Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

救い主の涙

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2015年10月4日、主の日の朝の説教

THE TEARS OF THE SAVIOUR
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord's Day Morning, October 4, 2015

“彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった”(イザヤ書第53章3節、新改訳)。

最近、教会の外で罪人のグループを激しく非難している一人の説教者のビデオを私は見ました。 その説教者は彼らに、「あなた方は地獄へ行くのだ!」。 「あなた方は永遠に地獄の炎の中で焼かれるだろう!」と怒鳴り続けていました。 私は非常に気分を害したのでビデオを止めました。 一言の思いやりの言葉も無く、目の前の失われ混乱した人々への悲しみの言葉一つも無く、失われている世へのイエスの愛についても一言も触れませんでした。

私は、イエスが失われている群集に向かって、その様に説教された実例を一つとして思いつきません。 確かに、彼は厳しい言葉を話されました。 確かに、彼は人々に地獄へ行くとも言われました。 しかし、イエスは当時の偽の宗教指導者であった神学者やパリサイ人達に対して、そのような言葉を使われたのです。 私は、説教者がモルモン教徒、カトリック教徒、イスラム教徒、邪道者達、そしてまた彼らの大学のキャンパスで学生達に対して激しく非難し怒鳴っているのを聞いた事があります。 しかし、年を取れば取るほど、彼らの説教はキリストを模範にしていないと、私は考える様になりました。 年を取れば取るほど、ご自身の最も強固な非難を、現代の宗教指導者に対してイエスは確保されていると私は考える様になりました。 福音では無く宗教性を説教するパリサイ人のような指導者達、フラー神学校の様に聖書を非難する指導者達、金銭の為に説教する指導者達、自助の心理学を説教する指導者達、「どんなものでも、獲得する」の教えを説教する指導者達、一攫千金の繁栄のためのメッセージを説教する指導者達、そして「罪人の祈り」の言葉を唱える事により救いを得ると説教する指導者達に対してです。 そうです! もしイエスが今ここにいるならば、彼は「あなた方は地獄に行く」と説教されるでしょう。 しかしイエスのそのような説教のほとんどは、今日の偽の説教者達に対して確保されているのです―日曜日の晩の集会を閉じ、日曜日の晩の交わりの場を無くし、教会の若者達を放っておく牧師達に対して、また、無味乾燥な聖句毎の聖書研究的な説教をし、日曜日の午前の集会だけに来る見せかけだけの宗教者を作りだす事に満足している牧師達に対して、また、ロックミュージックを取り入れ、福音的な説教を彼らの教会から締め出す牧師達に対して、そして、キリストの血は流れ無くなり、失われている男性や女性を罪から清める事はもはやないと言う牧師達に対してです。 私は、キリストは彼らの宮のテーブルをお金ごとひっくり返してこう言われると思います、

“わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは人々から天の御国をさえぎっているのです。自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせません” (マタイ23:13)。

“わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは杯や皿の外側はきよめるが、その中は強奪と放縦でいっぱいです”(マタイ23:25)。

“わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは白く塗った墓のようなものです。墓のその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいです”(マタイ23:27)。

“おまえたち蛇ども、まむしのすえども。おまえたちは、 ゲヘナの刑罰をどうしてのがれることができよう” (マタイ23:33)。

そうです、現代のそのような偽の説教者と偽の教師達に対して、キリストはそのように説教されるだろうと、私は信じます!

しかし、キリストは彼の話を聞きにやって来た罪人の群集には、決してそのように説教はされませんでした。 彼らにとってキリストは、“悲しみの人で病を知っていた方”でした。 結婚を五回し不品行な生活を行っている、井戸端にいた女性に対して、キリストは優しく語りました。 彼は、病気で死に掛けている人達に、“そして、さわった人々はみな、いやされた”(マタイ14:36)ように、キリストは優しく語りました。 姦淫の現場で捕まえられた女性に対して、“わたしもあなたを罪に定めない。 行きなさい。 今から決して罪を犯してはなりません”(ヨハネ8:11)と、キリストは言われたのです。 イエスの脇で十字架に付けられた犯罪人の一人に彼は、“まことに、あなたに告げます。 あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます”(ルカ23:43)と言われたのです。 中風の人に対して、“子よ。 しっかりしなさい。 あなたの罪は赦された”(マタイ9:2)とイエスは言われたのです。 イエスの足に口づけをした罪深い女性に対して、“あなたの罪は赦されています”(ルカ7:48)とイエスは言われたのです。

イエスは笑った事があったのでしょうか? 笑った事があったでしょうが、その事は聖書には記されていません。 聖書には、イエスは“悲しみの人で病を知っていた”(イザヤ53:3)と告げられています。 そして聖書には、イエスが三回涙を流したと告げられています。 そして私達の今日のテキストで、それがイエスの人格の一部であり―重要なものであったと、私達は理解します。 愛情の欠けた仏が、涙を流す事は想像できません―無情のローマの神々、あるいは冷酷なイスラム教のアラーが涙を流す事は考えられない事です。 イエスの涙は、人間の苦悩に対する彼の慈悲心を表しています。

あなた方の多くは、私がウィンストン・チャーチルを非常に尊敬している事を知っています。 しかしあなた方は、英国民が第二次大戦中に彼の事を知っていたほどに、彼について知ってはいないでしょう。

St. Paul's Cathedral
爆撃を受けている最中のロンドン、聖パウロ礼拝堂

あなた方は、ユーセフ・カーシュの画像写真のいかめしいチャーチルの顔だけしか知らないかもしれません。 しかし、ロンドンがヒットラーの爆撃により全焼させられた長い数か月間に、英国の人々は異なった面でしばしば彼を目にしました。 夜間の爆撃後に、人々の破滅された家々の間を、涙を頬に流しながら歩くチャーチルの姿を国民は見たことでしょう。

Sir Winston Churchill
ロンドン爆撃の中のチャーチル

彼は、その前の晩に四十人の大人や子供達が死んだシェルターの外に立ち止まります。 チャーチルが目の涙を拭く時、群集ができます。 彼らは、「あなたがきっと来て下さると思いました」と叫ぶのです。 一人の年老いた女性は、「彼は、本当に国民を気にかけている、彼が泣いているのがわかるでしょう」と大声で叫ぶのです。 そうしてもう一人が群集の中から、「我々はやってやる! ヒットラーに、我々はやってやると伝えなさい!」と叫ぶのです。 ヒットラーは彼らの家を、そして彼らの都市を爆撃で壊せるかもしれませんが、彼らの気力を打ち壊わさない限り、彼らを打ち負かす事はヒットラーには出来ないのです。 英国の人々に対するチャーチルの涙は、ナチスの軍兵器の力に優る何よりのものであったと言われています。 彼は、カナリアの餌の種を買う為に破壊された通りに出、行列している人々を見て涙を流しました。 彼は、がれきの下敷きとなった死人や死にかかっている子供達を見て涙を流しました。 彼は決して恐れから泣いたのではなく、常に彼の国民の苦しみの為に涙を流しました。

いいえ、チャーチルは、 教義的にはクリスチャンではありませんでした。 しかし、メソジストの乳母エベレスト女史の影響で、彼はキリスト教の感性を身に付けました。 彼女の写真は、チャーチルが死ぬまで彼のベッドのそばに掛けてありました。 彼は、今日私が考えられるどの指導者達よりもクリスチャンの感性を持っていました。 アヤトラ・ホメイニ、アリ・ハメネイ、ウラジミール・プーチン、あるいはバラク・オバマなどが、彼らの国民の苦しみへの憐みによって涙を流すような事など想像もつきません。 憐みは、紀元一世紀の冷淡なローマの世界に、“悲しみの人で病を知っていた”(イザヤ53:3)イエスによって教えられたキリスト教特有の美徳です。

「悲しみの人」、何たる名か
この世に来られし神の御子
朽ちた罪びとを再び生し
ハレルヤ!何たる救い主か!(直訳)
(“Hallelujah, What a Saviour!” by Philip P. Bliss, 1838-1876).

聖書の中に、イエスは三回泣かれたことが記されています。

I. 最初に、イエスはその都の為に泣かれた。

朝、イエスはロバに乗ってエルサレムの町へ入られました。 群集が彼に従い、“ダビデの子にホサナ。 祝福あれ。 主の御名によって来られる方に。 ホサナ。 いと高き所に”(マタイ21:9)と叫びました。 それは、棕櫚の主日の、イエスの“勝利の入場”と呼ばれています。

The Triumphal Entry
“棕櫚の主日”のイエスの勝利の入場

しかしその日がどのように終わったかは、ほとんど私達には告げられていません。

“エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて”(ルカ19:41)。

W・A・クリスウェル博士は、私が聞いた説教者の中で最も偉大な三人の説教者の内の一人です。 彼は、ほぼ六十年間、テキサス州ダラス市のファースト・バプテスト教会の牧師を務めました。 彼の説教の一つで彼は、大都市にある教会の牧師となったばかりのある一人の牧師の話をしました。 

     「彼が説教する番になった時、彼はそこにいませんでした。その説教者を見つける様、執事の一人が頼まれました。彼が説教者を見つけた時、その説教者は、彼のオフィスの窓際に立ち、無秩序に広がった広大なスラム街を見渡していました。彼はスラム街にある建物を見て涙を流していました。その執事は彼に、『聴衆は、あなたをお待ちしています。説教の時間になりました』と言いました。 その牧師はその都市を指さして、『私は、悲しみ、非嘆し、そして人々の絶望に捕らわれているのを見ました。見てごらんなさい。見てごらんなさい』と応答しました。そこで執事は、『そうですね、しかしあなたはすぐにそれに慣れるでしょう。あなたの説教の時間になりました』と答えました。見なさい。その牧師は指をさして、見なさい。執事は答えて『そうですね、でもあなたの説教の時間になりました』と言いました」。

そうしてクリスウェル博士はこう言いました、

「それは、自分の中で、教会の中で、そして全ての教会の中で、私が恐れている事である。我々はそれに慣れている。人々は失われている―それがどうしたのだ?彼らには希望がない―それがどうしたのだ?そして最終的に、我々はそれに慣れてしまい―それを見過ごす。それがキリストと我々の違いである。“エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて”おられたのです」(W. A. Criswell, Ph.D., The Compassionate Christ, Crescendo Book Publications, 1976, p. 58)。

イエスがその日オリーブ山に立たれ、エルサレムの町をご覧になった時、四十年後にその町が無くなる事を誰が予想し得たでしょうか? 一世代後にローマの将軍テトスがその門と壁を打ち壊し、神の宮に火を放つ事を誰が予想し得たでしょうか? 聖なる都市を囲んでいた石の壁の一部だけが残り、何も他は残されなかったのです。 “あなたがたの家は荒れはてたままに残される”。 そうしてイエスは泣かれました。 イエスは、その都の失われている人々を見て泣かれたのです。

ある人は、「でも牧師先生、私達に何が出来ますか?」と言うでしょう。 私達は全ての人々を助ける事は出来ません。 私達はほとんどの人を助ける事も出来ません。 しかし私達には、何人かの人達を助ける事が出来ます。 あなた方は、水曜日と木曜日の晩に伝道に来る事が出来ます。 あなた方は土曜日の晩の伝道に来る事が出来ます! あなた方は、日曜日の午後に出て行き、彼らを連れて来る事ができます! あなた方はそうする事が出来るのです! いつの日か、私達の都市の通りは、ごみや煙、血、そして死で満ちるでしょう。 いつの日か、だれも助ける事の出来ない日がやって来るでしょう。 この時に、十字架の兵士として、また、小羊の信奉者として出て行きなさい。 が、キリストを見出し、ゆるしを得て、希望を見出すよう、惨めな、失われている罪人を助ける時です! “エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣(いて)”かれたのです。

II. 二番目に、イエスは共感して泣かれた。

イエスは彼の弟子達に、“わたしたちの友ラザロは・・・死んだのです”(ヨハネ11:11, 14)と告げました。 イエスは、“わたしは彼を眠りからさましに行くのです”と言われました―それは、ラザロを死からよみがえらせるという事です。 ですから彼らは、ベタニアのラザロの家に行きました。 異端者達は、「グレイブヤード(graveyard)」と言います。 しかしクリスチャン達は「セメタリー(cemetery)」と言います―それは眠る場所、死んだ人をイエスが生き返らせるまで置く所ろ、という意味のギリシャ語です。 それをイエスはラザロにされる為に行かれたのです。 しかし、彼らがイエスを信じるように、彼は御自分の神性と力を表す奇跡を為さるのを四日間待たれました。

イエスはラザロの墓に近づいて行きます。 ラザロの姉妹マリアは、イエスが近くに来られるのを待っています、

“そこでイエスは、彼女が泣き、彼女といっしょに来たユダヤ人たちも泣いているのをご覧になると、霊の憤りを覚え、心の動揺を感じて”(ヨハネ11:33)。

元来のギリシャ語によれば、イエスが完全に心が打ち砕かれ、彼の胸はあえぎ、嘆き悲しみ、憤り、息をのむ(ĕmbrimaŏmai)―深く動揺する、嵐の海の様に乱れる、心を乱され、非常に悩む(tarassō)といったような意味です。  あなた方にとって親密な人が亡くなった時、そのように感じた事がありますか? 私はそのように感じた事があります。 私は、心が打ち砕かれ、泣き悲しみ、憤り、そして胸が喘いだことがあります。 私の心が非常に乱され、熱湯した水の様にかき乱れ、深く動揺した事があります。 私は、非常な苦痛、そして重苦しさを感じた事が人生の中で何度かあります―そうして、それらはイエスが体験された事を、私が理解するに十分でした。 私の愛する祖母、母親が亡くなった時、私はそのように感じました。 私の人生が、リベラル主義的な南部バプテストの神学校で崩れ落ちた時、そのように感じました。 私の母セシリアが亡くなった時、そのように感じました。 それは悪い事ではありません。 イエスは、私達も時々悲痛を感じる事は、罪ではない事を御自分の悲しみを通して私達に知らされているのです。 マリアとマルタ、そしてラザロの友人達の悲しみによって、イエスは深い慈悲心で動揺されたのです。

イエスは、数分後に御自分がラザロを死からよみがえらせる事を知っていました。 しかしイエスは、死自体、そして死が私達にもたらす悲しみによって、イエスの心が打ち砕かれ、苦痛に満たされます。 そしてその悲しみは、二節後のヨハネの福音書第11節で、聖書の中で最も短い節が私達に記されています。 彼の苦悩と涙を持って、“「彼をどこに置きましたか。」 彼らはイエスに言った。 「主よ、来てご覧ください。」” そうしてこの最も短い聖句が記されます、

“イエスは涙を流された”(ヨハネ11:35)。

彼は、マリアとマルタの悲しみを共感されました、なぜなら、彼御自身も彼女達の兄弟ラザロを愛していたからです。 私は、あなた方若い人達の世代を憐れに思います。 多くの教会では、昔ながらの讃美歌―心が動かされ、魂を慰めるような讃美歌を今では歌いません。 今日の若者達は、それらを知りません。 ですから彼らが困難の中にいる時、それらを歌う事が出来ないのです。 しかし、古い讃美歌が、私の魂を暗闇の中から導き出すのです。

つみとがをにのう
ともなるイエスに
   うちあけうるとは
いかなるさちぞ
   やすきのなきもの
なやみおうもの
   ともなるイエスをば
おとずれよかし
(『つみとがをにのう』“What a Friend We Have in Jesus”
      by Joseph Scriven, 1819-1886).

“イエスは涙を流された”(ヨハネ11:35)。

イエスの尊い涙。 イエスの思いやり。 イエスの共感を神に感謝します。

ヘンリー・M・マックガワン先生は、私が少年の頃、始めて彼の家族と一緒にバプテスト教会へ連れて行ってくれました。 彼は一度私に、私は彼にとって息子の様であると言われました。 私は、私の家族を連れ、彼に会いに何度かテキサス州バーノン市に行きました。 彼は私に多くの事柄を意味するこの短い詩をくれました。 これは、14歳のメリー・スティーブンソンという少女の詩です。

ある晩、私は夢をみた。
夢の中で私は、神と並んで浜辺を歩いていた。
暗い空の向こうには、私のこれまでの人生が映し出されては消えていった。
どの場面でも、砂の上にはふたりの足跡が残されていた、
ひとつは私自身のもの、もうひとつは神のものだった。

人生のつい先ほどの場面が目の前から消えていくと、
私はふりかえり、砂の上の足跡を眺めた
すると私の人生の道程には、多くの時
特につらく、悲しい時に
ひとりの足跡しか残っていない場所があるのだった。

すっかり悩んでしまった私は、神にそのことをたずねてみた。
「神よ、私があなたに従って生きると決めたとき、
あなたはずっと私とともに歩いてくださるとおっしゃられた。
しかし、私の人生のもっとも困難なときには、
いつもひとりの足跡しか残っていないではありませんか。
私が一番にあなたを必要としたときに、なぜあなたは私を見捨てられたのですか」

神はささやかれた。「私の大切な子よ。 私はあなたを愛している。 私はあなたを見捨てはしない。
あなたの試練と苦しみのときに、
ひとりの足跡しか残されていないのは、
その時はわたしがあなたを背負って歩いていたのだ」
   (『砂の上の足跡』“Footprints in the Sand” by Mary Stevenson, 1922-1999; written in 1936).

イエスは、私達の失われた絶望的な都市の為に泣かれます。 イエスは、私達が悲しみを貫く時、私達と共感して泣かれるのです。

III. 三番目に、イエスは私達の罪を償われる時、私達の為に泣かれます。

へブル人への手紙第5章7節はこう書いています、

“キリストは、人としてこの世におられたとき、自分を死から救うことのできる方に向かって、大きな叫び声と涙とをもって祈りと願いをささげ、そしてその敬虔のゆえに聞き入れられました”(へブル5:7)。

この方が、十字架に付けられる前の晩に、ゲツセマネの園で泣かれたイエスです。 クリスウェル博士はこう言われました、

ゲツセマネの園での苦悩にはどんな意味があるのだろうか?イエスは苦しみもだえた時、彼の“汗が血のしずくのように地に落ちた”(ルカ22:44)。…預言者イザヤは、“自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら”と言われた。イザヤは、“自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する”と言った。なぜか私達の理解する事の出来ない奥義によって、神はイエスを私達の為に罪とされた。そしてこのように全ての罪の重荷を負い、イエスは大きな叫び声と涙をもって、“わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください”と叫ばれたのである(同著p. 60)。

神がゲツセマネの園でイエスの命を救われ、イエスは生き延び、翌朝十字架へと私達の罪を彼の身体に負う事が出きる様に、イエスは涙をもって慟哭しました。 そうして十字架で、イエスは“完了した”(ヨハネ19:30)と言い―彼の頭を垂れて死なれました。 イエスは私達の罪の為に完全なる代価を支払う為に、大きな叫び声と涙を持って十字架に付けられたのです。

怖ろしき一刻、カルバリーの丘の頂へ
   疲れ果てた我が救い主キリストは歩いて行かれた。
十字架の上で、罪びとのために死に直面し
   終わりなき失われた状態から、彼は我らを救わん
祝福された贖い主!尊き贖い主!
   カルバリーの木の上の彼を、我は見ん
罪びとのために、傷つき血を流され
   盲目な無頓着な我のために、死なれる
(“Blessed Redeemer” by Avis Burgeson Christiansen, 1895-1985). (直訳)

多くの涙を流され、罪と裁きからあなた方を救う為に十字架で御自分の血を流されたイエスを信頼する様、私はあなた方に嘆願します。 イエスは今、天国の神の右の座にいます。 無垢な信仰で持ってイエスを信頼しなさい。 イエスの尊い血が全ての罪からあなた方を清めて下さいます―そして、あなた方に永遠の命を与えます。 アーメン。 チャン先生、私達を祈りに導いて下さい。


もしあなたがこの説教で祝福を受けられたのであれば、あなたのご意見をお聞かせ下さい。ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。そうでなければ、ハイマーズ博士はあなたの電子メールに答えられません。もしあなたがこれらの説教で祝福されたのでしたら、ハイマーズ博士に電子メールを送って下さい。送られる時は、どこの国から送っているのかをいつも明記して下さい。ハイマーズ博士の電子メールの住所は ― rlhymersjr@sbcglobal.net (ここをクリック)。 (ここをクリック)。どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、英語で書いてください。また、普通郵便で送りたい方は、P.O. Box 15308, Los Ángeles, CA 90015に送って下さい。ハイマーズ博士の自宅電話番号は(818)352-0452です。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は、www.sermonsfortheworld.com
のインターネット上で毎週ご覧になれます。
“日本語の説教”をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:ルカ22:39-44。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Blessed Redeemer” (by Avis Burgeson Christiansen, 1895-1985).

要 綱

救い主の涙

THE TEARS OF THE SAVIOUR

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった”(イザヤ書第53章3節、新改訳)。

(マタイ23:13, 25, 27, 33;14:36;ヨハネ8:11;
ルカ23:43;マタイ9:2;ルカ7:48)

I.   最初に、イエスはその都の為に泣かれた。
マタイ21:9;ルカ19:41。

II.  二番目に、イエスは共感して泣かれた。
ヨハネ11:11, 14, 33, 35。

III. 三番目に、イエスは私達の罪を償われる時、私達の為に泣かれます。
へブル5:7;ルカ22:44;ヨハネ19:30。