。 私は自分の罪を考えながら、トイレに閉じこもって泣きました。 学校や仕事の間にも、それらの罪は自分を置き去りにしなかったのです。 日曜日に私は、キリストのゆえに全てを断念する決意が出来ました。 私はハイマーズ先生の所に行き、イエスを信頼しました。 私は、ただ信仰のみを通してイエスを信頼しました。 その日、私は驚くほどの喜びを感じ、夜も休む事が出来ました。 自分の反抗心にもかかわらず、十字架につけられ、愛に満ちた救い主による慈悲が私に表示されたのです。 私はそれを決して忘れる事はないでしょう」。

次に、清く正しい中国人の若い女性の言葉に耳を傾けて下さい。 彼女は、「私は教会に入って行った時、心が落ち込んでいました。 神は、私が罪人であることを自覚させてくださったのです。 周りの人達は皆明るい表情でしたが、私は自分の罪悪感を抑える事が出来ませんでした。 私はもはや私の心が醜く、反抗的で、神に逆らっていた事を軽視する事は出来ませんでした。 自分は大丈夫、善良な人、と欺く事が出来なくなりました。 私はそうではなく、自分の内には何の善良さもありませんでした。 私が説教を聞いている間、牧師先生が私に向かって直接話しているかのように感じました。 彼が私の死について話していた時、私は非常な不安を感じました。 あたかもこのままでは自分がまっすぐに地獄へ落ちて行くように感じました。 私には地獄が値したのです。 私は罪人でした。 私は自分の罪を、周りの人達から隠す事が出来ると思いました。 しかし、神に隠せる事は出来ませんでした。 神は全てをご覧になりました・・・私は完全に絶望を感じました。 その後、説教が終わりに近づくにつれて、私は初めて福音を心に留めました。 キリストは私の罪の為に、私の身代わりとなって十字架で死なれました。 罪人である私に対するキリストの愛は、とても偉大で、私の為に十字架で死なれたのです。 キリストの血は、罪人の為に流されました。 キリストの血は私の為に流されたのです! 私は必死の思いでイエスを必要としました! 自分自身の善良さを捜し求める事を止めて、私は初めてイエスを捜し求めました。 そして、その瞬間、イエスは私を救い、私の罪を彼ご自身の血で洗い流しました。 私はイエスを信頼しました、そうして、彼は私を救くって下さったのです。 私の全ての善良さは、私のような惨めな罪人を救う事は出来ませんでした。 しかし、キリストはご自身の義によって私を覆いました。 キリストご自身のみが私を救って下さったのです! キリストは、罪につながれた鎖を壊しました。 キリストは、ご自身の血で私を覆いました。 イエスは、ご自身の義で私を覆って下さったのです。 私の信仰と確信はキリストのみにあります。 私は罪人でした。 しかし、イエス・キリストは私を救って下さいました!」

ここにもう一人の若い女性がいます。 彼女は、人の目には「善良な」女の子のようでした。 彼女は生まれてこの方、教会に通っています。 しかし、彼女は救われていませんでした。 彼女は心の内に神に対する怒りを抱いていました。 彼女の言葉に耳を傾けてください。「集会は続き、私の内に不安が増してきました。 周りの皆が握手をしている間、私は笑顔もつくれませんでした。 私の罪に対する敗北感や不快感が増大してきました。 そうして、ジョン・ケイガンが、『神は正しく、あなたは誤っている』と言って説教を続けました。 彼の全ての点が、自分の罪に対する不快感をたたき込み、そして強めました。 ジョンが説教している間、神が自分に語られている事を知りました。 ジョンが説教を終えた時に、私は非常な心苦しさを感じました。 そうして、ハイマーズ牧師先生が説教壇に出て来られ、売春の行為のさ中で、その女性を赦されたイエスについて話されました。 私はその話を以前から聞いて知っていましたが、それがその朝ほど、私の心に語り掛けてきた事はありませんでした。 イエスの愛は私をとても驚かせました。 私は、イエスに来る強い衝動を感じ始めました。 ハイマーズ牧師先生は私を呼び、私と話されました。 私の思いは、思索や恐怖で混乱していました。 ハイマーズ牧師先生はご自身を指差して、私に、ハイマーズ牧師先生を信頼しているかと尋ねました。 私は『はい』と答えました。 私は常に、『イエスを信じるように』と言われる言葉を嫌いました。 『一体それはどういうことだろうか』、『それをどのように為さなければならないのだろうか』と思い巡らしていたのです。 しかし、ハイマーズ牧師先生が、それは彼を信頼する事と同じであると説明された時、その事を理解しました。 その瞬間、イエスが私を愛していることを素直に知りました。 私はひざまずき、私の思いにあったことは、イエスが私を愛して下さったということだけでした。 そうしてイエスは、私の罪をゆるされると。 私は必死の思いでイエスを求めました。 ハイマーズ牧師先生は、私の頭上に手を置き、泣いて私の為に祈られました。 ハイマーズ牧師先生は、イエスは私が彼を信頼することを望んでいると言われました。 ほんの少しの信仰であっても、イエスにとってはそれで十分だったのです。 イエスが求められているのはそれだけです。 そうして、ほんの数分の内に、私はイエスを信頼しました。 私は、イエスが私を救って下さるという事を信じたのでは無く、私は、イエスご自身を信頼しました―私の牧師先生であるハイマーズ博士を、私がどのように信頼したかに匹敵します。 以前の私は、熱心にイエスを信頼する方法、そしてそれに沿った体験を探していたのです。 私は感情的になること無く、イエスだけを信頼することを拒みました。 そして、私は信頼できず、常に失望と自己憐憫で嘆きました。 また私は、偽りの回心を恐れていました。 私は完全に皮肉的になる危険にさらされていました。 しかし慎重に考え、この世が私に提供する物は何も無いことに気づきました。 愛も、望ましい目的も、そして希望をも提供しません。 私は今イエスを信頼します。 イエスのみが私の唯一の望みです。 イエス・キリストが求められていることは、私が彼を信頼することだけでした。 それは私を驚かせました。 イエスは、私が彼を、そして彼だけを信頼することを望んでいたのです。 そして、イエスはそれ以外の全てを果たされたのです。 私の救いの証はとても単純なものです。 私はイエスを信頼しました、そうして、イエスは私を救って下さったのです」。

それらの人達をキリストに導くには、数人の人達を要しました。 一人が電話をして彼らを招待しました。 チャン先生は、彼らを乗せる車の手配をしました。 教会外の俗世間・・・この世のむなしさと冷淡さを提供することについて、アロン・ヤンシ―が語った言葉がありました。 彼らに提供する、ケイガン先生がタイプした説教文書、オリバッチ氏が作成した説教のビデオがありました。 ジョン・ケイガンによるアドバイスがありました。 あなた方が彼らに示すフレンドシップがありました。 そうして最後に、私の説教とジョン・ケイガンの説教、そしてノア・ソングの説教がありました。 時には数週間続く心の中の奮闘の後、私自身が彼れらに、「イエスを信じますか?」と尋ねることがありました。 そして彼らはイエスを信じました。 とても簡単なことのように思えます。 そして実際に、それは単に簡単なことなのです。 私達の教会の数人の人達が、神により、彼らをイエスに導くよう用いられました。 私達は皆、この暗黒の世界で、イエスを見出すように彼らを助ける "光"でした。 ロイド‐ジョーンズ博士が言ったように、「あなたがた、あなたがたのみが、世界の光です」。 古き良き讃美歌はこう歌っています、

全世界は罪の暗闇に失われた;
   世の光はイエスなり;
真昼の日差しのように、彼の栄光は輝き、
   世の光はイエスなり。
この汝の為に輝く、光に来よ;
   我が身に降り注ぐ、夜明け前の甘い閃光;
我は、かって盲目なりしが、今は見る;
   世の光はイエス成り。(直訳)
(“The Light of the World is Jesus” by Philip P. Bliss, 1838-1876).

親愛なる兄弟姉妹の方々、あなた方と私は、闇なる世界にイエスの光を照らす偉大な特権を持っています。 キリストは光を私達に与えて下さいました。 私達の教会のリバイバルのテーマソングはそれをはっきりと説明しています、

聖なる救い主よ、我がビジョンを全て満たし給え
   汝の栄光と共に、我が霊が輝くまで
我がビジョンを全て満たし給え
   我が内に反映せる汝の聖なる形影を、全ての者は見ん
(“Fill All My Vision” by Avis Burgeson Christiansen, 1895-1985).

親愛なる兄弟姉妹たち、私達はクリスチャンとしてすばらしい奉仕に励んでいます。 私達は地の塩です。 私達、そして私達のみが、世界の光です! この暗く恐ろしい世界に、キリストの光を反映させましょう! 人々をキリストに導く事を決して諦めてはなりません。 そして、決して、その事に落胆してはなりません。 イエスはあなた方と共にいます。 彼は、あなた方を全ての困難と苦難から導き通されるでしょう。

では、失われているあなた方に、イエスはあなた方を救われるでしょう、と告げる事は私の素晴らしい特権です。 十字架であなた方の身代わりとなって死んでくだり、全ての罪からあなた方を清める為に、尊い血を流されたイエス・キリストを信頼すること以外に、あなた方が為すべき事は何もありません。 その全てを歌った賛美歌があります、

ただ主を ただ主を
   たよれかし
いま主は いま主は
すくいたもう
(『つかれしよびとよ』“Only Trust Him” by John H. Stockton, 1813-1877).


ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。 もしあなたがこれらの説教で祝福されるのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。 ハイマーズ博士の電子メールの住所はここをクリックしてくださいrlhymersjr@sbcglobal.net。 どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。 ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

ベンジャミン・キンケイド・グリフィス氏による説教前の独唱:
“Saved by the Blood” (by S. J. Henderson, 19th century).

要 綱

あなた方は地の塩、
そして世界の光!

YOU ARE THE SALT OF THE EARTH
AND THE LIGHT OF THE WORLD!

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“あなたがたは、地の塩です。もし塩が塩けをなくしたら、何によって塩けをつけるのでしょう。もう何の役にも立たず、外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけです。あなたがたは、世界の光です。山の上にある町は隠れる事ができません。また、あかりをつけて、それを枡の下に置く者はありません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいる人々全部を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい”。
     (マタイによる福音書第5章13-16節、新改訳)

I. 最初に、あなた方は地の塩である。
ヤコブ5:20;マタイ5:13;ルカ14:23。

II. 二番目に、あなた方はこの世の光である。
マタイ 5:14。