Print Sermon

これらの説教文書は、毎月215か国以上の約11万6千台のコンピューターへwww.sermonsfortheworld.com から送られています。他に数百人の人々がユーチューブのビデオを視聴していますが、各々のビデオは、直接私達のウェッブサイトを紹介していますので、すぐにユーチューブを離れ、私達のウェッブサイトにやって来ます。 説教文書は34カ国語で毎月何十万人もの人々へ送られています。また、説教文書は著作権で守られていませんので、説教者の方々は、私達の許可なく使用することが出来ます。 イスラム教圏やヒンズー教圏を含む世界中へ福音を広めているこのすばらしい奉仕への支援に御関心のある方は、 月々の寄付金の送金方法をお知らせしますので、ここをクリックして下さい

ハイマーズ博士に電子メールを送られる際は、どこの国にお住まいかをいつもお知らせ下さい。そうでありませんと、先生はお答えすることができません。ハイマーズ博士の電子メール住所は rlhymersjr@sbcglobal.netです。

イエスの十字架を眺める時、あなたは何を見ますか?

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

ロスアンゼルスのバプテストタバナクル教会にて
2014年4月13日、主の日の朝の説教

WHAT DO YOU SEE WHEN YOU LOOK AT THE CROSS?
(Japanese)

by Dr. R. L. Hymers, Jr.

A sermon preached at the Baptist Tabernacle of Los Angeles
Lord’s Day Morning, April 13, 2014

“そこにすわって、イエスの見張りをした”。
(マタイの福音書第27章36節、新改訳)

私が十代のころ、まだ救われていませんでしたが、キリストの受難を聞くと、胸がいっぱいになり目に涙が込み上げてきました。 私はキリストの手と足に釘が強く打たれるのを感じるようでした。 グリフィス氏が今歌った賛美歌を聞いた時、私はいつも涙を流しました。 私は恥ずかしくて頭をそらしました。 私はキリストの痛みを感じるようでした。 私は彼の苦悩で悲しみました。 それは見せ掛けではなく、うわべでもありませんでした。 十字架で苦しまれているイエスを思う時、私はお腹の底辺りに鈍痛を感じたのです。  

今日、日曜日の集会で、そのように感じる若者について、私は全く耳にしません。 なぜ人々はキリストの苦痛を共感する事がそんなに難しいのでしょうか? 共感とは、誰かが感じている痛みを同じように感じるという意味です。 今日のほとんどの人々は、苦しんでいる誰かに対して哀れみ、悲しみ、もしくは同情を感じて動揺されないように思えます。 何年か前に、何人かの若者達が、子犬が腹を蹴られているのを見て笑った事に驚かされた事を覚えています。 彼らのその笑い声は、私を震撼させました。 当然の如く、それらの若者は皆教会から去って行きました。 その様な非情な人達がクリスチャンになるには、奇跡が伴わなくてはなりません! 

その様な無感覚さの原因は、若者達がテレビや映画、そして大方私達の文化で目の当たりにする事に辿り着くと、私は信じます。 ミシガン大学は、1999年に、若者達は十八才までに一万六千件以上の殺人、毎年年間で900件ほどの殺人をテレビで見ている、という調査を発表しました。 テレビだけで、その数字です! その数字は、映画やビデオゲーム、そして様々なニュース報道などによる殺人や虐殺などは含んでいません! それら全ての狂気と虐殺に上乗せして、アメリカでは妊娠中絶を行う医者達のメスによって三千もの赤ちゃんが毎日死んでいる事も、若者達は知っています! そうです、毎日三千もの赤ちゃんです、毎年百二十五万の赤ちゃんが殺されているのです! 若者達の頭脳に続々と注ぎこまれるその様な大虐殺は、彼らの感情に何らかの影響を及ぼしているに違いないのです。 それが今の世代の人々を、苦しんでいる人達に対して非情にし、無感覚にしていると私は確信させられるのです。 今朝、私はあなた方に、キリストが十字架の上で貫かれた恐ろしさを共感しようと試みられる事を願っています。 キリストの十字架を眺める時、あなたは何を思いますか? キリストが苦しまれた日に、多くの人達が彼の十字架の周辺にいました。 私達のテキストは、キリストを十字架に釘づけした兵士達が座り、“イエスの見張りをした”(マタイ27:36)です。 他にも多くの人達がそこでイエスを眺めました。 あなたは、これらの人達の内、どの人のようでしょうか? それを頭に浮かべてください。  あなたが十字架につけられたキリストを眺める時、あなたは何を思いますか? 

I. 最初に、祭司長達と長老達は、十字架で殺される彼らの敵を見た。

“同じように、祭司長たちも律法学者、長老たちといっしょになって、イエスをあざけって言った。「彼は他人を救ったが、自分は救えない。イスラエルの王だ。今、十字架から降りてもらおうか。そうしたら、われわれは信じるから。彼は神により頼んでいる。もし神のお気に入りなら、いま救っていただくがいい。『わたしは神の子だ』と言っているのだから”(マタイ27:41-43)。

イエスが十字架で苦しまれた時、彼らはイエスを嘲り、笑い者にしました。 彼らはイエスを敵対者のように見て、イエスを殺す事を喜びました。 今日でもこのような人達はいます。 HBOネットワークは、実際にビル・メイヤーのような人を雇って、神を嘲り、キリストを笑い者にしています。 リチャード・ダウキン(Richard Dawkins)やクリストファー・ヒッチェン(Christopher Hitchens)等は、キリストと聖書、そして神を非難する事によって裕福な生活を営んでいます! 彼らは無神論主義の祭司、そして長老となったのです。 アメリカの公共の学校から、祈りと聖書朗読を禁止させた無神論者、マダリン・ムライ・オハラ(Madalyn Murray O’Hair)はこのように言いました、

“全ての人が無神論者であったならば、全てに優った世界となるであろう”。

“私は無神論者である、なぜなら宗教は支えであり、不具な者達のみが支えを必要とするからである”。

“わたしの好き勝手に、いつでも、そして何処ででも、同意する男性と、自分は性的行動に掛かり合うであろう”。

それが、無神論主義の祭司長の思考です! それがあなた方の非宗教的な大学の多くの教授達の思考です。 十字架の下にいた、神を汚すような人達を退けられたように、神は彼らを退けられるのです。 “愚か者は心の中で、「神はいない」と言っている”(詩篇14:1)。 あなたは彼らのようですか? あなたが十字架を眺める時、何を思いますか?

II. 次に、ローマの兵士達は十字架の下でくじを引くためにイエスの着物を見た。

“こうして、イエスを十字架につけてから、彼らはくじを引いて、イエスの着物を分け、そこにすわって、イエスの見張りをした”(マタイ27:35-36)。

それらの人達は物質欲者であり、彼らはキリストの着物についてのみをみました。 それは相当の金額で、彼らの思いは非常にかたくなで、彼らが考えられる事は、キリストの着物から得られるお金についてだけでした! あなたの思いは何に集中していますか? 

多くの大学生達は、もし自分達がクリスチャンになったならば、そのことが彼らの学業の妨げとなる事、そして彼らの卒業後に、良い就職先が得られないであろうと恐れています。 お金! お金! お金! 多くの中国人の若者達が考える事はそれだけです! “もし私がクリスチャンになれば、お金が犠牲となるであろう!”と彼らは言います。 

随分前に、中国系の教会の会員であった時に、私は一代決心をしました。 私は何が犠牲になろうとも、キリストに従うと決心しました! イエスはこの重要な問いを投げかけられました、

“人は、たとい全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得がありましょう”(マルコ8:36)。

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)は、世界で最も裕福な五人の内の一人です。 しかし彼は、母親の胎内から無力の赤ん坊の命を奪う為に、毎年数億円をプランド・ペアレントフッド(Planned Parenthood)に寄付しています。 死後、彼の魂はどうなるでしょうか? 彼は現在ハ十才を超えています。 その様な多額の財産を得ても、彼の魂を永遠に地獄へと失うならば、何の益があるでしょうか?

ローマ兵達は、キリストの着物からいくらの収入を得られるかと考えました。 あなたがキリストの十字架を眺める時、何を思いますか? 

III. 三番目に、キリストと十字架に付けられた強盗のひとりは、キリストを十字架での敗北者と見た。

イエスの両脇には、十字架に付けられた二人の強盗がいました。 最初の人はイエスを見て、彼をただの犯罪者と思いました。 イエスは自分を神の子と信じる単なる気の狂った者と彼は思いました。 彼は、キリストを宗教狂信者として拒み、キリストをののしり、嘲笑して背を向けました。

何年か前に、私を好意に思う友人がいました。 私はいつも彼が気に入っていました。 ある晩、私は福音を聞くよう、彼に教会に来ることを懇願しました。 彼は“いや”と言って拒みました。 そして私に、“ロバート、人はそれぞれなんだよ”と言いました。 私は生きている限り彼の言った言葉を忘れないでしょう。 私にとって良い事は、彼にとっては良い事とは限らないのです。 “ロバート、人はそれぞれなんだよ。 人それぞれ”。 何年か後に私は彼の棺をのぞきました。 彼の頭には白髪一本さえ見当たりませんでした。  彼の顔にはしわもありませんでした。 当時、彼はまだ四十代でした。 なぜかしら、彼はこのように生涯を終える事を感じていたのです。 彼は健康でしたが、私に、“ロバート、自分は五十才まで生き延びないであろう。 五十才までも”とよく言っていました。 私は棺に横たわった彼を見、そして、“ロバート、人はそれぞれなんだよ。 人それぞれ”と口にした彼の言葉を思い出しました。 私は彼の葬式を遂行しました。 私は彼の家族と友人達に望みある言葉一つ、一言さえも語ってやることはできませんでした! 私はただ残された人達に向かって、福音を述べる事しか出来ませんでした。

イエスの横で十字架に付けられた最初の強盗は、悪口を吐きました。 彼は、イエスが単なる宗教狂信者だと見なしました。 その日が暮れる前に、その人は地獄へ落ちて行きました。 キリストの十字架を眺める時、あなたは何を思いますか? 

IV. 最後に、二番目の強盗は十字架で、キリストを主、そして救い主として見た。

この罪人は、その朝周りのすべての群衆と一緒に、イエスをののしりました。 しかし午後になって、奇妙な暗闇がその場所を覆いました。 彼は、イエスがご自分を十字架につけた人達の為に祈られるのを聞きました。 

“父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです”(ルカ23:34)。

彼らの為に祈られたイエスの祈りは、二番目の犯罪人を強く動揺させました。 彼はイエスをののしる事を止め、頭をイエスに向け、イエスを見つめました。 そしてその犯罪人の心は和らぎました。 彼は、敵が赦されるように祈った人をかつて知りませんでした。

彼は祈られた、“父よ。彼らをお赦しください”と。
彼の命の血潮が流れ落ちる中
苦悩の最中、罪びとのために祈られる
イエスのように罪びとを愛された方は他にない
清められた贖い主!尊き贖い主!
私はカルバリーの丘で彼を見る思いである
盲目で不注意な、死にかけている罪びと
私のために、傷つき血を流された!
   (“Blessed Redeemer” by Avis Burgeson Christiansen, 1895-1985).

ただ彼が見て知った事は、 群衆の凶暴さと彼らへのイエスのいつくしみ、そしてイエスの頭上に掲げてある“これはユダヤ人の王”(ルカ23:38)と刻まられた板でした。 この人はこころ転じてそれを信じたのです! 確かに彼はイエスによって癒され、また生き返らされた人達の噂を聞いていました。 確かに彼は、イエスが説教しているのを聞いていました。 今彼の思いには、それら全てが真実となったのです。 この方はユダヤ人の王である! この方はメシヤである! この方は救い主である! 彼にはキリストについての全ての知識はありませんでした。 しかしどれほどの人達がイエスについて全ての知識があるのでしょうか?  私には全ての知識はありません、そして誰も全ては知らないと思います。 ロイド‐ジョーンズ博士は、“事柄は十分では無い”と言いました。 私達の考えでは決して完全に理解し得ないキリストについての事柄が多くあります!  しかしこの犯罪人は、自分が罪人である事を知っていました。 彼をそれを心から感じたのです! 彼はもう一人の不信の犯罪人に、“われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ。 だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ”と言いました。 正に、“事柄は十分では無い”のです。 これが、今日のあるリフォームの信者達の誤っている箇所であると私は思います。 ロイド‐ジョーンズ博士は正しいのです、“事柄は十分では無い”のです。 もしあなた方がキリストを証明する事実を求めているであれば、あなた方は自分自身の罪の為に死に、決して救われる事は無いでしょう。 聖書は明白に、“人は心に信じて義と認められ”(ローマ10:10)と言っています。 

それが今日の多くの説教者達の誤りなのです。 彼らは、聴衆者のこころにではなく、思考で彼らに理解させようと説教するのです。 神よ、どうか私がそのように説教しませんように! 天なる父よ、どうか聴衆者の心に向けて説教するように私を助けてください! “人は心に信じて義と認められ”のです。 この死にかかった犯罪人は、頭をイエスに向け、見つめて言いました、

“イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください”(ルカ23:42)。

彼がその言葉を口にする前に、彼はすでに救われていました! 彼には少ない限られた知識しかありませんでした。 特定のフィーリングやイエスが主であり救い主であるといった証明などは彼にはありませんでした。 しかし彼はイエスを信頼しました、“人は心に信じて義と認められ”るのです。 彼は単にイエスを信頼しました! 神が要求されるのはそれだけなのです! 

十字架につけられた神を、
罪人が信じ、信頼するや否や、
赦しを直ぐに受け、
イエスの御血による、全きの贖い!
   (“The Moment a Sinner Believes” by Joseph Hart, 1712-1768).

この犯罪人はイエスを信じました、そしてその瞬間に彼は救われました! そのようにして、私達は皆救われたのです! 私達はイエスを信じました。 私達はイエスを信頼しました。 そうして私達は救われました! イエスは救われた犯罪人にこのように言われました、

“まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます”(ルカ23:43)。

その日に、その犯罪人は死に、イエスと共にパラダイスに行ったでしょう!

十字架につけられしイエスの御血により救われ
罪から今贖われ、新しき命は始まりし
神、そして御子を賛美し歌え
我は救われし、イエスの御血によって!
救われし、救われし、我の罪はすべて赦され
我が罪科はすべて消え去る!
救われし、救われし、我の罪はすべて赦され
   (“Saved by the Blood” by S. J. Henderson, 1902).

あなた方がイエスを信じ、そしてあなた方の心にイエスを信頼する瞬間、救い主の隣の十字架の上で死に掛かった犯罪人が救われたように、あなた方は救われるでしょう。 その日に十字架の上で流された御血で、イエスは全ての人の罪を洗い清められたのです! そして今朝、彼の御血は、あなた方の罪を洗い清める事が出来るのです。 血など無いとあなた方に告げる説教者に決して耳を傾けてはいけません。 ロイド‐ジョーンズ博士は、“イエスの十字架と彼の死は十分では無い、‘イエスの血’が手段である!”と言いました。

あなた方が今朝、ただイエスを信じるだけで、あなた方は彼の血によって全てのあなた方の全ての罪から清められるのです! あなた方は救われるでしょう! あなた方は真のクリスチャンになるでしょう! あなた方は天国へ行く準備が出来るでしょう! 罪を悔い改めて救い主を信頼しなさい! 

救いについて、そして真のクリスチャンになる事について、私達と話しがしたいのであれば、今席を立ってこの集会場の後方まで出て来て下さい。 ケイガン先生が、祈りと話ができる部屋へ案内します。 もしあなた方がこの教会に始めて来られ、今日の説教に関して私に尋ねたい質問があるならば、今集会場の後方へ出て来て下さい。 私自身も一緒に座ってあなた方と話をします。 今出て来て下さい。 チャン先生、今朝誰かがイエスを信頼するようお祈り下さい。 アァメン。

もしあなたがこの説教で祝福されたのでしたら、ハイ
マーズ博士に電子メールを送って下さい―
rlhymersjr@sbcglobal.net (ここをクリック)
。どんな言語でもかまいませんが、もし出来るのであれば、
英語で書いてください。

(説教終了)
ハイマーズ博士の説教は毎週インターネットでご覧になれます。
www.realconversion.com “Sermon Manuscripts” をクリックしてください。

You may email Dr. Hymers at rlhymersjr@sbcglobal.net, (Click Here) – or you may
write to him at P.O. Box 15308, Los Angeles, CA 90015. Or phone him at (818)352-0452.

これらの説教文書はコピー権で守られていませんので、ハイマーズ博士の許可無く使用
できますが、ハイマーズ博士の全てのビデオメッセージはコピー権で守られており、許
可無く複製・使用はできません。

アベル・プルードホーム氏による説教前の聖書の朗読:マタイの福音書第27章35-44節。
ベンジャミン キンケイド グリフィス氏による説教前の独唱:
“Blessed Redeemer” (by Avis B. Christiansen, 1895-1985).

要 綱

イエスの十字架を眺める時、あなたは何を見ますか?

R. L. ハイマーズ Jr. 神学博士 著

“そこにすわって、イエスの見張りをした”。
(マタイの福音書第27章36節、新改訳)

I. 最初に、祭司長達と長老達は、十字架で殺される彼らの敵を見た。
マタイの福音書27:41-43;詩編14:1。

II. 次に、ローマの兵士達は十字架の下でくじを引くためにイエスの着物を見た。 マタイの福音書27:35-36;マルコの福音書8:36。

III. 三番目に、キリストと十字架に付けられた強盗のひとりは、キリストを十字架での敗北者と見た。

IV. 最後に、二番目の強盗は十字架で、キリストを主、そして救い主として見た。 ルカの福音書23:34, 38, 41;ローマ人への手紙10:10;
ルカの福音書23:42, 43。