Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

サタンが思いをくらます

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2015年2月22日、主の日の朝の説教

SATANIC BLINDING
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Morning, February 22, 2015

“それでもなお私たちの福音におおいが掛かっているとしたら、それは、滅びる人々の場合に、おおいが掛かっているのです。その場合、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです”。 (コリント人への手紙第二第4章3, 4節、新改訳)

私は今朝サタンについて話します。 これは、今までに私が書き上げた説教の中で最も困難な説教の一つです。 サタンは、私が今日あなた方にこの説教をする事を望んでいないのは確かです。 情報源として使おうと思っていたW・A・クリスウェル博士(Dr. W. A. Criswell)の一冊の本がありました。 私はサタンと悪魔達について、彼の説教から学びました。 そして私自身の説教の前置きとして彼の書いたものを使おうと思っていました。 私はその本を机の上に置いておきました。 しかし説教を準備しようとした時、それが見つからないのです! それが消えてしまったように思えました! それは私の書斎にあったはずなのですが、それを見つけようと三時間も時間を費やしましたが、それでも見つからなかったのです。 サタンがそのこととつながりがあったのは確かです。

そうしている内にイレアナが帰って来ました。 神がそれを見つけるのを助けて下さるように、私は祈りしました。 イレアナは私の机の周りにある全ての本を調べました。 彼女がそうしている間に、私は探したところをもう一度見て見ようと思いました。 そこはすでに三回調べましたが、私はもう一度探すことにしました。 何とそこにあったのです! 私の胸は嬉しさで高鳴りました! 神は私の祈りを聞かれ、その本のある場所を知らせて下さったのです!

ある人は、このことを本を見つけるだけの些細な事と思うかもしれません。 しかし、“些細な事”にしばしばサタンは何とも入念で、慎重であるのを私達は見出すのです。 “サタン”は、ヘブライ語の彼の名前です。 “Sawtan”―それは“対抗者”という意味です。 またそれは“敵対者”、“敵”、そして“妨害者”ともいう意味です。 “サタン”は、“攻撃”を意味するもう一つのヘブライ語から来ています。 サタンは神の敵です。 彼は神に敵対しています。 彼は神の働きを攻撃します。 そして彼には非常な力があります。 W・A・クリスウェル博士は、ほぼ六十年間テキサス州ダラス市にある、ファースト・バプテスト教会の牧師を務めました。 彼は聖書用語ギリシャ語と、神学の博士号を取得しました。 彼は聖書の絶対的確実性に関してのチャンピオンでした。 彼は南部バプテスト派の素晴らしい説教者で、二十世紀における最も偉大な説教者の一人でもありました。 クリスウェス博士はこう書いています、

     サタンは、我々の学識社会に立ち、すばらしく講義をしている。彼は教育進路の指揮を取り、真の神が疎外されている事を確かにしようと望む。サタンはこの世の神である。
     サタンは宗教を好む・・・古代世界の全ては、バビロニア人、エジプト人、ギリシャ人、そしてローマ人の神々の観点から語られている。インドでは今日、崇拝される3億5千5万の異なる神々がいる。サタンはそれに満足する。好きなだけ多くの神々を崇拝し、ただ真の神だけは疎外すること。[サタン]は、世界中の宗教を好む。彼は大仏あるいは神道の祭壇で拝む何百万と言う人々を非常に好む。彼はヒンズー教の神を好み、そしてイスラム教のアラーを拝む事を好む。何百万という人々は、それらの神々を崇拝し、彼はそれに満足する。 ただ真の神だけを除外すること・・・。
     [サタン]は、光の御使いである、彼が欺く人達の結末を入念に隠くす・・・。彼は卓越した人物と自分を見せる。あなた方が彼を見ると、彼は、有能な高位の人であり、完璧に装い、そして彼は会社や社交界で高位に立つ。それが[酒]のグラスを片手に持つ、卓越なる人物である。しかし[サタン]は、どん底、飲んだくれ、そして破壊された家庭による悲しみ、崩壊した家庭、親を失った子供達などを隠す。彼は才気にあふれている![サタンはこの世の神である]。
     彼はブロードウェイ、ハリウッド、もしくはラスベガスの幻惑的魅惑と華やかさ、そしてあらゆるポルノグラフィーの魅力を称賛する。しかし彼は、梅毒、淋病、ヘルペス、そしてエイズ、・・・傷心と涙、そして絶望を隠す。それがサタン[この世の神]である。
     ・・・彼は生きた神、救い主、そして主キリストの教会を偽造する。使徒パウロは、偽の教会を、“見えるところは敬虔であっても、その実を否定する・・・”(テモテ第二3:5)と言い表している。偽の教会はサタンについての深刻な事柄を知っている。そして神についての深刻な事柄に対抗する。サタンはそれを非常に好む。彼は贖い主のない宗教を非常に好む。・・・それを失われた人に語るな。救われていない人を回心させようとするな。ただそれを美しく、典礼的に、そして見事にさせよ。ただ救いの贖い主[キリスト]だけはそこから除外せよ。それがサタン[この世の神]である。
     そして彼は光の使いであるが如く見事で、入念に[サタン]は、彼が欺く人達にその結末を隠す(W. A. Criswell, Ph.D., “The Fall of Lucifer,” Great Doctrines of the Bible – Angelology, volume 7, Zondervan Publishing House, 1987, pp. 93-95)。

彼はキリスト無しの生活の崩壊を隠します。 彼は空虚さと悲しみを隠します。 彼はキリスト無しの死と望みの無い墓を隠します。 彼は不信者の死の最後の審判を隠します。 彼は火炎の中の、魂の永遠の苦しみと永遠なる炎の池での苦痛を隠します! それがサタンです。 それがこの世の神なのです!

そしてそれが、使徒パウロがこのように告げているサタンなのです、

“それでもなお私たちの福音におおいが掛かっているとしたら、それは、滅びる人々の場合に、おおいが掛かっているのです。その場合、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです” (コリント第二4:3, 4)。

I. 最初に、失われている人達に、何が隠されているか。

それは、福音です、“キリストの栄光なる福音”なのです。 それが失われているあなた方に隠されているのです。 キリストの福音は、非常に簡単に学べるものです。 あなた方は五分以内で福音の基礎的な教えを学ぶ事が出来るのです。 使徒パウロは二つの短い聖句を通して福音を告げています。 彼はこう語っています、

“キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと” (コリント第二15:3, 4)。

それは一つの文章の一部分です。 一つの文章で福音を言い表します!

最初に、“キリストは私達の罪のために死なれたこと”。 私達のために死なれたのは、他の誰でもなくキリストでした。 天から神が送られたイエス・キリストだったのです。 それは聖処女マリアによって生まれたキリストでした。 彼は、罪なくして生まれ、罪を犯されなかったキリストでした。 それはローマ総督ピラトでさえも、“私は、あの人には罪を認めません”(ヨハネ18:38)と言ったキリストでした。 彼には全く罪はありませんでした! 彼の敵達はキリストに何の罪も見出すことが出来ませんでした。 彼らはキリストについて偽りを言い、キリストが三日間で宮を立て直すことが出来る、と言ったと言いました。 キリストは決してそうは言われませんでした。 それが、決して偽りを口にされない、人々を助けること以外何もなさらなかったイエス・キリストなのです。 その方は、完全なる神の御子でした。

二番目に、“キリストは私達の罪のために死なれたこと”。 キリストは私達の罪の代価を支払うために、十字架で私達の身代わりとなって死なれました。 使徒ペテロは、こう言いました、

“キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです” (ペテロ第一3:18)。

預言者イザヤはキリストについてこう言いました、

“彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され” (イザヤ53:5)。

“主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた” (イザヤ53:6)。

それが、私達の身代わりとなられたキリストです。 彼は―私達の罪を償うために-私達の身代わりとなって死なれました。 それは神の御心だったのです。

三番目に、“葬られたこと、また・・・三日目によみがえられたこと”。 キリストは、十字架で本当に死なれたのです。 キリストの死体は墓に納められました。 彼らは墓を閉ざし、彼の死体をそのままにそこに置いておきました。 しかし三日目に、キリストは死からよみがえられました。 彼は―私達に命を与える為に―死から身体ごとよみがえられたのです。

“それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです”(ヨハネ3:15)。

それが福音なのです! それほど簡単のものなのです!

“しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらです” (ローマ5:8-10)。

それが福音です。 子供でさえそれらの真実を5分間で学べるでしょう。 この教会へ二度もしくは三度来た人達はすでにこれらの真実を知っています。 あなた方は福音の真実をすでに学んだのです。 それでも且つ・・・そして未だ・・・そして未だ、あなた方は救われていません。 あなた方は福音を知っていますが、救われていません。 “それでもなお私たちの福音におおいが掛かっているとしたら、それは、滅びる人々の場合に、おおいが掛かっているのです”(コリント第二4:3)。

II. 二番目に、失われている人達に、なぜ福音が隠されているのか。

その答えは、私達の今日のテキストの、“この世の神が不信者の思いをくらませて”(コリント第二4:4)の中にあります。 サタンは、“この世の神”と呼ばれています。 ヨハネの福音書第12章31節でサタンは、“この世を支配するもの”と呼ばれています。 ヨハネの手紙第一第5章19節に、

“世全体は悪い者の支配下にあることを知っています” (ヨハネ第一5:19)。

スコーフィールド・バイブルは、このように注解しています、

“世全体は、その悪い者の支配下にあることを知っています”。

そして、NASV(ニュー・アメリカン・スタンダード版)は、このように書いてます、

“世全体は、悪い者の力の下にあることを知っています”。

これらの聖句は、神を恐れない不敬虔な支配者達、誤りの宗教、邪悪な人々、そして曲解したアイデアによるこの世の組織(コスモ)が、サタンによって支配されている事を明白にしています。 大多数の人々のアイデア、意見、目的、そして見解などは、この時代の、この世の霊によって支配されています。 エリコットはそれを、“それらは実質上悪魔を描写する。 憎悪、偽り、そして自己中心の霊”(Ellicott’s Commentary on the Whole Bible, volume VII, Zondervan, n.d., p. 375; note on II Corinthians 4:4)と呼んでいます。 

そしてエリコットは、“この世の神は、神の働きに対して直接的に敵対している”(同著)と言っています。 それが、“サタン”の名前が意味することなのです。

あなた方は気が付いていないかもしれませんが、回心していない全ての人は 神に反対します、そうです、全ての人がです! 例外はいません! 私達の教会の電話伝道をしている人達は、それを体験によって理解しています。 教会に来て奮闘なしに救われた人を、彼らは未だ誰も知りません―それはしばしば大奮闘なるものです! そして、それが実際に入って来る人達です! 彼らは奮闘しながら入って来ます。 しかし大多数の人達は入って来ません! それは特に白人の人達に対していえる事です―しかし、何らかの異なった方法で、それは全ての民族の人達に対しても言える事です。 “優しい”中国人の母親でさえもが、“彼女は教会に行ってもいいけど、洗礼をうけさせないで下さい!”と言います。 彼らはそのようなことをしばしば言い、あなた方は彼らの心が神に敵対している事を理解し始めます。 彼らの思いは、エリコットが、“偽りと自己中心の霊”(同著)といったように、この世の神によって支配されているのです。

私はこの教会を1975年の4月に設立しました―そして、神と神の民の敵、そして対抗者であるこの世の霊サタンによって心が支配されている人達と四十年間奮闘し、終わりのない苦痛な対立を貫いて来ました。 エペソ人への手紙第2章2節でサタンは、“空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊”と呼ばれています。 それがサタンなのです! それがこの世の神なのです。 それが真の神の敵なのです! 彼は全ての人が真のクリスチャンになる事を妨げる為に、彼らの心に働き掛けます。 これはだけの意見ではありません! 二十世紀で最も偉大な説教の一人として見なされている英国の説教者、マーティン・ロイド‐ジョーンズ博士の言葉を聞いて下さい。 彼はこう言いました、

悪魔は常に私達を混乱させようと待ち構えている。彼は神の働きを滅ぼそうとしている。・・・実に狡猾なやり方で、彼自身の考えを少しづつ植え付ける(Martyn Lloyd-Jones, M.D., Spiritual Blessing, Kingsway Publications, 1999, p. 158)。

他の箇所でロイド‐ジョーンズ博士は悪魔について、“彼の大いなる企みは、男性そして女性を神から引き離す事である”と書いています。 “[サタン]は、神の大いなる敵対者:彼の有る限りを尽くして、神を嫌悪している”(Authentic Christianity, volume 4, The Banner of Truth Trust, 1966, p. 42)。 サタン―あなた方の思いをくらませ、あなた方から福音を隠し続けているのが、彼なのです。

III. 三番目に、失われている人達に、どのように福音が覆われているか。

ロイド‐ジョーンズ博士は、“悪魔は常に私達を混乱させようと待ち構えている”と言いました。 福音は、私達に自由と希望を与える、栄光に満ちた素晴らしいものです。 悪魔は、あなた方がそのような如何なるものをも得る事を望んでいません! 私達のテキストは、彼は“不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです”と言っています。 サタンは、“悪魔は常に私達を混乱させようと待ち構えている”のです。 サタンが、イエスを信頼する事から人々を引き離す、すなわち、彼らを混乱させる幾つかの方法を私はここに挙げます。 多くの方法を挙げる必要はないでしょう。 なぜなら、悪魔はさほど多くの方法を用いないからです。 彼にはその必要がないのです。 なぜなら、彼は、たった幾つかの策略であなた方を掴み、捉える事が出来ることを知っているからです。 これらが、彼があなた方を救わせない為に用いる、彼の主な三つの策略です。

1.   悪魔は、あなた方の思いの中に彼自身を植え付け、あなた方に、“断念する事が多すぎる。 教会に行くのはいいけど、もし私がクリスチャンになったなら、多くの事を諦めなくてはならないだろう”と思わせるのです。 イエスは、質問をもってそのような悪魔による考えに答えられました。 イエスはしばしは、他の事を質問され、とある質問に答えられました。 もし悪魔があなた方に、“断念する事が多すぎる”と語るのなら、イエスは、“人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得がありましょう”(マルコ8:36, 37)と言われるのです。 もしあなた方がこの世の全てを得ても、あなた方の魂を失うならば、あなた方は、喜びなく、満足感なく、望みなしに、永遠に地獄に落ちるでしょう。

2.     悪魔は、彼自身をあなた方の考えへと徐々に思い込ませ、あなた方に、“私は毎週教会へ行っている。 私は教会の全ての集会に出席している。 私は大丈夫だと思う”と思わせます。 スポルジョンは、彼の道徳的人格がどうであろうと、“キリストが、‘信じない者は、罪に定められるであろう’と言われる時、彼らはそれを聞こうとしない。 いいえ、彼らは、軽率に、楽しい思いで滅びへと進み続ける。 確かにこれらの人々はサタンによって思いをくらませられたのである”と言われました。

3. 悪魔は、彼自身をあなた方の考えへと徐々に思い込ませ、あなた方に、“私は何らかのフィーリンングがなくてはならない。 牧師先生は、フィーリングを求めてはならないと言ったけど、フィーリングがなかったら、カウンセリング・ルームでケイガン先生に何も言えない。 ケイガン先生は、‘何を考えていますか’と聞くでしょう。 私がフィーリンングを体験しなかったなら、私は彼に何も答えられない”と思わせるでしょう。 かつての英国の説教者、マーティン・ロイド‐ジョーンズ博士の言葉を聞きなさい。 彼は、“救いを追い求めて、尋ねる人達に対処して、どれほどしばしば ‘信じる者は誰でも’ でなく、“感じる者は救われる”と 新約聖書では決して告げていない言葉を指摘しなければならないのだろうか、・・・従ってあなた方が、‘私はこれに頼って生きる;私が感じようと、また感じまいと、それは重要では無い;我々はフィーリングによって救われるのではなく、イエスを信じる事によって救われる’と言う事で十分である(Life in God, Crossway Books, 1995, p. 105)。


あなた方が、自分自身ではサタンから解放される事は出来ない事をあなた方が悟るよう神が助けて下さらない限り、私が語った事は何もあなた方の役に立たない事を、私は知っています。 あなた方は、キリストを選ぶ事は出来ない事を知らなければなりません。 ロイド‐ジョーンズ博士は、“この世の神が、[あなた方が]その様にする事を不可能にさせる”(Assurance, Banner of Truth, 1971, p. 310)と言いました。 あなた方が自分自身に、そして神に対して正直になるならば、あなた方の心が、“私は失われている! イエス様、私を救って下さい”と切に求めるでしょう。 そのような瞬間に、イエスがあなた方に来て、はあなた方を救って下さるでしょう。

何日か前に私達がマルコの福音書で読んだ、らい病患者にとってそのことがどんなに簡単であったか、を注意深く聞いて下さい。 彼はイエスに来て、ひざまずいてイエスに、“お心一つで、私をきよくしていただけます”と言いました。

“イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、・・・言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」すると、・・・その人はきよくなった”(マルコの福音書1:41, 42)。

今朝、誰かがそのようにしてイエスに来ますように。 “お心一つで、私をきよくしていただけます”。 “わたしの心だ。 きよくなれ”。―そうして彼は清められました。 それが福音です! それが救いの良い知らせなのです! それがあなた方の唯一の望みです! 悪魔と彼の偽りから離れなさい! “イエス様、お心一つで、私をきよくしていただけます”。 “わたしの心だ。 きよくなれ”。 あなた方がスポルジョンのこの短い詩を信じる事が出来るなら、あなた方は、一瞬のうちに救われるでしょう。

やましく、弱く、無力な虫けら、
 キリストのいたわりの腕に、我は落ちる
イエスは、我が力、そして義なり
 我がイエス、我が全て

キリストにあって、喜んであなた方の道を行きなさい! 天にいます父よ、今朝ここにいる誰かがイエスの腕の中に落ち入り、救われますように。 アーメン。

我は知る、そう、我は知る
   イエスの血は、邪悪な罪びとを清められると。
我は知る、そう、我は知る
   イエスの血は、邪悪な罪びとを清められると。
(“Yes, I Know!” by Anna W. Waterman, 1920). (直訳)

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:コリント第二4:3-6。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Yes, I Know!” (by Anna W. Waterman, 1920).

要 綱

サタンが思いをくらます

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“それでもなお私たちの福音におおいが掛かっているとしたら、それは、滅びる人々の場合に、おおいが掛かっているのです。その場合、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです”。 (コリント人への手紙第二第4章3, 4節、新改訳)

(テモテへの手紙第二第3章5節)

I. 最初に、失われている人達に、何が隠されているか。
コリント第一15:3, 4;ヨハネ18:38;ペテロ第一3:18;
イザヤ53:5, 6;ヨハネ3:15;ローマ5:8-10。

II. 二番目に、失われている人達に、なぜ福音が隠されているのか。
ヨハネ12:31;ヨハネ第一5:19;エペソ2:2。

III. 三番目に、失われている人達に、どのように福音が隠されているの
か。マルコ8:36, 37;マルコ1:41, 42。