Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。


神のみこころを知る

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2016年5月15日、主の日の朝の説教

HOW TO KNOW THE WILL OF GOD
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Morning, May 15, 2016

“また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません”。(ヤコブの手紙第1章22節、新改訳)

A・W・ピンク(1886-1952)は、「御言葉を“聞く”者は多い。 普通に聞く者、謙虚に聞く者、興味を持って聞く者、しかし悲しいかな、彼らが聞くことは、彼らの生きざまに影響を与えない。 それは決して彼らの生活を統率しない。 そして、神は言われる、御言葉を実行しない者は、自分を欺いている!・・・こころと人生を神に捧げる思いが増加しないところでは・・・その結果、増した知識は、神は我々を導く目的のために、すなわち、神が我々がすべきことを知らせるために、我々に御言葉を与えられた・・・という批判的な思いを増殖させるだけであろう」(Arthur W. Pink, “The Scriptures and Obedience,” in Profiting From the Word, Free Grace Broadcaster, Summer 2015, pages 1, 2) と言いました。

「神は我々を導く目的のために・・・我々に御言葉を与えられた・・・」。 私はピンク氏に完全に同意します。 それが、私が回心する前でさえも、私が教わったことです。 十代の頃に私が通ったハンティントン・パーク市にあるバプテスト教会は、幾つかのことで間違ってはいましたが、この点についてはそうでありません。 神は、聖書からのみ私達に語りかけ、私達に彼のみこころを知らせる、と私は教わりました。 そして、感情や印象を通して神のみこころを求めないことを私は学びました。 私は、特にこのことを私の牧師先生、ティモシー・リン博士(Dr. Timothy Lin)と、また、J・バーノン・マックギー博士(Dr. J. Vernon McGee)から学びました。 神の恵みによって私は、詩篇の作者が言った、“あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です”(詩篇119:105)と言うことができます。 箴言第6章22節は、“あなたが歩くとき、あなたを導き、あなたが寝るとき、あなたを見守り、あなたが目ざめるとき、あなたに話しかける”と言っています。 そして、私達のテキストは、“みことばを実行する人になりなさい。 自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません”(ヤコブ1:22)と語っているのです。 この聖句は私達に、神のみこころを知る方法を教えています。

I. 最初に、テキストは、神のみこころについて自己を欺く人達のことを語る。

私は最初に、そのテキストの二番目の部分、“自分を欺いて”、について言及します。 “みことばを実行する人”になることを拒否する人達は、欺かれているのです。 そのような人達は、彼らの人生において、神のみこころを知り得ることはないでしょう。 これらの人達は、今日の教会で非常に多く見かけます。 彼らはしばしば欺かれ、彼らの人生にとっての神のみこころを知ることはないでしょう。

彼らは、悪魔が大いなる欺くものであることを忘れています。 聖書は私達に、サタンは、諸国の民を惑わす(黙示20:3)、と言っています。 彼は、“悪魔とか、サタンとか呼ばれて、全世界を惑わす”(箴言12:9)。 “サタン”は、“敵対者”とか“敵”という意味です。 サタンは神に敵対します。 彼の最も古いトリックは、人々を惑わすことです。 彼は、“諸国の民を惑わす”のです。 ギリシャ語の“惑わす”の意味の原語は“planaō”です。 それは、“間違った道に導く”、“よからぬ思いに引き寄せる”、“間違わせる”、“間違った道に引き寄せ、導く”の意味です。 これが、サタンが一番最初に行ったことです。 サタンは私達の最初の両親を、間違った方向に導き、園の禁じられた果物を食べるよう惑わしました。 今日のクリスチャンと称する多くの人達は、彼らの人生において、神のみこころを知っていると考えています。しかし、本当のところは、彼らはサタンに惑わされているのです。 多くの人達は、聖霊が彼らを導いていると思っていますが、実際のところ、それは悪魔なのです。 あなた方は決してそのことを忘れてはいけません。 使徒ペテロは、“身を慎み、目をさましていなさい。 あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています”(ペテロ第一5:8)と警告をし、彼はクリスチャンに向かって話しました。 マックギー博士は、「あなた方が自分自身で悪魔に立ち向かうことが出来るとは思わない・・・あなたと共に立つ、他の信者があなたには必要である」(Thru the Bible; note on I Peter 5:9)と言いました。 彼は全く正しいと、私は思います。 もし一人で立ち向かうとしても、実の兄弟であろうと失われている人と身近にしているならば、悪魔はあなたを引き付け、間違った方向へ導くでしょう 。 聖書はこう語ります、

“知恵のある者とともに歩む者は知恵を得る。愚かな者の友となる者は害を受ける”(箴言13:20)。

スコフィールドの注解は、“愚かな者”をよく説明しています。 それは(ページ678)「聖書の中の“愚かな者”とは、決して精神異常の者を指しているのではない。 そうでなく、エレガントな、自己自制の出来る人、あたかも神はいないとして、自身を統制する人」と言っています。 エレガントな人は愚か者です、たとえ、教会の中であってもです。 あなた方は、決して愚かな者とではなく、知恵のある者と親交を持つようにしなさい! 愚か者は悪魔に使われ、あなた方を神のみこころから離れさせます。

そうして、あなた方は偽クリスチャンからも侮られるでしょう。 聖書はこう語っています、

“しかし、悪人や詐欺師たちは、だましたりだまされたりしながら、ますます悪に落ちて行くのです (テモテ第二3:13)。

偽りのクリスチャンは、間違いなくあなた方を惑わし、間違った道へ導くでしょう。 テモテへの手紙第二の第3章13節の答えは、14節と15節の中にあります。 神の御言葉は、今日の酷い日々において、確かな指針なのです。 聖書に従順な人達と交わりなさい。 “だましたりだまされたり”する人達の言う事に、耳を傾けてはいけません。

そしてまた、あなた方は、聖霊の導きと称して、欺かれることもあります。 これは、今日では、新伝道主義者の間で、主だった罠です。 彼らは、こころに思いつく全ての思いは、神の御霊の“導き”による、と教えられています。 彼らの多くはその事をより語ります。 彼らは、「神がこうするように導かれた。 あるいはそうするように導かれた」と言います。 あなた方は、そのことをいつも聞くでしょう。 霊的に聞こえるでしょう。 その人は立派なクリスチャンだと思うでしょう。 しかし、聖書は彼らの事を、“愚か者”と呼んでいます。 聖書はこう語ります、

“自分の心にたよる者は愚かな者、知恵をもって歩む者は救われる”(箴言28:26)。

あなた方は街中を歩いていても、「主が私にこれをするように導かれた」、「主が私にそれをするように導かれた」と言うのを聞くでしょう。 あなた方が、それらを聞くとき、ほとんどすべての場合、あなた方は“愚か者”から聞かされているのです。

“自分の心にたよる者は愚かな者、知恵をもって歩む者は救われる”(箴言28:26)。

聖書は明確に語っています、“自分の悟りにたよるな”(箴言3:5)と。 人々が自分自身を欺かれるのをすることを拒絶する時、私達のテキストに、私達を戻します。

“また、みことばを実行する人になりなさい。…ただ聞くだけの者であってはいけません”(ヤコブ1:22)。

II. 二番目に、テキストは真に神のみこころを知る人達のことを語る。

“また、みことばを実行する人になりなさい。…ただ聞くだけの者であってはいけません”(ヤコブ1:22)。

神の御言葉を聞き、それから指針を見つけるためには、あなた方は、あなた方の聞くことを喜んで従わなければなりません。

“ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます”(ヤコブ1:21)。

私は、明確にするために現代語訳からそれを説明します。

“それゆえ、全ての道徳に反する穢れや流行っている悪を捨て去り、こころに植えつけられた、あなたがたの魂を救うことが出来る御言葉を、謙虚に受け入れなさい” (NIV)。(直訳)

人は、全ての道徳に反する穢れや流行っている悪を、捨て去らなければなりません。 それには、ポルノと苦い思いが含まれます。 ある人達は、神のみこころを知ろうとしますが、その一方で、汚らわしい思いに虜にされています。 ある人達は、神のみこころを知ろうとしますが、両親や、牧師や、教会の他の指導者に対して苦い思いをもっています。 他の人達は、広く神に敵対する人達と近い親交を保ちます。 彼らは、その人を非常に好きなので、“世の友となりたいと思ったら、その人は自分を神の敵としているのです”(ヤコブ4:4)という事を忘れるのです。 他の人達は、欲とプライドに満たされています。 あなた方はこれらの事を神に白状し、神にそれらの事を、あなた方の心から取り除けてくれるよう尋ねなければなりません。 そうることによってのみ、あなた方は、人生の指針として神の御言葉を受け入れるに十分な従順さをもつでしょう。 そうしてのみあなた方は、“自分を欺いて、ただ聞くだけの者”ではなく、“みことばを実行する人”になるでしょう。 この聖句について、偉大なスポルジョンはこう言及しています、「かってクリスチャンと称したひとが、これやあれやと疑惑を持ち始めるのは、ほとんどこのケースである。 すなわち、彼らの良心から隠そうとする秘密の悪魔的な思いが人生にある時である。 秘密の悪魔は奉仕の際、彼らを試みる、なぜならば、福音が彼らの罪深い思いに篤くかかり、彼らの罪を不安に思わせるからである。 もしあなた方が、喜びをもって自分に益になると思い、神の御言葉を聞くならば、あなた方は“全ての穢れと度を越した欲求から、離れ”なければならない」(C. H. Spurgeon, “Before Sermon, At Sermon, and After Sermon,” MTP, No. 1,847)。 もし神の御言葉から益を得たいと望むならば、全ての淫らな汚らしいことから、あなた方は離れなければなりません。 そうする事のみに、あなた方は、“みことばを実行する”人になれるでしょう。 あなた方が神の御言葉に従う時のみ、あなた方の人生においての神のご意志をすることが出来るでしょう。 私は、聖書の中の、神のみこころを知る六つの方法を与えましょう。

1. また、これは最も大事なことで、神のみこころを知るために、あなたは自身の心に頼ってはいけません。 私があなたに以前話したように、聖書は非常に明確にこう語っています、

“自分の心にたよる者は愚かな者、知恵をもって歩む者は救われる”(箴言28:26)。

なぜ、そのことがそんなにも大事なのでしょうか? なぜなら、

“人の心は何よりも陰険で、それは直らない。だれが、それを知ることができよう”(エレミヤ17:9)。

自分自身の心に頼る人は“愚か者”と呼ばれるのも頷けます。

2. 神のみこころを知るために、あなたは、自分の思いではなく、神のみこころを行おうと思わなければなりません。

“だれでも神のみこころを行なおうと願うなら、その人には、この教えが神から出たものか、わたしが自分から語っているのかがわかります”(ヨハネ7:17)。

ジョン・R・ライス博士(Dr. John R. Rice)はこう言いました、「この意味は、もし人が神のみこころを行うことを選ぶならば、神はそれをその人に現す」(The Son of God, commentary on the Gospel of John, Sword of the Lord Publishers, 1976, p. 162)。 ヘンリー・M・モリス博士(Dr. Henry M. Morris)は、「これはこのように読めるであろう、『如何なる人であろうとも、もしその人が真摯にその人の意志を行おうとするならば、その人は知るであろう・・・。よって、神の指導かを確約する最初の必須事項は・・・神のみこころに従うという、本当の意志である。 たとえその答えが、その人の好みに反するとも』」(The Defender’s Study Bible; note on John 7:17)と言いました。

3. 神のみこころを知るために、あなたは、罪を告白し、それを捨てなければなりません。

“自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者はあわれみを受ける。幸いなことよ。いつも主を恐れている人は。しかし心をかたくなにする人はわざわいに陥る”(箴言28:13, 14)。

4. 神のみこころを知るために、あなたは、クリスチャンの父親の訓戒を侮ってはいけません。

“愚か者は自分の父の訓戒を侮る。叱責を大事にする者は利口になる”(箴言15:5)。

“知恵のある子は父の訓戒に従い、あざける者は叱責を聞かない”(箴言13:1)。

5. 神のみこころを知るために、あなたは、教会の霊的な指導者の忠告に従わなければなりません。

“あなたがたの指導者たちの言うことを聞き、また服従しなさい。この人々は神に弁明する者であって、あなたがたのたましいのために見張りをしているのです。ですから、この人たちが喜んでそのことをし、嘆いてすることにならないようにしなさい。…”(へブル13:17)。

へブル人への手紙第13章17節について、リフォメーション・スタディ・バイブル(Reformation Study Bible)は、「信仰心の篤い教会の指導者は、信仰深い羊飼い、あるいは、危険時に、街の者達に警報を発する見張り人のような者である。指導者の面倒見は深く本物である、なぜなら、彼らは神に指名され、神に応じるからである。もし彼らの奉仕が拒絶されるならば、全ての者が苦しむであろう」 と言っています。

6. 神のみこころを知るために、あなたは、あなたの人生を神に聖別しなければなりません、そして、この世と調子を合わせてはいけません。

“そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい” (ローマ12:1, 2)。

「心の一新とは、神の御言葉によって浸され、コントロールされることである」 (MacArthur Study Bible; note on Romans 12:2)。


起立して、ソング・シートの四番の讃美歌を歌ってください。

御言葉の灯の下、主と共に歩むとき
   主の、我らの道に成された事は、何と栄光なことか!
主の思いを成す一方、彼は我らと共にいられる
   主を信頼し、従う全ての者達と
彼を信頼し、彼に従いなさい、なぜなら、他に道は無く
   イエスにて幸福であるために、彼を信頼し、彼に従いなさい

しかし、主の愛と喜びを、我らは決して証できない
   我々が、完全に横たが得るまで
主が示す好みと、彼が授ける喜びは、
   信頼し、従う者のためである
彼を信頼し、彼に従いなさい、なぜなら、他に道は無く
   イエスにて幸福であるために、彼を信頼し、彼に従いなさい

主の足元に坐し、甘い交わりを持つ
   あるいは、主の側に歩む
主が言われる事をし、主が送られる先へ、我らは行く
   恐れることなく、ただ信頼し、従いなさい
彼を信頼し、彼に従いなさい、なぜなら、他に道は無く
   イエスにて幸福であるために、彼を信頼し、彼に従いなさい
(“Trust and Obey” by John H. Sammis, 1846-1919). (直訳)

起立したままでいてください。

ローマ人への手紙第10章16節で、使徒パウロは、“すべての人が福音に従ったのではありません”と言いました。 マーティン・ロイド‐ジョーンズ博士(Dr. Martyn Lloyd-Jones)は、「パウロがどのようにそれを語ったかに注目せよ。 彼は、すべての人が福音を信じなかったと言っているのではなく、すべての人が福音に従ったのではない・・・福音は応答を呼んでいる。 福音は実行を呼んでいる・・・福音は従順を呼んでいる。 福音は人の一生に影響を与えるのである。 人の外面全体を治め、人生の中心的事項をコントロールするのである。 それが、御言葉への従順による手段である・・・従順さは最も重要な本質である、なぜなら、罪の最もな真髄は、神への不従順さであるから」(“God’s Gospel and Obedience”)と言いました。

キリストは、罪を悔い改め彼に来るよう、あなた方に呼びかけています。 キリストは、あなた方の罪の贖いのために、十字架で亡くなりました。 キリストは、福音に従うように、あなた方を呼びかけています―キリストは、彼の命令に従うようあなた方を呼びかけています。 もし、彼に来ることを拒否するならば、あなた方は彼の命令に従わないのです。 あなた方は、自分自身をイエス・キリストに完全に投げ出さなければなりません。 「それが、福音に従うことである。 それが、あなたをクリスチャンにすることである」(Lloyd-Jones, 同著)。 もしあなた方が、福音に従うことについて私達とお話がしたいのでしたら、ケイガン先生、ノア・ソング、そしてジョン・ケイガンについて行き集会場の後方に行ってください。 皆さんは目を閉じてください。 彼らについて行き、今、後ろへ行ってください。 私達と話が出来、祈れるカウンセリングの部屋へあなた方を連れて行きます。 アーメン。


もしあなたがこの説教で祝福を受けられたのであれば、あなたのご意見をお聞かせ下さい。ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。もしあなたがこれらの説教で祝福されたのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。ハイマーズ博士の電子メールの住所は ― rlhymersjr@sbcglobal.net (ここをクリック)。 (ここをクリック)。どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、普通郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:ヤコブ1:21-25。
ベンジャミン・キンケイド・グリフィス氏による説教前の独唱:
“Trust and Obey” (by John H. Sammis, 1846-1919).

要 綱

神のみこころを知る

HOW TO KNOW THE WILL OF GOD

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません”。 (ヤコブの手紙第1章22節、新改訳)

(詩篇119:105;箴言6:22)

I.    最初に、テキストは、神のみこころについて自己を欺く人達のことを語る。 
黙示20:3;黙示12:9;ペテロ第一5:8;箴言13:20;テモテ第二3:13;
箴言28:26;箴言3:5。

II.   二番目に、テキストは真に神のみこころを知る人達のことを語る。
ヤコブ1:21;箴言28:26;エレミヤ17:9;ヨハネ7:17;
箴言28:13, 14; 15:5; 13:1;へブル13:17;ローマ12:1, 2;ローマ10:16。