Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

ノアの箱舟

(創世記シリーズ その81)

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2014年6月1日、主の日の朝の説教

NOAH’S ARK
(SERMON #81 ON THE BOOK OF GENESIS)
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Morning, June 1, 2014

“あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。
 箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい”。
(創世記第6章14節、新改訳)

何週間か前に、ハリウッドは“Noah(ノア)”と題された映画を初公開しました。 何万人もの若者達がその映画を見ました。 私は“The Movie ‘Noah’ is Satanic! (ここをクリックして、お読みください) ‘ノア’の映画はサタンによるもの”と題した批評を書きました。 そうです、その映画は幾つかの悪魔的な要素が含まれており、私は誰にもその映画を推薦しません。 しかし、その映画には幾つかの真実性を帯びた場面が現れます。 それは大洪水を非常にリアルに描写しており、ノアの箱舟も真実を帯びていました。 今まで多くの若者達にとってノアの箱舟は、小さな動物達を乗せた小さな船、そして窓からのぞき出すノアのにこやかな顔を思わせました。 それは、彼らが幼少の頃、日曜学校の絵本で見た漫画的なものでした。 それらの子供達の絵本は、その映画と同様、邪悪であると私には思えます! それらの絵本はノアの箱舟と大洪水を全く誤って描写しているのです。 説教者の方々は、映画“ノア”はサタンによるものである事を若者達に告げるべきだと私は思います。 また、あなた方の教会の日曜学校の部屋に行き、漫画的なノアや箱舟の、子供の絵本を捨ててしまうべきだと私は思います! それらの絵本は大洪水の恐ろしいメッセージを漫画的にしてしまいます。 それは同じようにサタンによるものです! ノアの箱舟と大洪水はお笑い事ではありません!  

さて、私はノアと箱舟について幾つかの説教をしてきています。 今晩私は、“しかしノアは恵みを見出す”と題した説教をします。 しかし今朝は、ノアの箱舟それ自体に関して説教します。 ノアの箱舟の記述は、新約聖書に描かれたある事柄を予示する旧約聖書における典型、または描写である事に疑う余地はありません。 マタイの福音書第24章37節‐39節でキリストは、ノアの生きた“時代”は、ご自身が再臨される直前の最後の時を表した典型であるように告げられました。 ペテロの手紙第二の第2章5節で、ノアは、背教、そして誤った教えがされる時代での義の説教者の典型として示されています。 ペテロの手紙第一の第3章20節で、箱舟は、キリストによる救いの典型として示されています。 ヘブル人への手紙第11章7節でもまた、箱舟は、救いの典型として示されています。 ノアの時代の人々は典型です。 最後の時の救われていない人々は非典型であり、その典型の成就です。 背教の時代のノアの説教は典型です。 箱舟も典型です。 キリストによる救いは、非典型であり、それらの典型の成就です。 説教者がほぼ全ての旧約聖書の出来事を典型として見ていたキリスト教の初期の時代に、その類型論が非常に誤って用いられていた事を私は知っています。 また、旧約聖書の中には、新約聖書で成就している明白な非典型の真の典型がある事も私は知っています。 例えば、ヘブル人への手紙は非典型で満ちています。 イエスが死からよみがえられた後、イエスは彼の二人の弟子達と座り、こう語られました、 

“それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分について書いてある事がらを彼らに解き明かされた”(ルカ24:27)。

キリストが彼らに何を告げられたにせよ、ノアの箱舟はこの世の救い主としてのキリストご自身の典型もしくは描写である事に疑いはありません。 神が、大洪水からご自分の民を救われたように、キリストは神の民を裁きから、そして地獄から救われるのです。 箱舟は典型であり、イエス・キリストは非典型、すなわち典型の成就なのです! ハリー・エマーソン・フォズディックのような、聖書を否定するリベラル主義者達のみがそれを拒否するでしょう! フラー神学校もしくはシカゴ・デビニティー神学校の近代主義者がそれを否定することでしょう! “終わりの日に、あざける者どもがやって来てあざけり、自分たちの欲望に従って生活し”(ペテロ第二3:3)と、聖書はそのような人達を予期しました。 そして使徒ユダはこう言いました、 

“愛する人々よ。私たちの主イエス・キリストの使徒たちが、前もって語ったことばを思い起こしてください。彼らはあなたがたにこう言いました。「終わりの時には、自分の不敬虔な欲望のままにふるまう、あざける者どもが現れる。」この人たちは、御霊を持たず、分裂を起こし、生まれつきのままの人間です”(ユダ17-19)。

私は、そのような不信者の教えを拒否する事を、随分前に学びました!

ここで私達は、箱舟の描写、そしてそれがどのように私達の主である救い主イエス・キリストを表示しているかを学ぶために、創世記の今日のテキスト第6章14節に戻ります。 神はノアにこう言われました、

“あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい”(創世記6:14)。

聖書のこの節を開いておいてください。 アァメン。

アーサー・ピンクは、ノアと彼の家族が・・・“[ノアが]神の怒りによる嵐から避難所として見出した箱舟は・・・聖書の御言で見出される、キリストによる信者の救いを最も明白に、そして最も理解させる典型の一つである”( Arthur W. Pink, Gleanings in Genesis, Moody Press, 1981 edition, p. 103)と言っています。 そして、私は18世紀のバプテストの注解者ジョン・ギル博士が、繰り返しノアの箱舟をキリストの典型と呼んでいる事に気がつきました(John Gill, D.D., An Exposition of the Old Testament, The Baptist Standard Bearer, 1989 reprint, vol. 1, pp. 50-51)。 

“あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい”(創世記6:14)。

I. 最初に、ノアの箱舟は神によって計画された。

ノアは裁きが来る事を幾らか予期していました。 しかし、神が彼に示されるまで、箱舟を建築する事は全く脳裏にはありませんでした。 

しかし神は、ご自身がされる事をご存知でした。 ノアと彼と共に来た者達は、この世が創造される以前から選ばれていたのです。 使徒パウロは、“神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました”(エペソ1:4)と言いました。 神は箱舟によって救われる人を選ばれるだけではなく、この世が創造される以前から私達を救うために、キリストを送られるご計画を立てられていたのです。 聖書はキリストを、“ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めから・・・”(黙示録13:8)と、呼んでいます。

イエス・キリストが私達を救われるという非典型を、神がご計画されたように、神はノアの箱舟である典型をご計画されたのです。 神は、以前からノアを救う事をご計画されていたのです。 

クリスチャンであるあなた方は皆、神が、大洪水がこの世の邪悪な者達を滅ぼす以前から、箱舟によってノアを救う事をご計画されたと同様に、この世を創造される以前から、イエスによってあなた方を救う事を選ばれていた事を喜ぶべきです! もしあなた方がキリストの内にいるならば、裁きの突然の強襲からあなた方は助け出されているのです!

我が救い主よ、人生の嵐が過ぎ行くまで、汝の導きの中、
我が身を隠したまえ、そして、あぁ、我が魂を受け入れたまえ!
   (“Jesus, Lover of My Soul” by Charles Wesley, 1707-1788).(直訳)

II. 次に、ノアの箱舟はその中にいる生息動物だけを救う為に建てられた。 

それは船ではありません! “箱舟”と訳されたヘブライ語は、“taybaw”です。 それは“箱”(ストロング注解書)と言う意味です。 それは、モーゼが赤ちゃんの頃にナイル川に浮かされた時に用いられた箱に使われた単語と同じです。 この同じヘブライ語は、創世記第50章26節で、“棺”と訳されています。 それにはかじも帆もありません。 それは最大収容力を確保するために、平らな舟底であった事は確かです。 それは箱のようなものでした。 神は、“‘箱’を造りなさい。・・・内と外とを木のやにで塗りなさい”と言われました。 “木のやにでぬる”と訳された単語は、“kaphar”からの動詞である“kopher”です。 それは旧約聖書の約70箇所で“贖い”と訳されたのと同じ単語です。 レビ記第17章11節では、“いのちとして贖いをするのは血である”と訳されました。 それらはどちらも同じヘブライ語から来たものですから、私達は、創世記第6章14節を、“ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。・・・(血である)内と外とを贖いで塗りなさい”とも言い換える事が出来るでしょう! ですから、この巨大な箱は贖いで内と外を覆われていたのです。 ヘンリー・モリス博士( Dr. Henry M. Morris)は、“Kapharは、‘贖い’と何度も訳された。 裁きなる大洪水からの防止を備える事、従ってそれは、キリストのすばらしい典型となる”(The New Defender’s Study Bible by Henry M. Morris, Ph.D., World Publishing, 2006, p. 34; note on Genesis 6:14)と言いました。

それがこの箱舟なのです。 それは木で造られ、内と外を木のやにで塗られ、大洪水の水から箱舟を完全に密封するのです。 エム・アール・デハーン博士はこのように言いました、

その箱舟は、・・・巨大な黒い棺のようなものである。実際、箱舟と訳されたその同じ単語は、創世記第50章26節で“棺”とも訳されている。その箱舟は、我々の主イエス・キリストの死のシンボルである。 
     我々は、ノアの時代の人々が彼の労働を見てどのように蔑んだかを容易に想像できる。棺のように見える黒い箱を建てている事に、そして地上に雨が降った事の無い時に、洪水を予測した時に、何ともばかげた事と彼らは思った(M. R. DeHaan, M.D., The Days of Noah, Zondervan Publishing House, 1971 edition, p. 173)。

人々は嘲笑し軽蔑しす。 彼らはこの大洪水の記述を“馬鹿げた事”と呼んでいます。 しかし神の怒りが彼らに下る時、彼らはどうするのでしょうか?  もしあなた方がキリスト・イエスに守られていなければ、どうするでしょうか?

我が救い主よ、人生の嵐が過ぎ行くまで、汝の導きの中、
我が身を隠したまえ、そして、あぁ、我が魂を受け入れたまえ!

III. 三番目に、箱舟は神の怒りからの避難場所であった。

箱舟は安全な場所でした。 実際、それは唯一の安全な場所でした。 それは神の怒りからの唯一の安全な場所でした。 

この世の人々は、神との平安を見出すには“多くの道”があると言うでしょう。 しかし彼らは間違っています。 神は、ノアの時代に神の怒りを逃れる唯一の道を備えられました。 そして裁きを逃れる唯一の方法は、箱舟の中に入る事でした。 今日、神は、神の怒りから逃れる唯一の道を与えられました。 それは主イエス・キリストです。 聖書はこのように語っています、

“この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです”(使徒4:12)。

人々は、“それは公平ではない”と言います。 私は彼らがその様になぜ言えるのかが、理解出来ません! それは全く公平であると私には思えます! 人はゲツセマネの園で罪を犯しました。 人は再び、大洪水が起こる前の背教の時代に非常に深い罪を犯しました。 神は、彼らの罪に対する怒りから彼らを救う道を備えられました。 しかし、彼らはその救いの道を拒否したのです。 ですから、彼らは大洪水によって溺れ死んだのです。 何がそんなに不公平なのでしょうか? 私には全く理解出来ません。 理解した事は全く無いし、また決して理解する事も無いでしょう。 ノアの時代の人々は、エノクの説教を聞きました(ユダ14、15)。 彼らはノアの説教を聞きました(創世記6:3)。 ですから彼らには言い訳はありません。 そして私は今朝あなた方に、“イエスに救われないまま死んでしまうなら、あなた方の言い訳は何ですか”と尋ねます。 それは正当な質問です。 神がこの世を裁かれる時、もしあなた方がキリストに守られていないならば、あなた方の言い訳は何でしょうか?  

我が救い主よ、人生の嵐が過ぎ行くまで、汝の導きの中、
我が身を隠したまえ、そして、あぁ、我が魂を受け入れたまえ!

IV. 最後に、箱舟には場所があった。

ヘブル人の、短いキュービットは17.5インチで、長いキュービットは20.4インチです。 箱舟の寸法は、創世記第6章15節に書かれています。 私達が短いキュービットを使用するならば、箱舟は3階建てで、95,790平方フィートの床で、約22エーカーになるでしょう。 長いキュービットを使用するならば、この箱舟は三階建てで、各床が43,350平方フィートありました。 それら全三階の広さは130,050平方フィートの広さだったでしょう。 高さは51フィートで、5階建ての建物よりも多少低めの高さでした。 それは2,210,850キュービック・フィートになり、2000,000キュービック・フィート以上にもなります! それは125,000匹の羊の大きさほどの動物に十分な広さとなります。 動物学者達は、元来の四足の動物は100種類以下であり、鳥は170種類以下であると推測しています。 130,050平方フィートの箱舟の床の広さは、箱舟に入った元来の動物の何倍もの数を収容することが出来ました。 ヘンリー・モリス博士(Dr. Henry M. Morris)は、このように言っています、

     私達がすでに理解したように、ノアの箱舟は、125,000匹ほどの羊を収容する事ができ、地に住む動物の平均の大きさは羊の大きさよりも確かに小さい故、その最大の収容力の60パーセント以下が動物にあてがわれた事は明白である・・・したがって箱舟の明白に示された大きさは、それが運ぶべき動物達・・・そしてそれらの餌、ノアと彼の家族、そしてその他の必需な目的に当てられた部屋にもまた充当するように思われる(Henry M. Morris, Ph.D., The Genesis Record, Baker Book House, 1986 edition, p. 185)。

我が救い主よ、人生の嵐が過ぎ行くまで、汝の導きの中、
我が身を隠したまえ、そして、あぁ、我が魂を受け入れたまえ!

映画“ノア”の全体的な筋書きは完全に悪魔的であるけれども、不思議と箱舟自体は、非常に現実味があり聖書に忠実でした。 箱舟に入った動物や鳥等は、モリス博士が描写したものとよく似ていました。 それらは本能的に入り、そして冬眠の状態で落ち着きました。 映画のある箇所はとても美しく聖書に忠実でした。 だが、映画は見ないで下さい。 悪魔によるメッセージは害と混乱をもたらす可能性があります。 しかし、確かにこの大いなる箱舟は想像するだけでも畏敬の念を起こさせます。 神によって創意工夫・デザイン化され、波に沿って突進し、波によって90度傾かされても転覆不可能な、三階建てのこの巨大な黒い箱舟を想像すると、私は驚きで圧倒させられます。

毎年夏には、可能な時期にアルメニアのアララト山で捜索が行われます。 もしかするといつか、ノアの箱舟の化石を見出すかも知れません。 私はこの世の最後に大いなる裁きが下される前に、彼らが見つけ出すであろうと思っています。 しかし、それらの考古学者達がそれを見出そうと見出すまいと、私が通うジムのアルメニアの老いた男性達は、そこにあると言い張っています。 或一人の老いた男性が、彼のおじいさんが、氷の隙間から突き出ていた一つの欠片を見たと私に語りました。 彼は、“それは真っ黒で、彼はそれが黒だとは期待していなかった”と言いました。

私は家族と一緒に何年か前に、イギリスへ旅行しました。 私の祖父の故郷で、非常に楽しい旅でした。 私達はドーバー城へ行きました。 あなた方も“ドーバーの白壁”について聞いた事があるかも知れません。 多くの船が何世紀を通してその絶壁の下の岩にぶつかりました。 しかし私達がそこへいった時、私はドーバー城には関心かありませんでした。 一つお城を見れば沢山です! 私は遠くに見える物に関心が向いたことに気がつきました。 それは巨大な何かでした。 それは古代のものであることが判りました。 私はそれを近くに見たくて走っていきました。 私はそれから目を離す事が出来ませんでした。 それは、一世紀に建てられたと云われる、真っ直ぐに立ちすくんだ80フィートほどの高さの灯台でした! それは、遠く空に向かって立ち上がる長く黒い煙突でした。 私はその中をのぞき、その内側にこびり付いている何世紀間もの黒い煤を見ました。 使徒ヨハネがパトマスに生きた時代にローマ兵達が建てたものでした! 彼らは、ドーバーに向かう船に警告する為に木をその煙突の中で燃やしました。 立ちはだかる古代の灯台の慄然とした荘厳さに、私は畏れで身の毛がよだちました。 ノアの箱舟が完成し、大洪水で人々を流し去ってしまう前の晩に、こっそりと暗闇の中でノアの箱舟を見、嘲笑し、石を投げ、その音を聞いて笑いながら逃げて行く少年達の前に、その箱舟は大きく立ちはだかったであろうと、私は想像します。 そうして、巨大な悪魔ネプチューンが激しく狂う大洪水から舞い上がり、凶暴なトリトンがほら貝を吹き、神が深層の水源を開かれ、天の窓が開かれた時、人々は根の無い木の丸太につかまったり、岩や丘の頂上にしがみついて、泣き叫んだのです。

“こうして、主は地上のすべての生き物を、人をはじめ、動物、はうもの、空の鳥に至るまで消し去った。それらは、地から消し去られた。ただノアと、彼といっしょに箱舟にいたものたちだけが残った” (創世記7: 23)。

我が救い主よ、人生の嵐が過ぎ行くまで、汝の導きの中、
我が身を隠したまえ、そして、あぁ、我が魂を受け入れたまえ!

“ただノアと、彼といっしょに箱舟にいたものたちだけが残った”(創世記7:23)―ですから、ノアの箱舟はキリストを描写しているのです! あなた方がキリストの内にいるならば、あなた方は後に起こる裁きから守られています。 もしあなた方がキリストの内にいないならば、あなた方は、死ではなく、火の池に投げ込まれるでしょう! 火の池の中で何度も何度も上げられては引っ張られ、終わり無く、そして冷やされる事無く、永遠に燃えるのです! 

では、どのようにあなた方は逃れる事が出来るでしょうか? 箱舟に入りなさい! ノアの箱舟はキリストを示しています。 黒い木のやには、キリストの血を象徴しています! 入りなさい! 箱舟に入りなさい! 永遠に遅くならないうちにキリストに来なさい。 

大洪水の前の晩に、ノアの箱舟を茂みの間からのぞき、あざ笑った少年達! 地から、そして天から水があふれ出た時に、箱舟の脇を叩いた少年達! “神様、私達を入れてください。 溺れさせないで下さい!”と叫んだ少年達、炎の池で永遠に叫ぶ少年達! それらの少年達が、出来るものならあなた方に、“神の怒りから逃れなさい! 主の怒りから逃れなさい! 後ろを振り返ってはなりません! どのようにして入るか、などと考えてはなりません! 来なさい!‘イエスに思い切って来なさい、完全に思い切りなさい’―イエスに、あなたの身を完全に投げなさい。 ‘他のものに信頼を置いてはなりません’。 箱舟の扉を通してあなたの身を投げなさい―‘イエスに思い切って来なさい、完全に思い切りなさい’。 なぜなら、キリストだけが後に来る怒りから、そしてあなたの罪から、彼の聖なる、永遠なる御血で、あなたを救う事が出来るからです“と言うでしょう。 アァメン。

立ってソングシートの7番を歌って下さい。

貧しく、哀れな、罪びとよ来たれ。 弱く、傷ついた、罪びとよ来たれ。
   イエスは、愛と御力をもって、あなたを救われるでしょう;
彼はお出来になります、彼はお出来になります、疑うことなく!
   彼はお出来になります、彼はお出来になります、疑うことなく!
(“Come, Ye Sinners” by Joseph Hart, 1712-1768).

あなた方が私と、また他のカウンセラーと話す事を望んでいられるならば、今集会所の後方へ出て来て下さい。 私達が、あなた方の救いに関して一緒に話ができる部屋へ、ケイガン先生が案内してくれます。 アァメン。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:創世記第6章12-17節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Jesus, Lover of My Soul” (by Charles Wesley, 1707-1788).

要 綱

ノアの箱舟

(創世記シリーズ その81)

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“あなたは自分のために、ゴフェルの木の箱舟を造りなさい。
 箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい”。
(創世記第6章14節、新改訳)

(マタイの福音書24:37-39;ペテロの手紙第二2:5;
ペテロの手紙第一3:20-21;へブル人への手紙11:7;
ルカの福音書24:27;ペテロの手紙第二3:3;ユダの手紙17-19)

I.    最初に、ノアの箱舟は神によって計画された。 エペソ人への手紙1:4;
ヨハネの黙示録13:8。

II.   次に、ノアの箱舟はその中にいる生息動物だけを救う為に建てられた。
創世記50:26;レビ記17:11。

III.  三番目に、ノアの箱舟はその中にいる生息動物だけを救う為に建てられた。
使徒の働き4:12;ユダの手紙14, 15;ペテロの手紙第二2:5;創世記6:3。

IV.  最後に、箱舟には場所があった。 創世記7:23。