Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

孤独の体験!

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2014年8月17日、主の日の朝の説教

THE EXPERIENCE OF LONELINESS!
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord's Day Morning, August 17, 2014

“私の右のほうに目を注いで、見てください。 私を顧みる者もなく、私の逃げる所もなくなり、私のたましいに気を配る者もいません”。 (詩編142:4、新改訳)

サウル王は、罪を犯し神に拒否されました。 そこで預言者サムエルは、ダビデと名のる若者を新たな王に任命しました。 サウルはダビデをねたみ、悪に取り付かれました。 ダビデは命がけで彼から逃れなければなりませんでした。 ダビデは荒野へ逃げ、そして洞窟に隠れました。 彼は恐れと空腹で苦しみ、そして皆から見放されました。 “詩編第142章”の下記に、“ダビデのマスキール[もしくは教え]、彼が洞窟にいた時の祈り”と記されている御言に注目して下さい。 その言葉は、御言の一部であり、後に付け加えられたものではありません。 ですから私達は―悪魔に取り付かれた王から逃れて洞窟に隠れていた―ダビデが、ひどく悩まされ、恐れ、見放されていた事が判ります。 誰もダビデに関わりたがりませんでした、なぜなら、彼らは皆サウル王を恐れていたからです。 そしてダビデは言いました、   

“私のたましいに気を配る者もいません”(詩編142:4)。

誰も彼に気を配りませんでした。 彼は一人ぼっちでした。 しかし彼には、今日の多くの若者達の友人に勝る、神がいました。 

私はクリスチャン系の大学へは行きませんでした。 私はカリフォルニア州立大学 ロスアンゼルス校を卒業しました。 ある面で言えば、非宗教的な大学へ行って良かったと私は思っています。 若者達が教えられている事、そして彼らの意見に触れ合う機会があったからです。 私は近代文学を学びました。 ほとんどの著者達は、無神論者で実在主義者でした。 彼らは、近代の生活と世の中における疎遠、そして孤独について語りました。

H・G・ウェルズ(H. G. Wells)は、“タイムマシーン”と“世界史概観』の著者です。 彼は、“私は65才であるが、孤独で、心に平安を見出したことが一度も無い”と言いました。 ピューリッツア賞受賞者である作家アーネスト・ヘミングウェイは、“電池が切れ、電流も無いラジオの真空管の様に孤独な真空に自分は生きている”と言いました。 劇作家ユージーン・オニールは彼の劇『Long Day’s Journey Into Night』の中で、“命の唯一の意味は死である”と言いました。 その劇の主題は、人間の実在的孤独でした。 J・D・サリンジャーは、今日の社会の若者達の疎遠、そして孤独についての短編や小説を書いて、彼の本業としました。 

H・G・ウェルズは、孤独で希望も無い一人の老人として死にました。 アーネスト・ヘミングウェイは、ショットガンで頭を打ち自殺しました。 オニールの劇の主人公は、孤独を麻薬で癒さそうと試みた絶望的な麻薬中毒者でした。 J・D・サリンジャーは、若者達の孤独感に心を奪われ、ほぼ五十年間、世捨て人の生活を送りました。

孤独は今日の若者達の大きな問題です。 グリーンデイズのヒット曲、“ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームズ”は、多くの高校生と大学生の若者達が、“一人ぼっち、一人ぼっち。 一人ぼっち”と感じている事を表現しています。 若い当時の自分の感情を思い出します。 群集の中にいても孤独は感じられます。 あるウェブサイトは、“孤独は心のむなしさ、もしくは空虚を感じる事である。 あなた方はこの世からの孤立、もしくは分離を感じ、コンタクトしたい人達からの断絶を感じている”(http://www.counseling.ufl.edu/cwc/how-to-deal-with-loneliness.aspx) と告げています。 ダビデは洞窟に隠れ、このように感じたのです。 

“私のたましいに気を配る者もいません”(詩編142:4)。

多くの若者達は、現在そのように感じているのです。 ですから私は今朝、三つの考察をあなた方に示し、あなた方が孤独に立ち向かう事が出来るようにお祈りします。

I. 最初に、孤独には異なった種類がある。

そのウェブサイトは、次のように言っています、

孤独には異なった種類があり、異なった孤独の度合いがある。あなた方は、何かが通常では無い、些細な空虚感のような、また不明瞭なフィーリングたる孤独を体験するかもしれない。もしくは、あなた方は非常に張りつめた喪失、そして深刻な苦痛の孤独を感じるかもしれない。 一つの孤独のタイプは、ある特定の人が亡くなったから、あるいは彼らが遠くに離れているから、などの理由に繋がるかも知れない。もう一つのタイプは、身体的に、自分達のような人達から離れている為に、孤立を感じ、人々からのコンタクトが無い事に繋がるかもしれない、それはもし、あなた方が夜間のシフトで、あるいは建物の中の人々があまり寄り付かない場所に孤立して、一人で働いているならば、あり得ることである。あなた方は、多くの人達の間にいても、彼らの中に入る事が出来ず、感情的な孤立[そして孤独]を感じるかも知れない(同著)。

多くの心理学的調査によれば、大学生達は特に孤独になりがちです。 キャンパスは学生達を永続的な関係に引き付けるようには思えません。 大学に通っている若者達は、しばしば、この世は彼らに同情せず、誰も彼らを理解出来ず、もしくは気を配らないと感じています。 彼らには頼れる人がいないのです。

自動車、飛行機、テレビ、そして宇宙旅行などを生み出して来た文明は、孤独からあなた方を守る為に何も提供していません! あなた方の両親は仕事から疲れ果てて帰り、テレビの前に座りこみます。 彼らはあなたと会話を交し、また、あなたの話を聞く時間もありません。 あなた方の多くは崩壊家庭で育って来ています。 両親が離婚している子供達は、特に非常な孤独を体験しています。 しかし、私が会話を交わすほとんど全ての若者達は時折、そのように感じているのです。 

ある一人の女の子が、“私はとても孤独です。 私の隣人達は声も掛けてくれません”と言いました。 ある青年は、“私は友達をつくれないように感じます、なぜなら、友人と思ていた人達は、すぐにも私から離れて行きます”と言いました。 そのように感じた事がありますか? 洞窟に隠れ潜んでいた時、ダビデはそのように感じました。 彼は言います、

“私のたましいに気を配る者もいません”(詩編142:4)。

孤独は、今日の多くの若者達が自殺する原因の主な理由の一つだと私は思います。 15才から24才までの若者達の間で、自殺が最も多くの死因の一つである事を知っていましたか? アメリカでは、2時間と6分おきに、昼夜をとわず若者は自殺をします。 そして心理学者は、彼らが自殺する主要な理由は孤独であると報告しています。 神は正しくもこのように言われました、

“人が、ひとりでいるのは良くない”(創2:18)。

II. 次に、あなた方自身が自分の孤独の原因となりえる。

そうです、自分自身の孤独の一番の原因は、あなた方自身に最も責任があるのかもしれません。 孤独に関して正しく説明しているこのウェブサイトはこう言っています、

孤独は受動的な状態である。それは受け身的に持続させる事、そしてそれを変える為に何の努力もしない事によって、その状態が維持される。私達は徐々にそれを感じなくなっていく事を願う、[しかし]私達はそれに対して何も考慮せず、それに巻き込ませている。不思議と私達がそのフィーリングを受け入れる時もある。しかし、孤独を受け入れる事とそれに結び付いたフィーリングへと落ち込む事は、通常絶望感と無力感につながる。そしてそれは順々に、更に受動的な、そしてもっと深刻な絶望感[そして更にひどい孤独へと]つながって行く(同書)。

“孤独は受動的な状態である。・・・によって、その状態は維持される”。 それは的確な表現であると思います。 それは、その状態を変える為に、あなたが何かを為さない限り、孤独なフィーリンは持続するという事です。 

以前、私は創世記第32章24節から、ヨブの孤独に関して説教しました。 その説教の最中で、ある若者が急に立ち上がり集会場から出て行きました。 彼は、教会が孤独を癒す事について、私が語った事を聞かずに出て行きました。 しかし、あなた方は逃避する事によって、孤独を克服する事は出来ません! それが、カインが分かった事です。 神は彼にこう言われました、 

“あなたは地上をさまよい歩くさすらい人となるのだ” (創世記4:12)。

教会から逃げ出していく人達は、カインのように彷徨よい、孤独な若者となります! そして聖書はこう語ります、

“ああ。彼らはカインの道を行き”(ユダ11)。

カインの様に―今日の多くの若者達の様に、人生を一人で渡り歩く事は大変な事です!

ですから私達は、“なぜ一人でいるのですか? 教会へ来なさい! なぜ失われているのですか? イエスへ来なさい!”と言うのです。 神は言われました、

“人が、ひとりでいるのは良くない。”(創2:18)。

ですから神は、アダムにエバという妻を与えられたのです。 そしてアダムの妻は、スコーフィールド・スタディ・バイブルによれば、教会を示唆しています。

キリストの花嫁としての教会の典型、エバ(創世記2章23節に関する解説)。

それは、アダムの妻は教会のイラスト、もしくは描写であるという事です。 神はこう言われました、

“人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、にふさわしい助け手を造ろう”(創世記2:18)。

そして神はアダムに連れ添う助け手を与えらえました。 そうして、彼女はローカルの教会の描写、“典型”となりました。 神はアダムに、彼の孤独を癒す為にエバをお与えになりました。 そして、神はこの教会をあなた方の孤独を癒す為に置かれたのです! この教会はあなた方の孤独を癒す為にあるのです!

“人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう”(創世記2:18)。

そうしてあなた方の孤独を癒す為に与えられた“ふさわしい助け手”は教会なのです! 私達はあなた方が孤独を乗り越えることを助ける為にここにいるのです! 多くの教会はあなた方を助けられない事を私は知っています。 私は彼らについて言っているのではありません。 私はこの私達の教会にについて言っています。 この教会は若者達を中心とした教会です。 私達はあなた方を助ける為にここにいるのです!

教会を避ける事で、あなた方自身の孤独の一因とならないで下さい! 来週の日曜日に戻って来なさい! 土曜日の晩に戻って来なさい! 出来るものなら今晩戻って来なさい! 私達は若者の為に一週間に何回も晩に集まります。 なぜ孤独でいるのですか? 教会へ来なさい!

III. そして最後に、あなた方は更に深い孤独を抱いています。

それはヘミングウェイがこのように言って言い表した孤独でした、

電池が切れ、電流も無いラジオの真空管の様に孤独な真空に自分は生きている。

私達の教会の若者の一人が、大学の授業でヘミングウェイの小説を読んでいると私に言いました。 それは、“清潔でとても明るいところ”という題名で、実在主義の孤独な老人についての話です。 ヘミングウェイはそれに関して全てを知っていました。 彼は絶え間ない不安、神に対する無限の孤独を深く取り取上げていました。 数年後に彼は自殺しました。 哲学者フリードリヒ・ニーチェは、“神は死んでいる”と言いました。 彼は無神論者になりました。 数年後に彼は狂気になりました。 彼は神の存在しない、意義の無い、ゆるしの無い、もしくは希望の無い世に生きる事が出来なかったのです。

私達の教会へ来る事、そして毎週この教会へ来る事は、あなた方の友人を慕う寂しさを癒してくれるでしょう。 しかし神を慕うあなた方の孤独感はどうでしょうか? 二十一世紀の偉大な悲劇の一つは、多くの若者達が神を心から知らない事です。 神無しには、希望はありません! 

私は、あなた方が教会へ戻って来て友達をつくる事を願っています―しかしまた、あなた方が神様を見出すことをも願っています。 アウグスティヌスは、“我々の心が汝からの休息を見出すまでは、休息を得る事は無い”と言いました。 フランスの哲学者ブレーズ・パスカルは、私達の心に“神の型をした真空”があると言いました。 全ての人の心には、神によってのみ満たす事の出来る一つの空いた箇所がある、と彼は言いたかったのです。 

聖書は、あなた方の罪によって、あなた方は神から引き離されていると教えています。 聖書は語ります、

“あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ”(イザヤ59:2)。

あなた方と神の間には、罪による隔たりがあります。 アダムとエバは、エデンの園から追い出されました、なぜなら彼らが罪を犯したからです。 それらの罪は彼らを神から引き離しました。 

聖書は、神はあなた方の罪に対して怒っている事を教えています。 神は、あなた方の罪の故に、あなた方に怒っていますが、同時に、神はあなた方を愛しています。 ですから神は、イエス・キリストを十字架で死なす為に送られたのです。 イエスは、あなた方を神と和解させるために十字架で死なれたのです。 神は、あなた方の罪を単に見過ごす事はありません。 神は、十字架であなた方の罪を償う為にイエス・キリストを送られました。 “それは、・・・イエスを信じる者を義とお認めになるためなのです”(ローマ3:26)。 怒られる神は、十字架でのキリストの犠牲を通してのみに和解される事が出来るのです!

イエスが十字架で死なれたのは偶然な事ではありませんでした。 イエスは目的をもって行かれたのです。 聖書は、イエスが十字架に付けられる時が来た時、“イエスは、エルサレムに行こうとして御顔をまっすぐ向けられ”(ルカ9:51)と言っています。 そうしてイエスは弟子達にこう言われました、

“さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは人の子を死刑に定めます。そして、あざけり、むち打ち、十字架につけるため、異邦人に引き渡します。しかし、人の子は三日目によみがえります”(マタイ20:18-19)。

イエスは、私達の罪がゆるされるよう―そして、流された御自分の血で私達が洗い清められるように、十字架で死ぬ目的をもってそこへ行かれたのです!

兵卒達は、ゲツセマネの園の暗闇でイエスを捕えました。 彼らはイエスに鎖をかけ、彼の顔を打ち、彼の口ひげをひき抜き、ローマ総督、ピラトの所まで引きずって行きました。 彼らはイエスの背中を彼が死にかけるまで打ちました。 彼らは十字架をイエスの背に負わせ、彼に引きずらせました。 彼らはイエスの手足を十字架に釘づけました。 イエスは彼らを十字架から見下ろし、このように言われました、

“父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです”(ルカ23:34)。

“父よ。彼らをお赦しください”と、彼は祈られた
彼の尊い血潮が速やかに流れる中で
そのような苦悩の中、罪びとの為に祈られた―
イエス様のようにあなたを愛された方は誰もいない。
救い主に祝福あれ! 尊い救い主に!
カルバリーの丘の十字架に彼を見想う:
傷つかれ、血を流され、罪びとの為に祈られる―
盲目で、愚かな―私の為に死なれた、救い主よ!
      (“Blessed Redeemer” by Avis Burgeson Christiansen, 1895-1985). (直訳)

イエスは、あなた方の罪を御自分の身体に負われ、十字架で死なれました(ペテロ第一2:24参照)。 日の中ほどで暗闇が差しました。 イエスが死なれた時、大きな地震が起こり、地が揺れました。 宮の至聖所を覆う分厚いカーテンが二つに裂けました。 十字架でのキリストの死が、私達の罪の償いをしたのです。 私達の罪を清める為にイエスの流された血が、私達が神のもとへ来る事を可能にしたのです!

“こういうわけですから、兄弟たち。私たちは、イエスの血によって、大胆にまことの聖所に入ることができるのです”(へブル10:19)。

神の御子、イエスの血潮によってあなた方の罪が清められることによってのみ、あなた方は神に来ることが出来るのです。 あなた方はキリストの血潮であなた方の罪が清められることによって、神と和解する事が出来るのです。

もしあなた方がこの教会に来始めるなら、何人かのあなた方のご両親は、それは時間の無駄であるというかも知れません。 私は教会で勉強の仕方と良い成績を修める方法を毎週教えています。 私は、あなた方がより良い成績を修める方法を教えています。 しかし何人かの両親は、あなた方が大学を卒業する時に、もっとお金を稼げるようにと、家でもっと勉強をしなければならないというでしょう。 

有名なアメリカのコメディアンであるロビン・ウィリアムズはどうでしょうか? 彼は、あなた方が知る限りの人以上にお金を儲けました! 彼は全てを得ました。 しかし、彼には教会がありませんでした。 彼は神様を知りませんでした。 彼が自殺した2,3日ほど後に、彼の奥さんは、彼がパーキンソン病にかかっていた事を明らかにしました。 彼はそれに立ちはだかる事が出来なかったのです。 彼は、北カリフォルニア州のマリーン群の裕福な地域にある大きな家に一人でいました。 彼は、彼の首にベルトを巻き付け首をつって死にました。 何という悲劇でしょうか! 私はロビン・ウィリアムズが大好きでした! 私は彼の死を非常に残念に思い、泣きました。

あなた方の両親にそれを伝えなさい! あなた方は大金を稼ぐ事は出来ても、遅かれ早かれ、全ての人に起こる悪い知らせがあなた方にやって来る時、あなた方はどうしますか? あなた方が頼りにできるクリスチャンの友達がいないならば、どうしますか? あなた方が困難な状況に陥る時、あなた方には頼る事の出来る神がいないならば、どうしますか?

あなた方は教会の必要性、クリスチャンの友達の必要性、そしてあなた方の罪がゆるされ、神との和解を得る為のキリストの必要性を知るよう、神様があなた方を助けて下さいますように。 ですから私達は、“なぜ孤独でいるのですか? 教会へ来なさい! なぜ失われているのですか? イエス・キリストへ来なさい!”と言っているのです。 神があなた方皆さんを祝福して下さいますように! チャン先生、私達を祈りに導いて下さい。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:詩編第142章1-7節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Boulevard of Broken Dreams” (by Green Day, 2004)/
“It Is No Secret” (by Stuart Hamblen, 1908-1989).

要 綱

孤独の体験!

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“私の右のほうに目を注いで、見てください。私を顧みる者もなく、私の逃げる所もなくなり、 私のたましいに気を配る者もいません”。

(詩編142:4、新改訳)

I.   最初に、孤独には異なった種類がある。 創世記2:18。

II.  次に、あなた方自身が自分の孤独の原因となりえる。
 創世記4:12;ユダの手紙11;創世記2:18。

III. そして最後に、あなた方は更に深い孤独を抱いています。
イザヤ59:2;ローマ3:26;ルカ9:51;マタイ20:18-19;
ルカ23:34;ペテロ第一2:24;へブル10:19。